『祇園舟神事』(ぎおんぶねしんじ)
横浜市無形文化財の第一号に指定されている、横浜を代表する夏の行事です


 ~ 例大祭の日に、大祭式に引き続き行われる祓えの神事 ~


青茅の舟に罪穢れを託して沖合遠く流しやるもので、全国各地で6月に行われている茅の輪(ちのわ)くぐりや
夏越の祓(なごしのはらえ)の神事と同様、心身共に清々しく祓え清めて暑い夏を迎える、昔ながらの行事です。


また麦秋の時期でもあり、初穂の麦を海の神にお供えし、五穀の豊饒と海の幸の豊漁に感謝するという要素も
一緒になった神事でもあります。

開催日 : 令和6年7月7日(日) 例大祭   
      大祭式  午前10時
      引き続き  祇園舟神事

『茅舟』(かやぶね)

青茅(あおかや)で作った70cmx50cm程度の楕円形の茅の輪(ちのわ)を舟に仕立て、 お供え物として
小麦の粒を敷いた折敷(おしき)に 大麦の粉で作っただんご(=しとぎ)を供え、舟縁には1年分12本の御幣
(ごへい)を並べ立て、中央には大きな御幣を立て掛けます。