春季企画展「朝鮮通信使がやって来た!~絵本原画と古文書に見る朝鮮通信使~」

 今から400~200年前の江戸時代、朝鮮通信使という使節団が、朝鮮と日本を行き来していたことは、ご存知でしょうか。この使節団は、江戸時代では、主に将軍の代替わりをお祝いするために派遣され、東海道を通って江戸へ向かったため、大磯宿も朝鮮通信使の接待を行いました。朝鮮通信使への対応は、言わば国を挙げた一大プロジェクト。当時の人々は、どのように対応し、交流を持ったのでしょうか。
 本展では、「嶋屋」友の会が刊行した『絵本朝鮮通信使』の原画と、大磯宿の朝鮮通信使接待に関する古文書を展示することにより、使節団と大磯宿の人々との交流をご紹介します。