神奈川(かながわ)バラ特集2017 秋バラの見所

西さがみエリアバラの見所

小田原フラワーガーデン〔西さがみエリア〕(小田原市久野3798-5)

見頃に近い状態で、来週あたりから見頃になりそうです。(2017.11.2現在)

園内は、熱帯の花々を楽しめるトロピカルドームを中心に、バラ、花菖蒲、梅、など一年中四季折々の植物が楽しめ ます。
バラ園は、約145品種 345本のモダンローズを中心をしたバラが植栽されており。 特に、春のつるバラはアルカディア広場のガゼボを使った立体的な演出がとても美しく、見ごたえがあります。
全体の株数は少なめですが、大きく見せるような誘引など工夫がなされ、バラの手入れが行き届いたバラ園です。 また、春と秋にはローズフェスタを開催しており、バラに関連したイベントや、コンサート、バラ苗の販売等も 行っています。 春バラの季節は、アルカディア広場花壇に世界最大級のネギ坊主として有名な「アリウム・グローブマスター」が 咲きそろい、広場中心からは噴水が吹き出すなど、バラとの共演が大人気です。


 【2017秋のローズフェスタ】2017年10月21日(土)~11月23日(木・祝)

小田原フラワーガーデン

観賞時期 5月中旬~6月上旬と10月下旬~11月下旬
※月曜休園
アクセス 伊豆箱根鉄道大雄山線「飯田岡駅」から徒歩約20分(約1.6kmの上り坂) 又は、小田原駅東口から伊豆箱根バス「フラワーガーデン行き」で「フラワーガーデン前」下車すぐ
問い合わせ先 小田原フラワーガーデン
0465-34-2814

ホームページ

小田急 山のホテル〔西さがみエリア〕(足柄下郡箱根町元箱根80)

それほど沢山ではありませんが、ご覧いただけます。(2017.11.2現在)

箱根・芦ノ湖畔の「小田急 山のホテル」のローズガーデンは、2002年に向ヶ丘遊園から譲り受けたバラをはじめとする、約30種300株のバラが咲き誇ります。年2回見頃を迎えます。優雅な香りに包まれながら、それぞれの花々が織りなす色の競演を是非お楽しみください。

小田急 山のホテル

観賞時期 6月中旬~7月中旬、9月中旬~10月中旬
アクセス 「小田原駅」「箱根湯本駅」から「箱根町」または「元箱根港」行き箱根登山バスで「元箱根港」下車。「元箱根港」より送迎バス有り。
問い合わせ先 小田急山のホテル
0460-83-6321

ホームページ

箱根強羅公園〔西さがみエリア〕(足柄下郡箱根町強羅1300)

今年は終わりです。(2017.11.2現在)

強羅公園のバラは約140種1,000株あり、春の新緑と秋の紅葉とのコラボレーションを楽しみながら観賞できます。
また、国内最古のブーゲンビリアを中心に、本土では見ることのできない幹が直径30㎝もあろうかと思われる盆栽風に仕立てられた大株は一見の価値あり。「花と硝子と陶芸の園」と題して、吹きガラス・陶芸などの体験もでき、女性には嬉しい体験とお花を一緒に楽しめる公園となっております。

箱根強羅公園

観賞時期 5月下旬~6月中旬と10月下旬~11月中旬
アクセス 箱根登山鉄道/強羅駅下車徒歩5分
問い合わせ先 強羅公園
0460-82-2825

ホームページ

箱根ガラスの森美術館〔西さがみエリア〕(足柄下郡箱根町仙石原940-48)

バラはほぼ終わりに近い状況です。(2017.11.2現在)


ヨーロッパ王侯貴族を魅了した繊細優美なヴェネチアン・グラスの名品を集めた美術館。庭園では、四季の花とともに200種300株の四季咲きのバラが年に3回見頃を迎え、長い期間、バラの鮮やかな色や豊かな香りを楽しむことができます。今秋は「レオナルドダビンチ」や「モナリザ」などイタリア芸術をテーマにした15品種が登場します。この時期、寒暖の差が大きくなる箱根ならではの深い色合いをお楽しみください。その他園内には、カンツォーネの生演奏を聴きながら食事が楽しめるレストランもあり、世界各国から直輸入したガラス製品約10万点を揃えたショップでは、美しいバラ装飾のアクセサリーやバラ風味のお菓子を販売しています。またオリジナルのガラス作品が制作できる体験工房もあり一日中、ゆっくりと過ごすことができます。

箱根ガラスの森美術館

観賞時期 5月~6月、7月~8月、9月~10月
アクセス 箱根湯本駅から箱根登山バス「湖尻桃源台行き」で約25分、俵石・箱根ガラスの森前下車すぐ
問い合わせ先 箱根ガラスの森美術館
0460-86-3111

ホームページ

PageTop