神奈川(かながわ)バラ特集2017 春バラの見所

県央・丹沢エリアバラの見所

城山公園〔県央・丹沢エリア〕(綾瀬市)

ピーク過ぎですがまだご覧いただけます。(2017.6.1現在)

城山公園のバラは、平和のバラの象徴であるピースやブルーリバーなど、約66種500本あり、鎌倉時代源頼朝の御家人であった渋谷重国の居城跡と伝えられ、良好な数少ない城跡の一つであり、大規模な堀切と土塁が現存しているなど、綾瀬市の歴史を感じながら観賞できます。
また、園内の桜は「かながわの花の名所100選」に選ばれており、お花見スポットとしても人気があります。
6月初旬からは、日本庭園となりのわさび田跡地で「蛍」が見られます。

城山公園

観賞時期 6月・8月・10月
アクセス 海老名駅東口より綾瀬市役所行き早川経由または小園団地経由バス約15分、城山公園下車徒歩0分
又は、長後駅西口より綾瀬市役所行きバス約20分、綾瀬市役所下車徒歩10分
問い合わせ先 綾瀬市みどり政策課みどり公園担当
0467-70-5627

ホームページ

光綾公園〔県央・丹沢エリア〕(綾瀬市)

ピーク過ぎですが、まだご覧いただけます。(2017.6.1現在)

約28種900本のバラが観賞できるバラ園や、日本庭園の中にある風流で美しい多知波奈(たちばな)の池も一見の価値あり。
また、春には桜が咲き大勢の花見客が訪れます。

光綾公園

観賞時期 5月中旬・10月中旬
アクセス さがみ野駅南口より長後駅西口行きバス約15分上深谷下車徒歩2分
又は長後駅西口よりさがみ野駅行きバス約20分、上深谷下車徒歩2分
問い合わせ先 綾瀬市みどり政策課みどり公園担当
0467-70-5627

ホームページ

相模原北公園〔県央・丹沢エリア〕(相模原市緑区下九沢2368-1)

引き続き見頃です。(2017.6.1現在)

県央地区最大のバラの名所で、レディローズなどの大輪系早咲き・ブルームーンなどの大輪系・ルノアールなどの大輪系遅咲きの約85品種約1,900株を楽しむことができます。

相模原北公園

観賞時期 5月・11月
アクセス JR橋本駅下車南口バス乗り場から橋34系統(作の口・六地蔵経由上溝行)・橋36系統(六地蔵・九沢自治会館前経由上大島行)・橋57系統(榎戸経由望地キャンプ場入口行)上中の原(カミナカノハラ)団地で下車して徒歩約5分 または南口バス3番乗り場から相模川自然の村行きコミュニティバス北総合体育館下車して徒歩0分
問い合わせ先 公園管理事務所
042-779-5885

ホームページ

栗の里ローズガーデン〔県央・丹沢エリア〕(厚木市山際554-1)

まだまだ、お楽しみいただけます。(2017.6.1現在)

栗の里ローズガーデンは、全国花のまちづくりコンクール2期連続入賞と第6回かながわ観光大賞優秀賞&平成27年度かながわ地球環境賞ダブル受賞を達成しました。 100種600株のローズガーデンを地域に「憩いの場」として開放することで、 バラの最盛期の5月には、約3万人のお客様が訪れる「厚木市花スポット」にも成長しました。5月下旬開花の 1株で30mの”日本一長いつるバラのカーテン認定のアルベリック・バルビエ”は、一見の価値あり。建物や樹木、生垣などに自然な形で溶け込んだつるバラ本来の姿を鑑賞しながら、店内でもガーデンでもお食事やティータイムを楽しむ事ができます。 また、栗の里オーナー兼ガーデナー笹生 新の独創性溢れるガーデニング術も必見です。

栗の里ローズガーデン

観賞時期 4月下旬~11月下旬
アクセス 小田急線「本厚木駅」または「海老名駅」から中平経由バス約25分「中平バス停」下車徒歩3分
問い合わせ先 栗の里ローズガーデン
046-245-1341

ホームページ

県立あいかわ公園〔県央・丹沢エリア〕(愛甲郡愛川町半原5423-1)

全体的に花数が少なくなっています。(2017.6.1現在)

県立あいかわ公園のバラは、約120種350株あり、バラの時期は、「隠れたバラスポット」として人気で、厚木つつじの丘公園に次ぐ、県央地区2番目の約40種3万本が植栽されているツツジの名所としても知られています。
昔からバラの植栽に力を入れている町でもあり、園内にバラスペースを設け、古来のバラ園作りの伝統を守り続けています。
また、園内には、ふわふわドーム・冒険の森などのキッズスペースがあり、宮ヶ瀬ダム見学に便利なロードトレイン愛ちゃん号という電車型移動バスもあります。
1日中ゆっくりと楽しめる施設になっています。

県立あいかわ公園

観賞時期 5月・10月
アクセス 小田急線本厚木駅から神奈中バス「センター経由半原」行きバスで「愛川大橋」下車徒歩20分
問い合わせ先 パークセンター
046-281-3646

ホームページ

PageTop