久地円筒分水

その他

久地円筒分水

 江戸時代、二ヶ領用水は多摩川から上河原堰及び宿河原堰の2箇所で取水され、久地分量樋へ導かれ、そこで四つの堀(久地堀、六ヶ村堀、川崎堀、根方堀)に分水されていました。
久地分量樋は、正確な分水ができず、水量をめぐる水争いが絶えませんでした。
そこで、昭和16(1941)年、に「久地円筒分水」が造られました。
その後、各堀へ正確に用水を供給しています。

所在地

川崎市高津区久地1-34

アクセス

交通

JR南武線「久地駅」から市営バス「第三京浜入口」行き、東急バス「二子玉川」行き、「新平瀬橋」下車徒歩2分

JR南武線「武蔵溝ノ口駅」、東急田園都市線・東急大井町線「溝の口駅」から市営バス「向ヶ丘遊園南口」行き「新平瀬橋」下車、徒歩2分

駐車場

無し 

お問い合わせ

前のページに戻る