稲村ケ崎公園

公園・市民の森

稲村ケ崎公園

元弘3(1333)年、新田義貞が鎌倉を攻めた際、海に太刀を投げ入れたところ潮が引き一気に攻め入ったという伝説が残る稲村ケ崎。
いまは公園として整備され、入口には「稲村ケ崎新田義貞徒渉伝説地」の石碑がある。
富士山や江の島を眺める絶景スポットとして知られ「かながわ景勝50選」にも指定されている。

所在地

鎌倉市稲村ガ崎

アクセス

交通

江ノ島電鉄稲村ヶ崎駅から徒歩5分

駐車場

無し 

お問い合わせ

前のページに戻る