オギノパン本社工場 WebSite

その他

オギノパン本社工場

厚木市で開催された「神奈川フードバトルinあつぎ」で金賞を受賞した「あげぱん」と、裏丹沢(奥相模)生まれの小粒なサイズで、どこから食べてもあんこが出る和菓子のような「丹沢あんぱん」を製造しているオギノパン。

同社は、相模湖で営業していた工場が手狭になったことで、現在の宮ヶ瀬湖に近い場所に工場を建て、同時に、販売店舗や休憩施設、ゆったりと利用できるトイレ等も設けたそうです。今ではひっきりなしに車がやってきます。

昭和35年創業の老舗で、地元の津久井や上野原の食料品店等にパンの卸をはじめたのがスタート。その後すぐに地元の学校給食がはじまり、神奈川県の指定を受けて給食用パンの供給をはじめ、後に東京都からも指定を受けるようになり、今では八王子市など多摩地区にも給食用パンを届けています。
工場はだれでも見学できるようガラス張りになっていて、ベルトコンベアーに流れてくるパンの数にはびっくり! 「丹沢あんぱん」はやや奥の方で、ていねいに1つ1つ手作りされているのです。これは機械ではできない職人の技です! 丹沢あんぱんは10種類もあって、つぶあん・こしあんの他にもかぼちゃやくり、ゆずなどがあります。以前同工場にギャル曽根さんが来たときは、ほかで3人前の定食を食べてきた後に、丹沢あんぱん10種類を全部食べて有名になったそうです。

施設情報

営業時間/営業期間 毎日9:30~18:30
料金等 無料

所在地

神奈川県相模原市緑区長竹2841

バリアフリー情報

車椅子使用者用トイレ 福祉車両専用駐車場有り オストメイト専用トイレ 温水洗浄機能付き便座

アイコンの説明

バリアフリー情報を詳しく見る ≫

アクセス

交通

【公共交通機関利用】時間がかかり、公共交通機関は、むずかしいです。
【車利用】圏央道相模原IC出て10分

駐車場

有(無料)  50台

お問い合わせ

042-780-8121

前のページに戻る