産直センターうらり WebSite

その他

産直センターうらり 産直センターうらり

三浦市三崎の「産直センターうらり」で販売している「とろまん」は、まぐろを使った中華まんです。三崎の町の活性化を目指して、名物「まぐろ」を使った新しいメニューを開発したいという同志が集まって「協同組合みさきまぐろ倶楽部」が結成され、「とろまん」の開発が始まりました。

 具に使っているまぐろは、三崎まぐろの尾の身です。まぐろの尾の身は一番鮮度が良く、すじが多いためコラーゲンを多く含んでいて、加熱するとゼラチン状になります。ミンチにすると、肉に近い食感が味わえます。また野菜は、新鮮なキャベツ、玉ねぎ、椎茸、たけのこを使用しています。キャベツは、三浦でとれた特産のキャベツを優先的に使用し、具は一昼夜タレに漬け込み、味を染み込ませています。包(パオ)は、横浜中華街秘伝の技術を直に学び、倶楽部の13人の料理人が、やわらかくソフトにアレンジしています。一番苦労したことは、まぐろの生臭さを感じさせないようにしたことで、開発に1~2年ほどかかっていて、その後も改良を重ねてきているそうです。

 さっそく、産直センターうらりにある販売所で蒸したての「とろまん」をいただいてみました。蒸たてのアツアツ、ふかふかの「とろまん」は、こだわりの材料を使っているだけに味もしっかりしていて、肉まんのようなしつこさがまったくなく、あっさりとした味わいでした。野菜のシャキシャキ感も残っていて、まぐろの旨みも感じられます。また蒸たてを食べられるというのも良いですね! はじめてまぐろを買い付けに来た人は、必ずと言っていいほど「とろまん」を買って、その場で食べているようです。

 また甘味好きの人には、ゴマ風味のあんが香ばしい「あんと浪漫」がおすすめです。このあんの中にもまぐろが入っているそうです。「とろまん」は、わさび醤油をつけてもおいしいそうで、子どもからお年寄りまで、幅広い年齢層の方に好評です。三崎に行ったら、ぜひ一度、食べてみてください。

動画の詳細はこちら

施設情報

営業時間/営業期間 営業時間 9:00~17:00
日曜7:00~17:00

所在地

三浦市三崎2-6-8

アクセス

交通

駐車場

無し 

お問い合わせ

046-881-6721

前のページに戻る