かながわNOW トップページ > 観る > 花の名所100選 > ヤマユリ

ヤマユリ

日本特産のユリで、花径が20・を越え、むせかえるような強烈な香りが特徴で、ユリの王者ともいうべきものである。

ユリの花の美しさは古代人も注目したようで、古事記にもその名がみられ、万葉集には山野に自生する百合を庭に移し植えたという大伴家持の歌がある。
1861年に欧州に紹介され、真っ白な花被片の中央の黄金色の線が好まれたようで、英名では黄金色に光る百合という名がつけられた。神奈川県の県花に指定され県民に愛されている花である。

このお花が見られる名所

三浦市秦野市

三浦市

妙音寺

寺の裏山に昭和51年から59年にかけて檀信徒の勤労奉仕によってツツジ・スイセン・ツバキ・サクラ・ヤマユリなど約30種4,000本の花木が植栽された。その中でも、ヤマユリがよく繁殖し、今では裏山一帯に約1,000本が成育し、ピーク時にはあたり一面ヤマユリの香りにつつまれる。

ヤマユリ:
6-7月

詳細ページを見る

秦野市

蓑毛自然観察の森

蓑毛自然観察の森は、四季折々に変化する自然とふれあえる憩いの場として設置され「かながわの美林50選」の一つにも選定されている。木々の下に点々とヤマユリが咲き、その香りが森いっぱいに漂う。森の入口には水車小屋があり、秦野市今泉にあった古民家も移築されている。

ヤマユリ:
6-7月

詳細ページを見る

ホテル空室検索へ

Facebookへ

ページの上部へ