かながわNOW トップページ > 観る > 花の名所100選 > フジ

フジ

フジは本州、四国、九州の山地に自生する落葉の藤本で、幹は 状に長く伸長する。ごく近縁の種にヤマフジがあるが、フジは茎が右巻きであるのに対して、ヤマフジは左巻きなのですぐに区別できる。

自生のものは花の房が短いが、栽培品には長さが1・に及ぶものもある。小田原城のフジは大正13年に現在地に移植され、大正天皇が皇太子の頃、この花の美しさに感嘆されたといわれている。

このお花が見られる名所

小田原市

小田原市

小田原城天守閣

「御感の藤」と呼ばれ、花の房が1m余りにも伸びたフジの花が159 坪(525・)の藤棚いっぱいに咲く。また、白亜の天守閣を中心とした園内では、ウメ(2月上旬~下旬)、ソメイヨシノ(3月下旬~4月上旬)、ツツジ(4月中旬~5月中旬)、アジサイ(6月上旬~7月上旬)などの花も楽しめる。
〔問合せ〕
小田原市観光課(城址公園内) 0465(23)1373
小田原市観光協会 0465(22)5002

フジ:
4-5月

バリアフリー情報: 車椅子使用者用トイレ 福祉車両専用駐車場有り 車椅子使用者用電話 オストメイト専用トイレ 温水洗浄機能付き便座 

詳細ページを見る

小田原城址公園

「御感の藤」と呼ばれ、花の房が1m余りにも伸びたフジの花が藤棚いっぱいに咲く。
園内では、ウメ・ソメイヨシノ・ツツジ・アジサイなどのお花も楽しめる。

フジ:
4-5月

バリアフリー情報: 車椅子使用者用トイレ 車椅子で利用しやすいレストラン オストメイト専用トイレ 温水洗浄機能付き便座 

詳細ページを見る

ホテル空室検索へ

Facebookへ

ページの上部へ