かながわNOW トップページ > 観る > 花の名所100選 > ハマユウ

ハマユウ

暖地の海辺に自生し、ハマオモトとも呼ばれている。三浦半島の天神島は自生北限地の一つとされ、県の天然記念物として保護されている。

県内では海岸近くの人家の庭で往々に植栽されている。万葉集の柿本人麻呂の「三熊野の浦の浜木綿百重なす...」という相聞歌が有名で、それ以後葉が重なり合っている様子から、譬喩的に思いをつのらせるさまを詠った恋歌に登場することが多い。

このお花が見られる名所

横須賀市

横須賀市

天神島

ハマユウ・ハマボウの自然群落の北限地である天神島とその沖合200 mに浮かぶ笠島及びその周辺水域は自然の姿をとどめ、海浜動植物の宝庫として学術上貴重な場所となっている。また、景観にも優れているところから、県指定天然記念物及び市臨海自然教育園ともなっている。

ハマユウ:
8-9月

詳細ページを見る

ホテル空室検索へ

Facebookへ

ページの上部へ