かながわNOW トップページ > 観る > 花の名所100選 > ハマヒルガオ

ハマヒルガオ

代表的な海浜植物で、その分布は広く、日本全国、そしてアジア、ヨーロッパ、太平洋諸国、オーストラリア、アメリカ太平洋岸に生育する。地下茎を砂中に長く引き、地上茎も砂浜を這って伸び、砂の移動があるような海岸の最前線の植物群落の優占種となっている。

一面に咲き乱れる花は見事であるが、花期が6月で、ゴールデンウィークと海水浴シーズンの間に咲くため、これを賞する人は少ないようである。

このお花が見られる名所

藤沢市茅ヶ崎市

藤沢市

海浜自然生態園及び辻堂海岸

海浜自然生態園には、砂防林や海浜の砂草を中心に海浜植物が植栽されており、散策しながら楽しく観察できる。特に辻堂海岸にかけて咲くハマヒルガオは飛砂の発生を抑える役目を果たすとともに美しい浜辺の景観を創造している。

ハマヒルガオ:
6-7月

詳細ページを見る

茅ヶ崎市

海浜自然生態園及び辻堂海岸

海浜自然生態園には、砂防林や海浜の砂草を中心に海浜植物が植栽されており、散策しながら楽しく観察できる。特に辻堂海岸にかけて咲くハマヒルガオは飛砂の発生を抑える役目を果たすとともに美しい浜辺の景観を創造している。

ハマヒルガオ:
6-7月

詳細ページを見る

ホテル空室検索へ

Facebookへ

ページの上部へ