かながわNOW トップページ > 観る > 花の名所100選 > ウメ

ウメ

ウメは花と匂いと樹姿を観賞するといわれ、日本にも自生があるとも言われているが、一般には中国から渡来したものと考えられている。

大変古くから親しまれ、万葉集にも100首を越える歌がある。京都御所の紫宸殿前の左近の桜は、古くは桜ではなく梅であった。

一重、八重、白花、紅花など300に及ぶ品種があるが、一重で香りの高いものが最も好まれる。

このお花が見られる名所

横浜市横須賀市二宮町小田原市湯河原町

横浜市

三溪園

実業家(生糸貿易)の原三渓(本名・富太郎)が造った広さ17.5万・の日本式庭園に約2,000 本が開花する。中でも中国の上海市から寄贈された緑萼梅・臥竜梅は珍しい。重要文化財の古建築物等が巧みに配置された園内では、ウメの他、サクラ・ツツジ・ハナショウブ・ハスなどの花も見事。

ウメ:
2-3月

バリアフリー情報: 車椅子使用者用トイレ 貸車椅子サービス 

詳細ページを見る

大倉山公園

東京急行電鉄が東横線開通直後の昭和6年にウメを植栽したのが始まり。その後、横浜市が用地を買収し、四季を通じて楽しめる公園として整備した。園内にはギリシャ神殿風の建物の「大倉山記念館」があり自然と文化の香りを同時に満喫できる梅林となっている。

ウメ:
2-3月

詳細ページを見る

県立保土ヶ谷公園

県内に最初に誕生した運動公園で保土ヶ谷球場を始め、さまざまなスポーツ施設がある。梅園には約50種120本のウメが植栽されており、開花期には「梅まつり」が開催される。その他、サクラ・アジサイ・イチョウ並木と季節ごとに楽しめる。

ウメ:
2-2月

詳細ページを見る

横須賀市

田浦梅の里

三浦半島唯一の梅林。昭和9年に天皇陛下のご生誕を記念して地元の有志が700 本のウメを植えたのが始まりで、現在では約2,700 本のウメが咲き誇る名所となっている。梅林から採れるウメの実は「よこすかブランド」の特産品として「梅わいん」に使用されている。また、2月上旬~3月下旬はスイセンの花も見頃。
〔問合せ〕横須賀市公園管理課 0468(22)8333

ウメ:
2-3月

詳細ページを見る

二宮町

徳富蘇峰記念館

徳富蘇峰ゆかりの梅林。蘇峰堂を包むように約130本のウメがあり、老梅樹が多く、見事な臥龍梅もある。記念館内には、蘇峰翁の揮亳、原稿、著書、蔵書、書簡、遺品、美術品等が数多く展示されている。

ウメ:
2-2月

詳細ページを見る

小田原市

辻村植物公園

辻村植物公園は小田原市が辻村農園の梅林を整備し、平成2年に開園したもので、約560本のウメの老樹がある。また、面積約4.7haの園内には辻村氏がヨーロッパや北米などから取り寄せた珍しい植物など585種が見られ、異国情緒を醸し出している。
〔問合せ〕小田原市みどり公園課 0465(33)1583

ウメ:
1-2月

詳細ページを見る

曽我梅林

曽我梅林は下曽我駅を中心として散在する梅林の総称で、中河原、原別所の3梅林からなり、約3万本の白梅が咲き競う。また、仇討ちで有名な曽我兄弟の育った地でもあり、数多くの史跡も残されている。富士山や箱根連山、丹沢山塊の眺めも素晴らしく、自然と史跡の調和した素朴な里。

ウメ:
2-3月

詳細ページを見る

湯河原町

幕山公園

ロッククライマーの練習場として知られる大岸壁のある幕山の麓の斜面に広がる梅林。
約4,000本のハクバイ・コウバイが咲き、大岸壁を背景にした他所では見られない、おおらかな感じの梅林である。

ウメ:
2-3月

詳細ページを見る

ホテル空室検索へ

Facebookへ

ページの上部へ