かながわNOW トップページ > 観る > 花の名所100選 > アジサイ

アジサイ

外国では中国原産と言われているが、中国には日本から渡ったもので、中国から1790年にイギリスに持ち帰られ、品種改良が加えられた。

最近鉢物として店頭を飾っているのはこの洋行帰りの品種である。
アジサイは神奈川県の海岸を中心に、伊豆半島から伊豆七島の海岸の崖地に自生する野生のガクアジサイを改良したもので、一見4枚の花弁のようにみえるのは蕚であって、その中央に小さな花がつく、しかし花は退化してほとんど不稔となっている。

したがって挿し木などで増殖する。

このお花が見られる名所

川崎市横須賀市葉山町鎌倉市南足柄市箱根町真鶴町開成町

川崎市

浄慶寺

天正10年(1584年)に三井左衛門尉が開創したといわれる浄土宗寺院。境内のアジサイは昭和42年頃から植えられたもので、現在は1,000 株を超えている。またサクラの木も多く、スイセン・ヒガンバナも見られる。

アジサイ:
6-7月

詳細ページを見る

横須賀市

県立観音崎公園

東京湾に突き出た岬の上に広がる観音崎公園はシイやタブの樹々に覆われた自然の宝庫で、幾つもの園地を結ぶ散策路沿いにはガクアジサイの他に多種のアジサイが植栽されています。

アジサイ:
6-7月

詳細ページを見る

葉山町

葉山・あじさい公園

三ヶ岡山中腹の静かな公園。約3,000株の色とりどりのアジサイが咲く。高台の公園からは相模湾の眺めが素晴らしく、アジサイ越しに江の島や富士山、箱根、丹沢の山々が望める。

アジサイ:
6-6月

詳細ページを見る

鎌倉市

明月院(めいげついん)

「あじさい寺」の愛称で親しまれる明月院。
参道から本堂まで約鮮やかなアジサイで包まれる。
スイセン・ボケ・マンサク・モクレンなどが咲く。

アジサイ:
6-6月

詳細ページを見る

成就院

参道の石段両側にアジサイが群生する。参道からは波穏やかな鎌倉の海が望める。

アジサイ:
6-6月

詳細ページを見る

南足柄市

最乗寺

道了尊の名で親しまれ、樹齢500年以上と言われる杉並木が続く大雄山最乗寺への参道は、アジサイ参道とも呼ばれ、仁王門から境内までの約2kmの間に約1万株のアジサイが植えられている。

アジサイ:
6-7月

詳細ページを見る

大雄山最乗寺

道了尊の名で親しまれ、樹齢500年以上といわれる杉並木が続く大雄山最乗寺への参道は、アジサイ参道とも呼ばれ、仁王門から境内までの約2kmの間に約1万株のアジサイが植えられている。

※但し、近年(2014年~)は、アジサイの花付きが悪く、往時の規模では楽しむことができません。

アジサイ:
6-6月

詳細ページを見る

箱根町

箱根登山鉄道沿線

沿線のアジサイは箱根登山鉄道の職員が昭和40年代初めより植栽したもので、今では小田原駅~強羅駅間(15km)の線路沿いに約1万株の色とりどりのアジサイが咲く。花前線は6月中旬よっり徐々に小田原駅から標高の高い強羅駅に向かって沿線を上り、7月上旬には見事なアジサイのトンネルを作る。
[問合せ]箱根登山鉄道(株)鉄道部 0465(32)6823

アジサイ:
6-7月

詳細ページを見る

真鶴町

真鶴岬

バス停からクスノキ、クロマツ、スダジイなどの自然林の散策路をたどると、ガクアジサイなどのアジザイが咲く石の広場に出る。琴ヶ浜や相模湾の眺めもよい。又、三ツ石を望む岬の先端から海岸への道沿いでは、ハマユウの花(7月下旬~8月上旬)などの海浜植物が見られる。

アジサイ:
6-6月

詳細ページを見る

開成町

あじさい農道

あたり一面に水田が広がる農道や水路沿いにガクアジサイ、西洋アジサイなど約5,000株のアジサイが咲く。植栽延長は10.6kmにも及び、あじさいの里「あじさい農道」と呼ばれ、親しまれている。周辺には5つの公園が点在し、のどかな散策コースとなっている。

アジサイ:
6-7月

詳細ページを見る

ホテル空室検索へ

Facebookへ

ページの上部へ