かながわNOW トップページ > 観る > 年間行事・祭 > 9月

年間行事・祭:9月

*ここに掲載してあります年間の行祭事情報は、1年間に予定をされている行祭事をご紹介するページですので、日付け等は変更になることがあります。 最新の情報をお知りになりたい方は、イベントカレンダー・今月の特集のコーナーをご覧いただくか、各市町村にお問い合せの上、ご確認くださいますようお願いいたします。

9月
14日 宵宮祭
開催場所
鶴岡八幡宮
アクセス
■電車 JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩15分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約20分
概要
例大祭前夜、いよいよ明日に控えた祭の執行を大神様に御奉告する。
問合せ
鶴岡八幡宮(0467-22-0315)
ホームページ
http://www.hachimangu.or.jp/

浜降式
開催場所
由比ヶ浜
アクセス
■電車 ・JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩約15分 ・江ノ島電鉄「和田塚」駅から徒歩約5分 ・江ノ島電鉄「由比ケ浜」駅から徒歩約5分 ・江ノ島電鉄「長谷」駅から徒歩約5分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約15分
概要
例大祭に先立ち、宮司以下神職が身を浄めるために、早朝、由比ヶ浜辺において禊(みそぎ)をする。禊の後、浄めのしるしとして藻塩草(海草)を持ち帰り、社頭に掲げる。

「浜降式」は、9月14日の早朝5時頃から始まる。鶴岡八幡宮の例大祭は、毎年9月15日に行われる。例大祭を迎えるため、宮司以下の神職が13日より参籠し、14日の早朝、若宮大路を通って由比ヶ浜に行く。
問合せ
鶴岡八幡宮(0467-22-0315)
14日~16日 鶴岡八幡宮例大祭
開催場所
鶴岡八幡宮
アクセス
■電車 JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩15分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約20分
概要
・『吾妻鏡』によれば、文治3年(1187)8月15日に放生会(ほうじょうえ)と流鏑馬が始行されたとあり、これが当宮例大祭の始まりとなる。
以来絶えることなく800年の歴史と伝統が現在に伝えられており、一年を通して最も重い祭事である。

■スケジュール
・14日
宵宮祭(よいみやさい)18:00?
祭りを迎える儀式。
・15日
例大祭(れいたいさい)10:00?
雅楽奉納ほか。
神幸祭(しんこうさい)13:00?
室町時代の神輿3基を中心に本宮から二の鳥居まで行列が進む。
・16日
流鏑馬神事(やぶさめしんじ)13:00?
境内の馬場(260m)で、鎌倉時代そのままの狩装束の武者が馬で駆け抜けながら3個の的を射る。
問合せ
鶴岡八幡宮(0467-22-0315)
ホームページ
http://www.hachimangu.or.jp/
15日 神幸祭
開催場所
鶴岡八幡宮周辺
アクセス
■電車 JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩15分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約20分
概要
大神様を神輿(みこし)にお遷しして氏子区域を親しくお渡りいただくお祭。氏子の若者により神輿3基を御本殿から担ぎ下ろし、宮司以下神職、錦旗、神馬、ちょうちん、太鼓、盾、弓矢などからなる数百メートルの行列が若宮大路を二の鳥居まで進む。この鳥居の下には御旅所(おたびしょ)が設けられ、緑の千早、緋袴姿の八乙女たちによる八乙女舞が行われる。
問合せ
鶴岡八幡宮(0467-22-0315)
ホームページ
http://www.hachimangu.or.jp/
16日 流鏑馬神事
開催場所
鶴岡八幡宮
アクセス
■電車 JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩15分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約20分
概要
鎌倉武士の狩装束に身を包んだ射手が、馬で駆けながら馬場に配された3つの的を射抜く勇壮な神事で、源頼朝公の時代より800年の伝統を受け継いでいる。
弓馬術礼法小笠原教場宗家の小笠原清忠氏ほか一門のご奉仕により、鎌倉時代さながらに執り行われる。
問合せ
鶴岡八幡宮(0467-22-0315)
ホームページ
http://www.hachimangu.or.jp/

鈴虫放生祭
開催場所
鶴岡八幡宮
アクセス
■電車 JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩15分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約20分
概要
例大祭で神前にお供えした鈴虫を神域の自然の中に放す行事。
放生とは生き物を放つことであり、生命の尊さや季節に対する感性を大切に守り伝えようと、平成16年より始められた。
儀式は舞殿にて執り行われ、雅楽の演奏と巫女による神楽舞を奉仕した後、境内の林に鈴虫を放つ。
問合せ
鶴岡八幡宮(0467-22-0315)
ホームページ
http://www.hachimangu.or.jp/
18日 面掛行列
開催場所
御霊神社
アクセス
■電車 ・江ノ島電鉄「長谷」駅から徒歩約5分 ・江ノ島電鉄「極楽寺」駅から徒歩約10分
概要
奈良時代から伝わる伎楽面や田楽面を付けた面掛十人衆が坂ノ下町内を練り歩き、豊作・豊漁を祈願する行事で、神奈川県の無形民俗文化財に指定される奇祭。
鶴岡八幡宮放生会(ほうじょうえ)の舞楽面の行列をまねて作られたといわれ、江戸時代の中頃から行われているという。
面掛行列は別名を「はらみっと祭」などともいい、詰め物をした「阿亀(おかめ)」の大きなお腹を触ると「安産祈願」になるといわれている。
問合せ
御霊神社(0467-22-3251)
19日 流鏑馬神事
開催場所
寒川神社
アクセス
■電車 JR相模線「宮山」駅から徒歩約5分 ■車 ・圏央道「海老名IC」から約16分 ・東名高速道路「厚木IC」から約18分 ・小田原厚木道路「伊勢原IC」から約18分 ・新湘南バイパス「茅ヶ崎中央IC」から約13分
概要
例祭の前日、天下泰平・五穀豊穣を祈念して流鏑馬神事が行われる。御本殿西側馬場で行われる寒川神社の流鏑馬は、鎌倉時代よりはじまり歴史も古く、現在は武田流大日本弓馬会一門により奉納されている。
問合せ
寒川神社 社務所 電話0467-75-0004(代表)
ホームページ
http://samukawajinjya.jp/index.html
1日 野島・汐祭
開催場所
金沢漁港
アクセス
■電車 ・シーサイドライン「野島公園」駅から徒歩約5分
概要
金沢漁港で毎年9月1日に行われている。
豊漁と漁の安全を祈るとともに、漁で亡くなった人を供養する祭り。
当日は野島稲荷神社での神事の後、供物をのせた小さな和舟を身代わりとして沖に沈める。
神楽の奉納も見ることができる。
問合せ
金沢漁港
TEL 045-781-8929
ホームページ
http://www.yokohama-kanazawakanko.com/event/

田名八幡宮の獅子舞
開催場所
田名八幡宮
アクセス
■バス ・JR横浜線・京王線「橋本駅」南口から「水郷田名」行きバス(橋59系統)、終点下車、徒歩約5分 ・JR横浜線「相模原駅」から「水郷田名」行きバス(相17系統)、終点下車、徒歩約5分。 ・JR横浜線「淵野辺駅」又はJR相模線「上溝駅」から「水郷田名」行きバス(淵53系統)、終点下車、徒歩約5分。 ・JR横浜線「淵野辺駅」又はJR相模線「上溝駅」から「半原」行きバス(淵59系統)、「高田橋」下車、徒歩約10分。
概要
一度は中断していましたが、昭和49年に地域の人々の努力で復興した伝統行事。
毎年9月1日の田名八幡宮の例大祭の時に奉納されます。
慶安年間に伝えられたと言われる、一人立ち三匹獅子舞で、男獅子、女獅子、子獅子、バンバ、天狗、花笠、唄手と笛で構成され、舞の後半には「女獅子隠し」がある。
問合せ
相模原市教育委員会 文化財保護課 
TEL:042-769-8371
ホームページ
http://www.e-sagamihara.com/
20日 寒川神社例祭
開催場所
寒川神社
アクセス
■電車 JR相模線「宮山」駅から徒歩約5分 ■車 ・圏央道「海老名IC」から約16分 ・東名高速道路「厚木IC」から約18分 ・小田原厚木道路「伊勢原IC」から約18分 ・新湘南バイパス「茅ヶ崎中央IC」から約13分
概要
寒川神社の最も重要なお祭り大祭、例祭。
寒川大明神の日頃の御神徳に感謝し、氏子崇敬者が多数参列し斎行される。
この例祭を祝い、19日、20日の両日には境内一円で献花・献茶・奉納演芸等の神賑行事が行われる。
問合せ
寒川神社 社務所 電話0467-75-0004(代表)
ホームページ
http://samukawajinjya.jp/index.html
20日前後の日曜日 伊勢原大神宮例大祭
開催場所
伊勢原大神宮
アクセス
■電車 ・小田急小田原線「伊勢原駅」北口より徒歩約10分 ■バス ・小田急小田原線「伊勢原駅」北口乗り場より「大神宮前」下車
概要
ご祭神ゆかりの日を選んできめられた大祭。
神幸祭では、御霊神輿が巡行する。
問合せ
伊勢原大神宮
TEL 0463-96-1611
ホームページ
http://www.daijingu.net/
23日 茅ヶ崎ジャンボリー
開催場所
県立茅ケ崎里山公園多目的広場
アクセス
■バス ・JR「茅ヶ崎」駅北口から茅50系統小出二本松経由「文教大学」行きバスで約30分「芹沢入口」下車徒歩約5分 ・小田急・相鉄・横浜市営地下鉄「湘南台」駅西口から、湘17系統「文教大学」行きバスで約30分「芹沢入口」下車徒歩約5分
概要
最高のロケーションの下、自然豊かな里山公園で行われる入場FREEの野外コンサート。
湘南を拠点に活動している10バンド以上が集結する、カントリー&ブルーグラス音楽の祭典。
ギター、マンドリン、バンジョーなど、アコースティック楽器が楽しくスイングし、カントリーダンスの軽快なステップが会場を盛り上げる。
アメリカンフードやウェスタングッズ、地元物産などのショップも多数出店し、気分はもうアメリカそのもの。
芝生にのんびり寝転び、懐かしくも新しい≪GOOD MUSIC≫を楽しめる。
問合せ
茅ヶ崎市観光協会 TEL0467-84-0377
ホームページ
http://www.chigasaki-kankou.org/jamboree/index.html
26日 大黒天縁日
開催場所
長谷寺
アクセス
■電車 江ノ島電鉄「長谷」駅から徒歩約5分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約20分
概要
七福神のひとつに数えられる大黒天。長谷寺の大黒天は、弁財天と同じく弘法大師の御作と伝わる。
また、そのご利益も五穀豊穣や商売繁盛のみならず「出世開運」で巷に知られている。
(午前11時より大黒堂にて)
問合せ
長谷寺(0467-22-6300)
ホームページ
http://www.hasedera.jp/index2.html
いずれかの週の土日 小田原・箱根産業まつり
開催場所
■小田原城址公園  ■早川河川敷※箱根の開催会場は年によって変わる
アクセス
■小田原城址公園へのアクセス方法 ・電車 「小田原」駅東口より徒歩約10分 ・車   小田原厚木道路「荻窪IC」から約10分      西湘バイパス「小田原IC」から約5分      東名高速道路「大井松田IC」から約40分
概要
縁結びの神様として有名な九頭龍神社(箱根神社)の月次祭にあわせて開催される。

「伝えよう西さがみの文化と技」をテーマに、
小田原城址公園と箱根湯本の早川河川敷を中心に開催。
両会場とも伝統芸の披露や地場産品の紹介など企画が目白押し。

小田原城址公園のメインは、よさこいの『ODAWARAえっさホイおどり』で、
他にもかまぼこ製作実演、地元ミュージシャンのライブ、
高校生の和太鼓演舞などで、ステージを盛り上げる。

※2011年は、「小田原・箱根元気フェスタ?みんなに元気を !まちに活気を!ご縁に感謝を!」
 というネーミングに変えて開催された。

※10月に開催されることもあるので要確認
問合せ
■小田原箱根商工会議所
0465-23-1811
ホームページ
http://www.odawara-cci.or.jp/

ODAWARAえっさホイおどり
開催場所
小田原城址公園二の丸広場特設ステージ、城址公園内等市内各所、お堀端通り
アクセス
■電車 ・「小田原」駅東口より徒歩約10分 ■車 ・小田原厚木道路「荻窪IC」から約10分 ・西湘バイパス「小田原IC」から約5分 ・東名高速道路「大井松田IC」から約40分
概要
「小田原に元気な祭りを」と行政から依頼を受けた小田原商工会議所青年部(当時)が
小田原市民の度肝を抜き、なおかつ老若男女が楽しめ、
『誰もが主役になれる小田原ならではのスタイル』
を持つお祭りをと、高知のよさこい祭りをヒントに誕生させた。

『ODAWARAえっさホイおどり』はよさこい系ではあるものの、
お城のある風景を最大の小田原のエッセンスとして盛り込み、
当地ゆかりの童謡「おさるのかごや」のフレーズ、「猿子」と名付けられた鳴子を持って踊る小田原スタイル。

■■■ODAWARAえっさホイおどり憲章■■■
一、誰もが参加できる祭りたるべし。
一、踊る者、観る者、運営する者全てが楽しめる祭りたるべし。
一、まちの繁栄に貢献し、まちににぎわいをもたらす祭りたるべし。
一、小田原ならではの新たな伝統を創り、成長し続ける祭りたるべし。

■参加チーム
・50チーム前後

■開催形式(予定)
・舞台演舞
・街頭ステージでの定点踊り
・路上行進演舞
・フラフショー
・コンテスト
・ファッションショー

※『ODAWARAえっさホイおどり』は、非営利・無報酬の実行委員会によって運営されている。
 運営資金は、市内外の各企業や個人による協賛金・小田原箱根商工会議所及び
 小田原市、小田原市観光協会の補助金などによって賄われている。
問合せ
■ODAWARAえっさホイおどり実行委員会
0465-23-1811
※土・日・夜間のお問合せはEメール、またはFAX0465-23-0877にて受付。
ホームページ
http://www.essahoi.com/
上旬 開成阿波おどり
開催場所
開成町役場周辺全7会場
アクセス
■電車 ・小田急線「開成」駅より徒歩約15分 ・小田急線「新松田」駅、JR御殿場線「松田」駅より徒歩約25分 ■バス ・小田急線「新松田」駅、JR御殿場線「松田」駅より箱根登山バス「関本行き」約10分「四ツ角」バス停下車すぐ ■車 ※交通規制(車両通行止め)があるので注意が必要。 ※駐車場の数も少ないので、出来るだけ公共の交通機関の利用を勧める。 ・東名「大井松田インター」より国道78号線南足柄方面に進む→足柄大橋を渡る  →吉田島交差点を右折して町道100号線に入る→新延沢交差点を右折→すぐ左手に臨時駐車場がある
概要
町内の自治会や事業所の町内連をはじめ、
高円寺・大和などの町外連も参加し、
約1100人の踊り手が開成町役場周辺道路を練り歩く。
各々の個性を出した踊りと軽快なお囃子で踊り手の勢いが活気づき、
小さな町が大いに盛り上がる。
ゆったりと涼しみながら阿波おどりを観覧して頂くために、有料の桟敷席を設置。
問合せ
■ 開成阿波おどり実行委員会事務局
 (開成町まちづくり部産業振興課)
〒258-8502
神奈川県足柄上郡開成町延沢773
TEL:0465-84-0317
ホームページ
http://www.town.kaisei.kanagawa.jp/forms/linkopen/linkopen.aspx?type=rel&id=4387
下旬 半原糸の里文化祭
開催場所
県立あいかわ公園
アクセス
■バス ・JR線・京王線「橋本」駅より神奈川中央交通バス「半原」行き終点下車 半原バスターミナルから徒歩約30分 ・小田急線「本厚木」駅より神奈川中央交通バス「センター経由半原」行き「愛川大橋」下車徒歩約20分 ■車 ・東名高速厚木IC  国道129号(国道246号)「市立病院前」交差点左折→国道412号「清正光入口バス停」交差点左折→あいかわ公園(約40分) ・東名高速厚木IC  国道129号(国道246号)→県道60号→県道64号(清川村方面へ)→「半原小学校入口」交差点左折→国道412号「清正光入口バス  停」交差点左折→あいかわ公園(約50分) ・中央道相模湖IC  国道20号→国道412号「三ヶ木」交差点を厚木方面へ、「清正光入口バス停」交差点右折→あいかわ公園(約50分) ・横浜横須賀道路新保土ヶ谷IC  国道16号→橋本五差路→国道413号→国道412号「三ヶ木」交差点を厚木方面へ、「清正光入口バス停」交差点右折→あいかわ公園 (約45分)
概要
地域の自然、産業、歴史文化などの発信、都市と地域との交流や自然環境保全への理解を深める。
各種体験教室、郷土芸能の披露等を実施。
問合せ
愛川町観光協会
TEL 046-285-2111
ホームページ
http://www.aikawa-kankoukyoukai.jp/

ジャパン・ビアフェス横浜
開催場所
大さん橋ホール
アクセス
■電車 ・ みなとみらい線「日本大通り」駅から徒歩約7分 ・JR・横浜市営地下鉄「関内」駅から徒歩約15分 ■バス ・市営バス「日本大通り駅県庁前」下車徒歩約5分 ・市営バス「大さん橋」下車徒歩約3分 ・横浜観光スポット周遊バスあかいくつ   「大さん橋国際客船ターミナル」下車徒歩0分 ■車 ・首都高速横羽線 横浜公園ランプから約3分 ・首都高速湾岸線 新山下ランプから約10分
概要
各地の120?200種類以上のクラフトビールが飲み放題。
日本最大級のビアフェス。
問合せ
日本地ビール協会
TEL 0797-34-7751
ホームページ
http://www.beertaster.org/

北久里浜桜まつり 
開催場所
根岸交通公園・根岸第三公園
アクセス
■電車 ・京急「北久里浜駅」から徒歩10分
概要
根岸交通公園を中心とした横須賀最大規模の商店街「北久里浜商店街」で開催される、秋の恒例イベントです。模擬店、物産展、フリーマーケット、フアフア(遊具)、ビンゴ大会、ダンス発表会など、小さなお子さんからお年寄りまでみんなで楽しめる内容です。

問合せ
北久里浜商店街振興組合
TEL:046-833-1360
ホームページ
http://yokosuka-kanko.com/index.html

宗我神社祭礼
開催場所
宗我神社
アクセス
■電車 JR「下曽我」駅から徒歩約10分
概要
創建は1028年と言われ、長い歴史を持つ宗我神社。
秋の例大祭には五基の山車と一基の神輿が、社内に揃い五穀豊穣を祝う。
山車の中には江戸時代に作られたものもあり、遠路訪れる人もいる。

(曽我地区の5台の山車が下曽我駅周辺に繰り出し、猿田彦を先頭にお宮入りがある。
 お宮入り後、1台の山車に高砂の人形が飾られる。)

問合せ
■宗我神社宮司
0465-42-1282
ホームページ
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/event/SEP/sogasairei.html

小出川彼岸花まつり
開催場所
小出川沿い
アクセス
■バス(遠藤・せりざわ会場) ・JR東海道線「茅ヶ崎」駅北口から「湘南台駅」行きバスで約20分「遠藤松原」下車徒歩約12分 ・JR相模線「香川」駅からコミュニティバス「北部循環・芹沢台田コース」バスで約10分「芹沢細谷入口」、「芹沢城之腰」下車 ・小田急・市営地下鉄「湘南台」駅西口からバス「慶応大学」行きで約20分終点下車徒歩約10分 ・JR東海道線「辻堂」駅北口から「慶応大学」行きバスで約20分「刈込」下車徒歩約1分 ■バス(打戻会場) ・JR辻堂駅北口から「綾瀬車庫」行きバスで約20分「根本」下車徒歩約1分(便少数) ・JR辻堂駅北口から「慶応大学」行きバスで約20分「刈込」下車徒歩約15分 ■バス(おおぞう会場) ・JR相模線「寒川」駅から「文教大学」行きバスで約10分「越の山入口」下車徒歩約10分 ・JR相模線「寒川」駅から「小谷」行きバスで約10分「県営住宅前」下車徒歩約10分
概要
9月下旬(お彼岸のころ)、茅ヶ崎市・藤沢市・寒川町の境を流れる小出川沿いに、約3キロメートルにわたって彼岸花が咲く。
小出川周辺はのどかな田園風景が広がり、散歩するには最適な環境。
観賞期間:9月下旬?10月上旬
模擬店:9月23日?9月25日
臨時駐車場:9月10日?9月30日
トイレ:9月10日?9月30日
問合せ
小出川彼岸花団体協議会事務局 0466-48-5352
ホームページ
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/machidukuri/kuniken/8456/021591.html

「遙かな友に」道志川合唱祭
開催場所
津久井合唱館「やまびこホール」前特設ステージ(緑の休暇村センター隣)
アクセス
■バス ・JR中央本線「藤野」駅から「やまなみ温泉」行きバス(野05・11系統)、終点乗り換え、「東野」行きバス(や01系統)、「奥相模 湖」下車、徒歩約5分。 ・JR横浜線・相模線、京王線「橋本」駅から「三ヶ木」行きバス(橋01系統)、終点乗り換え、「東野」または「月夜野」行きバス  (三55・56系統)、「東野」下車、徒歩約20分。
概要
青根の清流・道志川のほとりで行われる合唱祭です。青根の地で生まれた合唱曲「遙かな友に」を作詞作曲した磯部俶先生の功績を称え、県内外の合唱愛好者の皆さんが集い開催される。
県内外から、21団体の合唱団が参加し、青根の大自然の中に美しい歌声が響き渡る。
当日は地域の皆さんによる地場野菜や軽食の販売も行われ秋の味覚も楽しめる。
また、前日には前夜祭が行なわれ、踊りや打ち上げ花火が合唱祭を盛り上げる。

問合せ
磯部俶記念『遙かな友に』道志川合唱祭実行委員会事務局
津久井まちづくりセンター内 
TEL:042-780-1403
ホームページ
http://www.doshigawa-gasshousai.jp/

北下浦納涼ふるさとまつり
開催場所
県立三浦しらとり園
アクセス
■電車 ・京急久里浜線「長沢」駅から徒歩10分
概要
音楽(ブラスバンド・バンド演奏・和太鼓・アフリカ太鼓)
パフォーマンス(地元小学生によるソーラン・銭太鼓・地域民族芸能「虎踊り」)
盆踊り(「北下浦音頭」が半世紀ぶりに復活)
町内会等による売店多数
問合せ
市民部北下浦行政センター

〒239-0842 横須賀市長沢2丁目7番7号 

TEL:046-848-0411
FAX:046-848-8911
メール:kia-ci@city.yokosuka.kanagawa.jp
ホームページ
http://yokosuka-kanko.com/

富岡八幡宮秋季大祭(湯立神楽)
開催場所
富岡八幡宮
アクセス
■電車 ・京浜急行線「京急富岡」駅から徒歩約8分 ・シーサイドライン「並木北」駅から徒歩約10分
概要
秋の収穫感謝の祭り。
「湯立神楽」(ゆだてかぐら)は湯花神楽(ゆばなかぐら)鎌倉神楽とも呼ばれ
もともと鶴岡に於いて職掌(しきしょう)と呼ばれる人達によって奉納されていた神楽。
大祭の前夜には宵宮祭があり、大祓の神事のあと七ケ町の万灯神輿が町内を渡御。
大祭式では秋の収穫に感謝し、ご利益を祈り湯立神楽の奉納が行われる。(午前)
七ケ町8基の大御輿が、京急富岡駅前に集合、盛大な連合渡御が行われる。(午後)
夕方からは雅楽が奉納され、富岡八幡公園は夜店でにぎわう。
問合せ
富岡八幡宮
TEL 045-776-3838
ホームページ
http://www.tomioka80000goo.org/

神奈川県原爆被災者追悼法要
開催場所
大船観音寺
アクセス
■電車 JR「大船」駅から徒歩約5分
問合せ
0467-43-1561(大船観音寺)
ホームページ
http://www.oofuna-kannon.jp/

中新田かかしまつり
開催場所
中新田コミュニティセンター北側の水田
アクセス
■電車 ・小田急線、JR相模線「厚木」駅から徒歩約5分 ・小田急線「海老名」駅から徒歩約15分
概要
昔ながらの「田んぼとかかし」の風景を残し、若い世代に伝えたいという思いから始められたもの。
毎年、その年話題になった人物などを題材にしたユニークな作品が田んぼ沿いに並び、来場者の目を楽しませる。
問合せ
・海老名市経済環境部農政課(046-235-4844)
・実行委員
波多野046-232-1932
若松046-235-5585
平井046-231-6367
下旬~10月上旬 観月会
開催場所
三溪園
アクセス
■電車、バス ・「根岸駅」より、1番乗り場《市バス58・99・101系統》10分、「本牧」下車後、徒歩7分。 ・「桜木町駅」より、2番乗り場《市バス8・148系統》約25分、「本牧三溪園前」下車後、徒歩約5分。 ・「横浜駅」東口より、2番乗り場《市バス8・148系統》約35分、「本牧三溪園前」下車後、徒歩約5分。 ・「元町・中華街駅」4番出口より、山下町バス停《市バス8・148系統》約15分、「本牧三溪園前」下車後、徒歩約5分。 ※横浜発、横浜市営バス8系統および148系統のバスは、桜木町、山下町を経由して走行。 ※「本牧三溪園前」バス停は、みなとぶらりチケットの適用区間外のため、要注意。 ■車 ・東京銀座・羽田方面から…ベイブリッジ経由、「本牧埠頭ランプ」利用。ランプを降りたら道なり、T字路にあたったら左折し、「本牧元町入口」右折。 ※次の「三渓園ランプ」は、下り車線からは下りられないため要注意。 ・東名横浜町田方面(保土ヶ谷バイパス「狩場IC」経由)や第三京浜自動車道路から…「石川町IC」を経由し「新山下ランプ」を利用。ランプを降りたら道なり。「B突堤入口」を右折し、T字路にあたったら左折、「本牧元町入口」右折。 ・横須賀・金沢方面から…「並木IC」経由、「三渓園ランプ」を利用。ランプを降りたら道なり、「本牧元町入口」左折。
概要
美しくライトアップされた歴史的建造物や日本の伝統音楽が昼間とは一趣異なる風情を感じさせる中、仲秋の名月を鑑賞できる。
問合せ
三溪園
TEL 045-621-0635
ホームページ
http://www.sankeien.or.jp/
下旬から11月中旬 茅ヶ崎市民文化祭
開催場所
茅ヶ崎市民文化会館(菊花展のみ総合体育館前庭)
アクセス
■電車 JR東海道線「茅ヶ崎」駅北口から徒歩約10分(茅ヶ崎市役所北側)
概要
茅ヶ崎市民文化祭は、市民の皆さんが芸術に触れ、文化活動の発表する機会を提供し、市民文化の向上・発展を目的とし、開催されている。
毎年10月から11月中旬にかけて茅ヶ崎市民文化会館(菊花展のみ総合体育館前庭)にて開催され、舞台、展示、文芸部門で構成されている。
問合せ
文化生涯学習部 文化生涯学習課 文化推進担当 市役所分庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-58-4265
下旬の土・日曜日 秦野たばこ祭
開催場所
■秦野市役所 ■本町小学校 ■本町四ツ角
アクセス
■電車 ・小田急線「秦野」駅北口から徒歩約5分 ■車 ・東名「秦野中井インター」を出たら左折して直進 秦野駅方面約10分 ・東京方面から国道246号線、秦野警察署手前の交差点を右折。  1つ目の信号右折して直進1?2分、左側に市役所。  さらに進むとすぐ左側に本町小学校(臨時駐車場)
概要
秦野市でもっとも大きいお祭。
火をテーマにした迫力あるイベントが満載。
毎年20万人ほどの観光客を迎えて盛大に行われる。
ジャンボ火起こし綱引きコンテスト、弘法の火祭、仕掛花火、打ち上げ花火、フロートパレードなど、様々なイベントがあり、一日中楽しむことができる。

■ 見 ど こ ろ(参考)
開会式(開会宣言) / たばこ祭オープニング・交通安全防犯パレード /
子供向けキャラクターショー / ソングリーディングショー&ショートクリニック /
ジャンボ火起こし綱引きコンテスト / 神輿パレード / 阿波踊り / メッセージキャンドル

高校生元気印コンサート ?震災復興に熱いエールを? / 秦野少女ラッパ鼓隊ドリル演奏 /
子供向けキャラクターショー / たばこ音頭千人パレード / 諏訪市長持行列 /
秦野観光和太鼓の演奏 / はだのよさこい踊り / たばこ祭絆ステージ /
らんたん巡行 ?被災地へエールを送る? / 弘法の火祭 / 打上花火

秦野たばこ資料展 / にぎわい街巡り(スタンプラリー) / 商人魂体験ブース /
県人会ステージ / 青空ふれあい広場「たばこミュージックフェスタ」 /
青空ふれあい広場「青空市場」 / まほろばショー / こども広場 / コミュニティ広場

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【雨天時について】
荒天の場合は中止となるが、小雨の場合、実施する行事もあるので、
詳細はたばこ祭実行委員会本部(0463-82-5111)に問い合わせる。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■■ たばこ祭の歴史 ■■

秦野のたばこ栽培は、江戸時代初期から始まり、
薩摩(鹿児島県)や水府(茨城県)と並び日本3大銘葉の一つとして、技術の優秀さは有名であった。

第1回たばこ祭は、昭和23年10月1?2日に行われ、半世紀以上が経過。
当初は、耕作者を慰安するものであったが、時代の変化と共に市民の祭へと意識が変化してきた。

昭和59年に300年余続いた秦野のたばこ耕作は幕を閉じたが、
秦野の歴史と伝統を守り、後世に伝えていくという視点から、
たばこ祭は内容もより楽しく、より参加しやすいように考慮し継続して実施している。

問合せ
■秦野たばこ祭実行委員会本部(秦野市役所 観光課内)
〒257-8501
神奈川県秦野市桜町1丁目3番2号
TEL: 0463-82-5111
FAX : 0463-82-6256

■秦野たばこ祭実行委員会事務局
TEL:0463-82-9648(直通)
ホームページ
http://navi.city.hadano.kanagawa.jp/kankou/kankoubody.html#matsuri
下旬の土日 ワールド・インビテーショナル・フラ・フェスティバル日本大会
開催場所
文教大学 湘南校舎
アクセス
■バス ・直通マイクロバス JR「茅ヶ崎」駅北口から約30分(片道500円) ・路線バス JR「茅ヶ崎」駅北口1番のりばから「文教大学」行きバスで約30分終点「文教大学」下車
概要
ワールド日本大会は、ハワイ本大会委員長であるポーリー・ジェニングスが主催する非営利イベント。
ハワイの著名なクムたちによるワークショップとコンペティションが行われる。

問合せ
ワールド日本大会実行委員会(ハワイ文化振興会内) 
電話03-5297-6518 (平日朝10時から午後6時30分)
ホームページ
http://www.world.hawaiianculture.org/
中下旬 小出川 彼岸花まつり
開催場所
小出川大黒橋(藤沢市遠藤)?追出橋(茅ヶ崎市芹沢)
アクセス
■バス まつり会場(遠藤・せりざわ会場)へのアクセス ・茅ヶ崎駅北口よりバス    「文教大学行き」にて「芹沢入口」下車    県立里山公園パークセンターより徒歩15分 ・香川駅よりコミュニティバス    「北部循環・芹沢台田コース」にて「芹沢細谷入口」「芹沢城之腰」下車 ・湘南台駅西口よりバス    「慶応大学行き」にて終点下車 徒歩10分 ・辻堂駅北口よりバス    「慶応大学行き」にて「刈込」下車 徒歩1分 打戻会場へのアクセス ・辻堂駅北口よりバス    「綾瀬車庫行き」にて「根下」下車 徒歩1分(便少数)    「慶応大学行き」にて「刈込」下車 徒歩15分 おおぞう会場(青少年広場)へのアクセス ・寒川駅北口よりコミュニティバス(土日運休)    「東ルート」にて「青少年広場」下車 ・寒川駅入口よりバス    「文教大学行き」にて「越の山入口」下車 徒歩10分    「小谷行き」にて「県営住宅前」下車 徒歩10分
概要
観賞期間は9月下旬から10月上旬で一番の見ごろはお彼岸の頃。
小出川沿い大黒橋から追出橋まで3km。
※大黒橋(藤沢市遠藤・茅ヶ崎市芹沢)
※追出橋(茅ヶ崎市芹沢・寒川町大蔵)

模擬店の出店(地場野菜、焼きそば、綿菓子ほか)
彼岸花写真展示会など。
問合せ
小出川彼岸花団体協議会事務局 
TEL:0466-48-5352
ホームページ
http://www.fujisawa-kanko.jp/index.html
中旬 三増合戦まつり
開催場所
三増合戦碑広場
アクセス
■バス ・小田急線「本厚木」駅北口、厚木バスセンターより「半原」行き(厚59)にて(所要時間約40分)「中原」下車徒歩約5分 ■車 ・東名高速「厚木IC」から約40分
概要
甲冑隊による武者行列、剣舞、和太鼓演奏(県立愛川高校・相模龍王太鼓)、抜刀術(居合道/倉持孝志、アンドリュー・スノーバ、脇谷光雄、小松正幸)、舞踊ショー(藤間流来住野)、愛川真希歌謡ショーなどが行なわれる。
三増合戦まつりは、この戦で討死した全ての将兵を慰霊するための祭りでもある。
問合せ
三増合戦まつり実行委員会
TEL L046-281-0524
ホームページ
http://www.town.aikawa.kanagawa.jp/info/event.html

アロハスフェスタ茅ヶ崎
開催場所
茅ヶ崎市民文化会館
アクセス
■電車 JR東海道線「茅ヶ崎」駅北口から徒歩約10分(茅ヶ崎市役所北側)
概要
スローライフ茅ヶ崎を目指して、『フラ』、『サーフ』、『SK8』、『ロハス』を融合させた新しいカタチのイベント。
問合せ
アロハスフェスタ茅ヶ崎実行委員会(0467-84-0377)

番田神代神楽
開催場所
亀ヶ池八幡宮
アクセス
■電車 ・JR相模線「上溝駅」より、徒歩約15分
概要
天明8(1788)年に神楽奉仕に命ぜられたのがきっかけで始まったと伝えられている。
市の指定無形民俗文化財の一つ。
現存しているものは、日本神話を題材とした20ほどの黙劇(もくげき)で、すべて面つけで演じられる。
郷土の民俗芸能の特色を強く残しており、現在も各地でお祭りなどの際に奉納されている。
問合せ
相模原市教育委員会 文化財保護課 
TEL:042-769-8371
ホームページ
http://www.e-sagamihara.com/

ミュージックフレンドシップフェスティバル
開催場所
在日米陸軍キャンプ座間
アクセス
■電車 ・第1ゲート(正面)  小田急線「相武台前駅」から徒歩約15分。  JR相模線「相武台下駅」から徒歩約15分。 ・第4ゲート  小田急線「相武台前駅」から徒歩約10分。 ■バス ・第1ゲート  小田急線「相武台前駅」から「磯部」行きバス(台06系統)、「座間キャンプ前」下車、徒歩約1分。  小田急線「相武台前駅」から「原当麻」行きバス(台14系統)、「座間キャンプ前」下車、徒歩約1分。
概要
ハワイアン、ヒップホップ、ジャズ、Jポップ、ラティーノ、R&B、レゲエ、ロック、全米トップ40等のライブが開催されます。そのほか、DJ、MC、屋台、子ども用ゲームや花火を楽しめる。

【持ち込み禁止物品】
・大きなバッグ
・バックパック
・クーラーボックス
・スケートボード
・自転車
・キックボード
・ペット
・酒類
・ビンやコップ等のガラス類
問合せ
TEL:046-407-4177(録音案内)
TEL:046-407-5712
ホームページ
http://www.e-sagamihara.com/

相模原よさこいRANBU
開催場所
市道古淵駅前通(古淵駅前交差点からイオン相模原店前)ほか
アクセス
■電車 ・JR横浜線「古淵駅」から徒歩約1分。
概要
若者を中心にしたチームが鳴子を持って自由なパフォーマンスを楽しむ演舞。
各チームが、工夫を凝らした衣装を身にまとい、オリジナルの曲に合わせ、路上などの特設ステージにくりひろげられる。
エネルギッシュで、ダイナミックな踊りが特徴。
また、全参加チームでの総踊りは迫力満点で、観客も思わず引き込まれてしまう。
問合せ
相模原よさこいRANBU!実行委員会事務局(青史堂印刷内) 
TEL:042-748-3921

相模原市観光協会 
TEL:042-769-8236
ホームページ
http://www.sagamiharayosakoi.com/
中旬~10月上旬 若あゆかかしフェスティバル
開催場所
ビレッジ若あゆ第1水田(自然の村公園入口手前の水田)
アクセス
■バス ・JR横浜線・相模線、京王線「橋本」駅から「相模川自然の村」行きバス(橋30系統・市コミュニティバス)、終点下車、徒歩約1  分。 ・JR横浜線・相模線、京王線「橋本」駅から「上大島」行きバス(橋33・36系統)、終点下車、徒歩約15分。
概要
市内の幼稚園児・小中学生が制作した「かかし」が、秋の稲穂がゆれる田んぼの前に一同に並ぶ。
子供達のアイディアを凝らしたユニークな作品が勢揃い。
また、展示期間中は「かかしフェスティバル」へのご感想を受付けしている。

問合せ
相模川自然の村野外体験教室ビレッジ若あゆ 
TEL:042-760-5445
ホームページ
http://www.sagamihara-kng.ed.jp/wakaayu/
敬老の日直前の土日(本祭りは1年おき) お三の宮秋祭り
開催場所
日枝神社
アクセス
■電車 ・市営地下鉄「吉野町」駅から徒歩約3分
概要
『お三の宮』と呼ばれ、ハマッコに親しまれている日枝神社のお三の宮秋祭り。
1年毎に本祭りと陰祭りが行われる。
本祭りの見ものは、昔は黒牛が引いていた勇壮な大神輿。
問合せ
日枝神社
TEL 045-261-6902
日曜(要問合せ) 観光地引網
開催場所
サザンビーチちがさき東隣
アクセス
■電車 JR東海道線「茅ヶ崎」駅南口から徒歩約20分 ■バス JR東海道線「茅ヶ崎」駅南口から37番系統「浜見平団地行」バスで約8分「海水浴場前」下車すぐ ■車 東名高速道路「厚木IC」から約30分
概要
茅ヶ崎市観光協会は、正面にえぼし岩、東に江の島、西に富士山、絶好のロケーションのもと、夏の賑わいが一段落した秋の茅ヶ崎海岸で「観光地引網」を実施。
ご家族・グル-プ・お1人でも参加できる地引網の機会を創設し、茅ヶ崎の観光振興の一助とすることを目的に実施する。

問合せ
一般社団法人茅ヶ崎市観光協会
〒253-0044 茅ヶ崎市新栄町13-29
電話番号:0467-84-0377
ファックス:0467-84-0378
毎年11日~13日 龍口寺法難会
開催場所
龍口寺
アクセス
■電車 ・藤沢、鎌倉方面より 江ノ島電鉄 江ノ島駅下車 徒歩3分 ・大船方面より 湘南モノレール 湘南江の島駅下車 徒歩3分 ・新宿、町田方面より 小田急江ノ島線 片瀬江ノ島駅下車 徒歩15分 ■車 ・東京方面より 横浜横須賀道路朝比奈IC - 鎌倉経由 - 「片瀬東浜」右折  ・横浜方面より 藤沢バイパス - 国道467号 - 「江ノ島駅入口」 ・平塚方面より 国道134号 - 辻堂経由 - 「片瀬東浜」左折 
概要
9月12日は、日蓮の龍ノ口で処刑されそうになった日。
この事件は「龍ノ口法難」と呼ばれ、それを記念して行われるのが「龍口法難会」。
参拝者には「難除けのぼたもち」が振る舞われる。

問合せ
寂光山 龍口寺
0466-25-7357
ホームページ
http://ryukoji.jp/
毎年15日 薄念仏会
開催場所
遊行寺
アクセス
■バス ・藤沢駅北口2番のりば「戸塚バスセンター行き(戸81、船65、藤54)」、「藤沢橋」下車5分 ■徒歩 ・藤沢駅北口より15分
概要
時宗の三大法要の一つ、『薄念仏会(すすきねんぶつえ)』。
開祖の一遍上人が始めた踊念仏は、盆踊りの元祖とも言われている。
問合せ
遊行寺
0466-22-2063
ホームページ
http://www.jishu.or.jp/
毎年21日~24日 秋季開山忌
開催場所
遊行寺
アクセス
■バス JR藤沢駅北口より神奈中バス「大船駅西口行」(渡内、関谷インター経由) 「藤沢橋」下車徒歩2分 ■徒歩 藤沢駅より徒歩15分
概要
秋季開山忌は、時宗開祖の一遍の遠忌法要です。

問合せ
0466-22-2063 
ホームページ
http://www.jishu.or.jp/
秋分の日 祖霊社秋季例祭
開催場所
鶴岡八幡宮
アクセス
■電車 JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩15分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約20分
概要
祖霊社例祭は、春分の日・秋分の日の年2回斎行される。
祖霊社は終戦後、氏子崇敬者の「おみたま」(祖霊)と護国の英霊をお祀りする為に、昭和24年に創建されたお社。祖霊社の運営は、ご遺族を会員とする「祖霊社維持会」によって行われている。
雅楽の音が響き巫女舞も奉仕される中、厳粛に例祭は齋行される。多くの参列者は神前に玉串を奉り、ご先祖様へ感謝の心を捧げる。祭典終了後には「祖霊社維持会」の総会が開かれる。
問合せ
鶴岡八幡宮(0467-22-0315)
ホームページ
http://www.hachimangu.or.jp/
第1日曜日 茅ヶ崎市長杯アマチュアサーフィンコンテスト
開催場所
湘南茅ヶ崎パークポイント
概要
市内外から総勢約200名のアマチュアサーファーたちが参加し、熱戦が繰り広げられる。
問合せ
茅ヶ崎商工会議所内湘南祭実行委員会事務局サーフィンコンテスト担当
0467-58-1111
第2日曜 足柄峠笛まつり
開催場所
足柄峠(足柄峠笛吹石前、足柄城址広場)
アクセス
■バス(神奈川県側から) ・大雄山線「大雄山」駅(関本)から箱根登山バス「地蔵堂行き」→「地蔵堂」バス停下車。  「万葉公園行き」に乗り換え、「万葉公園」バス停下車徒歩約10分。 ■バス(静岡県側から) ・JR御殿場線「駿河小山」駅から「足柄峠行き」臨時シャトルバスで約30分
概要
八幡太郎義家の弟、三郎義光は琵琶湖の畔り三井寺の近くの新羅の森で元服したから新羅三郎義光と云っていた。
戦乱の世にあっても風雅の心を失わず、笙は時の名人豊原時元に学んだ。
 堀河天皇の御代に奥州の清原武衡等が叛いて兵を挙げたので、これを鎮定するために八幡太郎義家が行った。
世に云う後三年の役でこの時敵の抵抗強く義家苦戦と聞いて三郎義光は数十騎の兵をつれて、逢坂山を越え日を重ねて足柄峠に露営したのは仲秋名月の夜であった。
 義光は、豊原時秋を傍ら近くに呼んで「よく聞かれよ。我は御尊父より笙の秘曲を授かりこれを後世に伝うべく託された。
然るに此の度戦場に赴く上は生死の程も計り難い。我死なば此の道はすたれ先師の志をも空しうする。
只今これより相伝の秘曲を伝授すれば、貴殿はこれより京へ引き返しこの道を守られよ。」と諭し、伶人豊原時秋に笙の奥義を伝えた。
 という伝説にちなんで、静岡県小山町と神奈川県南足柄市の協同で足柄峠笛まつりを開催。

笛塚供養、当りつきの福餅まきのほか、足柄囃子、剣舞、詩吟、謡曲が披露される。お茶席での接待も楽しめる。
問合せ
■足柄峠笛まつり実行委員会
(小山町商工観光課内)
0550-76-6114

■南足柄市商工観光課
0465-73-8030

■南足柄市産業振興課
0465-73-8031 休日は0465-74-2111
ホームページ
http://www.city.minamiashigara.kanagawa.jp/kankou/matsuri/hue_maturi.html

ホテル空室検索へ

Facebookへ

ページの上部へ