かながわNOW トップページ > 観る > 年間行事・祭 > 8月

年間行事・祭:8月

*ここに掲載してあります年間の行祭事情報は、1年間に予定をされている行祭事をご紹介するページですので、日付け等は変更になることがあります。 最新の情報をお知りになりたい方は、イベントカレンダー・今月の特集のコーナーをご覧いただくか、各市町村にお問い合せの上、ご確認くださいますようお願いいたします。

8月
相模原納涼花火大会
開催場所
水郷田名相模川高田橋上流
アクセス
■バス ・JR淵野辺駅南口・上溝駅より、神奈中バス「水郷田名」行きに乗り「高田橋」下車、徒歩約1分   
概要
昭和26年、「情緒と水郷と鮎のまち」水郷田名の復興を願いはじまった。
現在では、「相模原納涼花火大会」として、人々に愛される相模原市夏の風物詩となっている。
会場である高田橋付近には、多くの露天が並び、毎年約8,000発の花火が夏の夜空を美しく彩る。
問合せ
相模原市観光協会 
TEL:042-769-8236
ホームページ
http://www.e-sagamihara.com/
10日 四萬六阡日大功徳日
開催場所
長谷寺
アクセス
■電車 江ノ島電鉄「長谷」駅から徒歩約5分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約20分
概要
この日に観音菩薩をお参りすると、4万6千日分参拝したのと同じ功徳があるとされ、来山した方々には本尊のお姿を表した「御札」が配られる。
当日は朝の4時よりお参りできる。
問合せ
長谷寺(0467-22-6300)
ホームページ
http://www.hasedera.jp/index2.html

黒地蔵縁日
開催場所
覚園寺
アクセス
■バス JR・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から京急バス[鎌20・4番]「大塔宮」行きで約10分「大塔宮」下車徒歩約10分
概要
覚園寺の地蔵堂に祀られている地蔵菩薩立像は、「黒地蔵」と呼ばれ8月10日が縁日。
縁日は、午前零時から行われる。
黒地蔵縁日では、本堂(薬師堂)の薬師如来像、日光・月光菩薩像、十二神将像など貴重な仏像を拝観することができる。
問合せ
覚園寺(0467-22-1195)
13日~15日 丸子山王祭
開催場所
日枝神社
アクセス
■電車 ・JR南武線「武蔵小杉」駅または「向河原」駅から徒歩約10分 ・東急東横線「新丸子」駅から徒歩約8分
概要
8月13日の宵宮、14日の例大祭斎行、15日の大神輿の渡御までの3日間、丸子を祭り気分一色に染める。
問合せ
日枝神社
TEL 044-422?3271
ホームページ
http://home.n06.itscom.net/hiejinja/
14日、15日 瓜生野の百八松明
開催場所
権現山山頂?馬場道?龍法寺
アクセス
■電車 ・小田急線「秦野」駅より徒歩約35分 ■バス ・小田急線「秦野」駅より神奈川中央交通バス【秦25】「曽屋弘法行き」にて「弘法山入口」下車、徒歩約10分
概要
弘法山の百八体松明は、毎年、旧盆の8月14日、15日(現在は14日のみ)の両夜行われる。
五穀豊穣、悪疫退散を祈願して、数百年前から続けられている伝統行事。
昭和52年には、市の無形民俗文化財に指定された。
この行事は、瓜生野地域の青年や子供達、約50人が2から3m余の麦わら松明を肩に、
山頂から掛け声もろとも下山する勇壮なもの。
問合せ
■ 秦野市観光協会
0463-82-8833

【メールでのお問い合わせ】
http://www.kankou-hadano.org/webmon.html
ホームページ
http://www.kankou-hadano.org/index.html
15日 宮ヶ瀬ふるさとまつり
開催場所
宮ヶ瀬湖畔園地内
アクセス
■バス ・小田急線「本厚木」駅より神奈川中央交通バス「宮ヶ瀬」行き終点下車。 ・JR線/京王線「橋本」駅より神奈川中央交通バス「鳥居原ふれあいの館」行き終点下車から徒歩約30分。 ■車 ・東名高速(厚木IC)→国道129号→県道60号(飯山経由)→県道64号 厚木ICから約50分  ・東名高速(厚木IC)→国道129号→県道514号線→県道64号  厚木ICから約50分 ・中央自動車道(相模湖IC)→国道20号→国道412号→県道513号→県道64号 相模湖ICから約50分 
概要
全長250mのナイアガラをはじめ、夜空と花火の鮮やかなコントラストが楽しめる。
お囃子などのイベントも開催され夏の一夜を盛り上げる。
問合せ
宮ヶ瀬ふるさとまつり実行委員会
TEL 046-288-2888
ホームページ
http://www.miyagase.com/

相模薪能
開催場所
寒川神社
アクセス
■電車 JR相模線「宮山」駅から徒歩約5分 ■車 ・圏央道「海老名IC」から約16分 ・東名高速道路「厚木IC」から約18分 ・小田原厚木道路「伊勢原IC」から約18分 ・新湘南バイパス「茅ヶ崎中央IC」から約13分
概要
終戦記念日に因み、世界の平和を祈念し、昭和45年より始められた。なお演能に先だち、相模薪能奉告祭が行われる。
問合せ
寒川神社 社務所 電話0467-75-0004(代表)
ホームページ
http://samukawajinjya.jp/index.html
16日 箱根強羅夏まつり大文字焼
開催場所
■箱根町強羅地区  ■強羅温泉
アクセス
■電車 ・箱根登山鉄道「強羅」駅から徒歩すぐ ※車での来場不可
概要
通称大文字山とよばれ、正しくは箱根外輪山の一つ、標高924mの明星岳。
8月16日に行われる強羅温泉の大文字焼は大正10年避暑客の慰安から起ったものだが、
うら盆の送り火として全山の有縁無縁の精霊に対しての冥福も併せて祈られる。
問合せ
■箱根強羅観光協会
0460-82-2300

■箱根町総合観光案内所
0460-85-5700

大施餓鬼会
開催場所
円応寺
アクセス
■電車 JR「北鎌倉」駅から徒歩約17分
概要
地獄で苦しんでいる餓鬼を供養する。
問合せ
円応寺(0467-25-1095)

金沢海岸灯篭流し
開催場所
安立寺
アクセス
■電車 ・京浜急行線「金沢八景富岡」駅から徒歩約10分
概要
安立寺で開催される「金沢海岸灯篭流し」
問合せ
安立寺
TEL 045-701-7597
ホームページ
http://www.yokohama-kanazawakanko.com/event/

小倉橋灯ろう流し
開催場所
小倉橋下河原
アクセス
■バス ・JR横浜線・相模線、京王線「橋本駅」から「三ヶ木(新小倉橋経由)」行きバス(橋03系統)、「宮原」下車、徒歩3分。 ・JR横浜線・相模線、京王線「橋本駅」から「小沢」行きバス(橋05系統)、「小倉」下車、徒歩1分。 ・JR横浜線・相模線、京王線「橋本駅」から「鳥居原ふれあいの館」行きバス(橋07系統)、「小倉」下車、徒歩1分。
概要
小倉橋で、毎年8月16日に行われている。
紙製灯ろう約500個を、先祖・故人の供養や願いを込めて相模川に放流する。
クライマックスには花火が上がり、灯ろうに込めた人々の想いを、華やかに照らしだす。
この時期には新旧小倉橋のライトアップも行われているため、橋のライトと灯ろうの淡い光が重なりあって、幻想的な光景が広がる。
問合せ
城山観光協会(城山経済観光課内) 
TEL:042-783-8065
ホームページ
http://www.tsukui.ne.jp/skk/
18日 桜観音大般若
開催場所
宝寿院
アクセス
■電車 小田急線「新松田」駅、またはJR御殿場線「松田」駅から徒歩約20?30分 ■バス 小田急線「新松田」駅、またはJR御殿場線「松田」駅から「山北西丹沢」行き、または「アサヒビール園」行きで約10分「松田山入口」下車すぐ
概要
桜観音の通称で親しまれて参りました十一面観世音菩薩、日頃は扉を閉ざしているが、開扉して大般若経六百巻転読法要を修行してじょ除災招福や家内安全を祈願する。
この観音様はその昔松田庶子の人々が護持してきたが、近年流入人口が増え、自治会が観音様を護持していくのは難しいこともあって宝寿院に管理が委譲された。

※この観世音菩薩像は大和の長谷寺、鎌倉の長谷寺のご本尊と同じ楠の霊木で造られ、行基菩薩の作と伝えられていて、松田町の文化財第一号に指定されている。

問合せ
桜観音管理者(宝寿院住職)藤井 宏映
住所:松田町松田庶子1035
電話:0465?82?5852
19日 玉縄史跡まつり
開催場所
玉縄首塚(大船柏尾川沿い)
アクセス
■電車 JR「大船」駅から徒歩約5分
概要
玉縄首塚は、玉縄城主・北条氏時が1526(大永6)年に安房里見氏の鎌倉攻めの際に応戦し戦死した、渡内福原氏や大船甘粕氏一族35名を供養した塚。玉縄史蹟顕彰会の主催で戦死者を葬った首塚を供養する祭りが行なわれる。
問合せ
鎌倉市観光課(0467-23-3000)
19日~21日 夏期禅学会
開催場所
大雄山最乗寺
アクセス
■電車 ・JR東海道線・新幹線「小田原」駅から大雄山線「大雄山」駅下車徒歩約5分 ■車 ・東名「大井松田インター」から14km20分
概要
8月19日、20日、21日の2泊3日で坐禅を中心とした、修行生活を体験をする。
問合せ
■大雄山最乗寺
0465-74-3121
ホームページ
http://www.daiyuuzan.or.jp/
1日~3日 川崎山王祭
開催場所
稲毛神社
アクセス
■電車 ・JR線『川崎』駅から徒歩約10分 ・京浜急行線『京急川崎』駅から徒歩約10分
概要
稲毛神社は景行天皇との縁を伝える川崎の古社。
江戸時代までは「河崎山王社」と呼ばれ、東海道川崎宿の鎮守であった。
川崎山王まつりは「孔雀」「玉」と呼ばれる男女2基の神輿の渡御を中心に行われ、
そこには、神の結婚、懐妊、御子神の誕生というストーリーが隠されている。
問合せ
稲毛神社
TEL 044-222-4554
ホームページ
http://takemikatsuchi.net/index.html
20日 例祭
開催場所
鎌倉宮
アクセス
■電車 ・JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩約30分 ■バス ・「鎌倉」駅東口から「大塔宮」行きバスで約10分「大塔宮」下車徒歩約1分 ■車 ・横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約15分
概要
ご祭神 護良親王のご薨去の日をもとに定められた鎌倉宮最大の祭典。(10:00より)
前日には「例祭 前夜祭」が16:00より行われる。
問合せ
・鎌倉宮社務所
0467-22-0318(受付時間09:00?16:00)
ホームページ
http://www.kamakuraguu.jp/index.html
22日 島崎藤村忌
開催場所
地福寺
アクセス
■電車 JR東海道線「大磯」駅から徒歩約5分
概要
明治・大正・昭和と三代に渡って活躍した文学者・島崎藤村は、昭和16年1月14日、左義長を見に来磯し、温暖な大磯の地が非常に気に入り、昭和18年8月22日に71歳で永眠するまでの間の2年余りを大磯で過ごした。
島崎藤村忌は、昭和43年まで小奈春夫氏を中心に、藤村愛好者が開催していたが、平成元年から大磯町観光協会の主催により実施している。

例年地福寺の境内にある墓前で法要が行われる。(雨天の際は本堂の中にて行われる)
故島崎藤村を偲び、大勢の方が参列し、地福寺・ご住職により回向(えこう)が行われる。
問合せ
大磯観光案内所(0463-61-3300)
23日、24日 板橋地蔵尊大祭
開催場所
宗福院
アクセス
■電車 ・箱根登山鉄道「箱根板橋」駅から徒歩約10分
概要
板橋地蔵尊の大祭には、旧東海道の町並みの両側に多数の露店が軒を連ね、
善男善女のお参りで賑わう。
また、この日に詣でると、亡くなった身内の人と瓜二つの顔の人に会えるといわれている。


(冬の開催は毎年1月23日、24日)
問合せ
■香林寺(ケイリンジ) TEL:0465-22-7240

■小田原市観光課 TEL0465-33-1521
  ※メールでのお問い合わせは、観光課のホームページから「お問い合わせフォーム」にて受付。
ホームページ
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/event/JAN/ojizosan1.html
25日 仙石原すすきまつり
開催場所
仙石原文化センター/すすきの原アリーナ
アクセス
■バス 箱根登山鉄道「箱根湯本」駅から「湖尻桃源台」行きバスで約40分「仙石原文化センター前」下車徒歩約1分 ■車 東名高速道路「御殿場I.C」から約40分
概要
仙石原文化センター広場の特設会場にて、毎年8月25日に行われ、歌謡ショーや民族芸能等のイベントで賑わいます。
問合せ
仙石原乙女観光案内所
TEL 0460-84-8301
ホームページ
http://www.sengokuhara.info/event.html
27日~29日 阿夫利神社秋季例大祭
開催場所
大山阿夫利神社下社
アクセス
■バス ・小田急線「伊勢原」駅北口より神奈川中央交通バス4番線「大山ケーブル駅行き」で約30分 ■車 ・東名「厚木IC」および「秦野中井IC」より約30分 ・小田急厚木道路「伊勢原IC」より約20分  
概要
毎年8月27日から3日間、神さまの光臨を模した神幸行列が阿夫利神社下社で行われている。
奈良春日大社伝承の倭舞、巫子舞が奉納され、大山に夏の終わりと秋の訪れを告げる。
問合せ
■阿夫利神社 社務局
〒259-1107
神奈川県伊勢原市大山355
TEL:0463-95-2006
FAX:0463-96-6167
ホームページ
http://www.isehara-kanko.com/
27,28日 城山夏祭り
開催場所
川尻八幡宮周辺
アクセス
■バス ・JR横浜線・相模線、京王線「橋本駅」から「三ヶ木」行きバス(橋01系統)、「城山総合事務所入口」下車、徒歩15分。
概要
毎年、8月27日・28日に開催される歴史と伝統の川尻八幡宮の夏祭り。
27日の神幸祭は白装束の男たちが御輿を担ぎ、朝から旧川尻村地区を練り歩きます。
夜10時頃には各地を渡御してきた御輿が境内に集まる。
28日の午前中には祭事が、午後には露天が立ち並びにぎわいを増す。
夕暮れに各地域のお囃子連の山車が出て、地域の特色ある祭囃子を奏でる。
問合せ
川尻八幡宮 
TEL:042-782-4512
ホームページ
http://park19.wakwak.com/~hotaru/kawasirihatimannguu.htm
2日 芦ノ湖夏まつりウィーク 【箱根園サマーナイトフェスタ】
開催場所
箱根園湖上
アクセス
■電車・バス ・「小田原」駅から「箱根園行」のバスで約1時間20分、「終点」下車 ■車 ・東名「御殿場IC」から約50分
概要
7月31日から6日間にわたり、芦ノ湖湖畔周辺を舞台に、連夜開催されるおまつり(芦ノ湖夏まつりウィーク)。

8月2日には箱根園サマーナイトフェスタがあり、約2000発が打ち上げられる花火大会や、ショーなどが繰り広げられる。

8月1日箱根神社御鎮座1254年例大祭、2日御神幸祭、3日駒形神社例祭、4日湖尻龍神祭、5日鳥居焼まつりが行われる。
7月31日、8月2日・4日・5日の夜には、花火大会が開催される予定(8月3日は花火なし)。
問合せ
■箱根町総合観光案内所
0460-85-5700
2日、3日 湯河原やっさまつり
開催場所
■湯河原小学校?桜木公園前(1日目) ■さがみ信用金庫かじや支店?本町通り:幕山公園通り(2日目)
アクセス
■電車 ・JR「湯河原」駅から徒歩15分
概要
音楽隊や花車(だし)、神輿とともに芸妓衆や老若男女約2500人が
「やっさもっさ」の掛け声も高らかに湯河原温泉街を踊り歩く。
2日目に行われる海上花火大会が華を添える。
問合せ
■湯河原町観光課
0465-63-2111
3日 太閤ひょうたん祭
開催場所
富士屋ホテル・菊華荘上駐車場
アクセス
■電車 箱根登山鉄道「宮ノ下」駅から徒歩約8分 ■バス 箱根登山鉄道「箱根湯本」駅から「箱根町・元箱根」もしくは「桃源台」行きバスで約20分「ホテル前」下車徒歩約3分
概要
天正18年(1589年)太閤秀吉が小田原城を攻めた時、持久戦の構えをとった秀吉は、大茶会のほかに、宮ノ下温泉に近い底倉、蛇骨川流域に湧き出る温泉を利用して将兵をなぐさめたという故事に基づき開催される祭。底倉の蛇骨川にある太閤の石風呂の前で神事を行い、夕方から会場では芸能人によるショーなどが催される。正面の明星ヶ岳中腹にある巨大な装飾のひょうたんの形が夜空に浮かび上がり花火が打ちあげられ見物客の目を楽しませる。
問合せ
宮ノ下観光案内所 
TEL0460-82-1311

湯河原温泉海上花火大会
開催場所
湯河原海水浴場
アクセス
■電車・バス ・JR「湯河原」駅からバスで15分、「海の家」バス停下車徒歩すぐ ※車での来場不可
概要
海水浴場沖合いの2隻の台舟から打ち上げる。
300m級のスターマインが夜空を華やかに彩る。
問合せ
■湯河原町観光課
0465-63-2111

■湯河原駅前観光案内所
0465-63-4181
4日 芦ノ湖夏まつりウィーク 【湖尻龍神祭】
開催場所
■芦ノ湖湖畔(湖尻地区)  ■湖尻湖上
アクセス
■バス ・「小田原」駅から「湖尻」行きまたは「箱根園」行きのバスで約60分、「湖尻」下車すぐ。 ・「小田原」駅から「桃源台」行きのバスで約60分、終点下車徒歩約10分。
概要
7月31日から6日間にわたり、芦ノ湖湖畔周辺を舞台に、連夜開催されるおまつり(芦ノ湖夏まつりウィーク)

8月4日には芦ノ湖の守護神・九頭龍明神のお祭りである「湖尻龍神祭」が行われ、
神事のあとの篝火の中で約2500発が打ち上げられる花火大会がある。

8月1日箱根神社御鎮座1254年例大祭、
2日御神幸祭、3日駒形神社例祭、4日湖尻龍神祭、5日鳥居焼まつりが行われる。
7月31日、8月2日・4日・5日の夜には、花火大会が開催される予定(8月3日は花火なし)。
問合せ
■箱根町総合観光案内所
0460-85-5700
6日 千波屋 納涼会
開催場所
茅ヶ崎館
アクセス
■電車 JR東海道本線「茅ヶ崎」駅南口から徒歩約20分 ■バス JR東海道本線「茅ヶ崎」駅からコミュニティバス「えぼし号」で約10分「サザン通り中央」下車徒歩約3分 ■車 東名高速「厚木IC」から約40分
概要
「食」「芸」「遊」「美」を軸に、茅ヶ崎館ならではの雰囲気の中で味わえる様々なプログラムを用意した夏祭り。
2011年より開催のため。開催の有無及び日程は要問合せ。
問合せ
茅ヶ崎館(0467-82-2003)
ホームページ
http://www.chigasakikan.co.jp/index.htm

平塚八幡神事能
開催場所
平塚八幡宮
アクセス
■電車 JR東海道線「平塚」駅北口から徒歩約10分
概要
毎年8月6日は平塚八幡で神事能(野外能)がある。
この日は広島に原爆が投下され、多くの方が命を落とされた日で、その亡くなった方の魂を慰霊すると共に世界の平和を祈って薪能が催される。


問合せ
平塚八幡宮(0463-23-3315)
ホームページ
http://www.hachiman.org/new/
6日、7日 子ども禅のつどい
開催場所
大雄山最乗寺
アクセス
■電車 ・JR東海道線・新幹線「小田原」駅から大雄山線「大雄山」駅下車徒歩約5分 ■車 ・東名「大井松田I.C」から14km20分
概要
8月6日、7日の1泊2日でお寺の生活を体験。
毎年大勢の子供達が朝5時から坐禅や掃除など修行僧と共に一日を過ごす。
参加対象は小学3年生から中学3年生までであるが、保護者の参加も可。
問合せ
■大雄山最乗寺
0465-74-3121
ホームページ
http://www.daiyuuzan.or.jp/
8月17日 皇大神宮人形山車
開催場所
皇大神宮
アクセス
■バス ・JR藤沢駅北口より高山車庫行きバス5分 ■徒歩 ・JR藤沢駅北口より徒歩17分。
概要
毎年8月17日の例祭には、9基の盛装した人形山車の参進は盛観で、藤沢市重要有形民俗文化財に指定されている。又、神奈川の民族芸能として県の指定があり、更に例祭そのものが「かながわのお祭り50選」に選定されている。例祭に引き続いて、湯華神楽(市無形文化財)の奉納もあり、大勢の参拝者で賑わう県内屈指のおまつりである。
問合せ
皇大神宮社務所 
TEL:0466-24-5590        
ホームページ
http://www.koudaijinguu.com/#
9日 実朝祭(ぼんぼり祭)
開催場所
鶴岡八幡宮
アクセス
■電車 JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩15分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約20分
概要
ぼんぼり祭は、毎年8月に立秋の前日から9日までの3日間(年により4日間)行われる、鎌倉の夏の風物詩ともいえるお祭。
期間中、立秋の前日には夏の祓いである夏越祭、立秋当日には暦の上での秋の訪れを奉告する立秋祭、そして源実朝公の誕生日である9日には実朝祭が執り行われる。
境内には鎌倉在住の文化人をはじめ各界の著名人が揮毫した書画約400点がぼんぼりに仕立てられ、参道に並ぶ。 夕刻になるとぼんぼりに灯りがともされ、境内は夜まで賑わう。

源実朝公の誕生日に執り行うお祭で、昭和17年より始められた。実朝公の遺徳をしのぶとともに、文芸に優れた公にちなみ、ぼんぼり祭中には俳句会、短歌会が催される。
問合せ
鶴岡八幡宮(0467-22-0315)
ホームページ
http://www.hachimangu.or.jp/

延命寺四万八千日(縁日)
開催場所
延命寺
アクセス
■電車 ・小田急線「新松田」駅から徒歩約5分 ・JR御殿場線「松田」駅から徒歩約5分 ■車 ・東名高速道路「大井松田IC」から約5分
概要
一度のお参りで4万8千日お参りしたのと同じご利益があるといわれる同例祭。例祭の日にあたる8月9日は毎年善男善女が境内に溢れる。

問合せ
延命寺(0465-82-0401)

金目観音の四万八千縁日
開催場所
光明寺
アクセス
■電車 小田急「鶴巻温泉」から徒歩約50分 ■バス ・JR東海道線「平塚」駅から「秦野駅」行きバスで約20分「金目」下車徒歩約3分 ・小田急「秦野」駅から「平塚駅」行きバスで約20分「金目」下車徒歩約3分 ■車 東名高速道路「秦野中井IC」から約20分
概要
午後より法要、夜は盆踊りと神輿渡御が行われる。
問合せ
光明寺(0463-58-0127)
9日、10日 飯泉観音四万八千日
開催場所
飯泉山勝福寺
アクセス
■電車・バス ・「小田原」駅から「新松田・下曽我駅行き」バス「飯泉橋」下車徒歩約10分
概要
観音様の縁日にあたり、この日にお参りすれば4万8千日分のご利益があるといわれている。
問合せ
■飯泉山勝福寺
0465-47-3413
お盆明けの土日 湘南茅ヶ崎ビーチパーティ「エンドレスサマー」
開催場所
サザンビーチ
アクセス
■電車 JR東海道線「茅ヶ崎」駅南口から徒歩約20分 ■バス JR東海道線「茅ヶ崎」駅南口から37番系統「浜見平団地行」バスで約8分「海水浴場前」下車すぐ ■車 東名高速道路「厚木IC」から約30分
概要
夏の湘南「サザンビーチ」で水着のまま裸足になって踊れる音楽フェスティバル。
裸足になって踊る開放感・楽しさを通じて「海を美しく保つ事、守る事を広く伝える」をテーマに多くの有志達、自治体、様々な組合によって2009年よりスタートしたビーチパーティ。

ライブの他にも、オーガニック素材の衣類にアジアン雑貨、民族楽器にカヤックなど、サザンビーチサマーマーケットも同時開催。
様々な国の雑貨、楽器、ハンドメイドアクセサリー、オーガニック素材のアパレル、マッサージまで沢山のお店が「サザンビーチサマーマーケット」として開催する。
問合せ
エンドレスサマー 実行委員会
サザンビーチサーフハウス内 TEL・FAX 0467-58-4794
上中旬 ビーチバレー湘南
開催場所
鵠沼海岸ビーチバレーコート
アクセス
■徒歩 小田急江ノ島線 鵠沼海岸駅 徒歩約10分
概要
日本でのビーチバレー発祥の地、藤沢市鵠沼海岸にビーチバレーの愛好者を一堂に会して親睦の輪を広げ、ビーチバレーの普及と底辺の拡大を図るための大会。
問合せ
藤沢市鵠沼海岸サーフビレッジ内 
(社)藤沢市観光協会

TEL:0466-30-1696
ホームページ
http://www.fujisawa-kanko.jp/index.html
上旬 大井よさこいひょうたん祭 
開催場所
大井町役場駐車場と周辺道路 (役場前駐車場・けやき通り)
アクセス
■電車 ・JR御殿場線「上大井」駅から徒歩約10分   ■車 ・東名「大井松田インター」から約5分
概要
大井町が「ひょたんで町おこし」を掲げているのは、
JR御殿場線「上大井」駅がひょうたんの 駅として知られているからで、
これは駅員さんがまだ常駐していた時代に、西日よけ として植えたのがはじまりとか。

大井町の夏を彩るこの祭りは、土曜日を前夜祭、日曜日を本祭として開催される。
前夜祭では、キャラクターショーを始め年齢を問わず楽しんでいただけるイベントを実施。
また本祭では1000人を超える踊り手が、よさこい節の軽快なリズムに乗って、
華やかに飾りつけられた会場を所狭しと踊りまわる。
問合せ
■大井町地域振興課
0465?85?5013
ホームページ
http://www.town.oi.kanagawa.jp/kanko/event/yosakoihyoutan/index.html

青龍祭
開催場所
清川村運動公園(本祭)
アクセス
■バス ・小田急線「本厚木」駅より神奈川中央交通バスで「宮ヶ瀬」又は「上煤ヶ谷」行きで「別所温泉入口」下車。
概要
青龍太鼓の連打の中、雄雌2頭の龍が子どもを始め多くの人たちに担がれて会場内を所狭しと練り歩く。
一番の見所は、最後の龍の昇天の儀式。
打ち上げる花火、青龍太鼓の連打によって祭りの雰囲気が大きく盛り上がる中、人々の願いを込めた祈願札を体中につけた龍に点火し、豪壮に昇龍する。
問合せ
青龍祭実行委員会
TEL 046-288-1215
ホームページ
http://www.town.kiyokawa.kanagawa.jp/

朝顔展
開催場所
三溪園
アクセス
■電車、バス ・「根岸駅」より、1番乗り場《市バス58・99・101系統》10分、「本牧」下車後、徒歩7分。 ・「桜木町駅」より、2番乗り場《市バス8・148系統》約25分、「本牧三溪園前」下車後、徒歩約5分。 ・「横浜駅」東口より、2番乗り場《市バス8・148系統》約35分、「本牧三溪園前」下車後、徒歩約5分。 ・「元町・中華街駅」4番出口より、山下町バス停《市バス8・148系統》約15分、「本牧三溪園前」下車後、徒歩約5分。 ※横浜発、横浜市営バス8系統および148系統のバスは、桜木町、山下町を経由して走行。 ※「本牧三溪園前」バス停は、みなとぶらりチケットの適用区間外のため、要注意。 ■車 ・東京銀座・羽田方面から…ベイブリッジ経由、「本牧埠頭ランプ」利用。ランプを降りたら道なり、T字路にあたったら左折し、「本牧元町入口」右折。 ※次の「三渓園ランプ」は、下り車線からは下りられないため要注意。 ・東名横浜町田方面(保土ヶ谷バイパス「狩場IC」経由)や第三京浜自動車道路から…「石川町IC」を経由し「新山下ランプ」を利用。ランプを降りたら道なり。「B突堤入口」を右折し、T字路にあたったら左折、「本牧元町入口」右折。 ・横須賀・金沢方面から…「並木IC」経由、「三渓園ランプ」を利用。ランプを降りたら道なり、「本牧元町入口」左折。
概要
あんどん作り、らせん作り、切込み作りなどの朝顔を展示。
会期中には、押し花教室や園芸相談も開催。
問合せ
三溪園
TEL 045-621-0635
ホームページ
http://www.sankeien.or.jp/

若宮八幡宮夏祭り みこし連合渡御
開催場所
若宮八幡宮
アクセス
■電車 ・京浜急行大師線「川崎大師」駅下車徒歩約1分
概要
各氏子町内会の御神輿が若宮八幡宮境内に集合し、川崎大師平間寺まで連合渡御(神輿のお山入り)を行う。
問合せ
若宮八幡宮
TEL 044-222-3206
ホームページ
http://tomuraya.co.jp/wakamiya.htm

世界一大きい金魚すくい
開催場所
藤沢駅北口周辺
アクセス
■徒歩 藤沢駅北口、徒歩5分
概要
2008年にギネス認定されました。以後、毎年規模を拡大し、ギネス認定を保持しています。今では約50,000人が来場するビッグイベントとなり、藤沢市の夏の風物詩となっている。
全長63メートル 、金魚45,000匹、めだか10,000匹、どじょう2,000匹 (2011年)
ポイ1回200円(お得なセット・1,000円で6回)
問合せ
藤沢銀座土曜会事務局
TEL:0466-22-6850
ホームページ
http://www.doyokai.com/index.shtml

鳥居焼まつり
開催場所
芦ノ湖箱根湖畔
アクセス
■バス ・「小田原」駅か「箱根町」行きバスで約60分、「箱根町」または「関所跡」下車すぐ。 ■車 ・西湘バイパス「箱根口IC」から約25分。
概要
湖上に浮かぶ約6mの2基の大鳥居を燃やすほか、
灯籠や花火が湖面を彩り、華麗な火と水の祭典を演出する。
問合せ
■箱根町総合観光案内所
0460-85-5700

お馬流し
開催場所
本牧神社
アクセス
■バス ・JR根岸線「根岸」駅より1番バス乗車(全系統)「三の谷」下車徒歩約3分 ・横浜駅東口より2番乗場58系統または4番乗場105系統「三の谷」下車徒歩約3分。
概要
400年以上の伝統を誇る神事。
茅で作られた馬首亀体の「お馬(おんま)」6体を神社に迎え、
翌日船の形をした車に乗せ氏子町内を回り、災厄を託し海に流す。
問合せ
本牧神社社務所
TEL 045-621-7611

湘南ひらつか花火大会
開催場所
湘南潮来(相模川河口)
アクセス
■電車 JR東海道線「平塚」駅から徒歩約20分 ■バス ・JR東海道線「平塚」駅から「須賀港」行きバスで約10分「札の辻」または終点下車徒歩約7分 ・JR東海道線「平塚」駅から「茅ヶ崎駅」行きまたは「馬入橋経由東八幡工業団地」行きバスで約20分「馬入橋」下車徒歩約10分
概要
スターマインをはじめ、手筒花火や水中花火、和火・だるま型の花火など約3000発が夏の夜を彩る。
また、祈願する言葉を花火に託す「願かけ花火」や、手筒花火も実施される。
問合せ
平塚市商業観光課
〒254-8686 神奈川県平塚市豊原町2番14号 豊原分庁舎2号館1階
代表電話番号:0463-23-1111  ファクス番号:0463-35-8125
直通電話番号:0463-35-8107

虫の音を聞く会
開催場所
掃部山公園
アクセス
■電車 ・JR線「桜木町」駅から徒歩約15分
概要
伝統芸能や茶道に通じた文化人である井伊掃部頭をしのび、野点や琴、尺八を楽しむ夏の風物詩として、
昭和40年から区民に親しまれている。
問合せ
事務局(地域振興課内)
TEL 045-320-8389 
ホームページ
http://www.city.yokohama.lg.jp/nishi/

三浦海岸納涼祭り
開催場所
三浦海岸
アクセス
■電車 ・京浜急行三浦海岸駅から徒歩5分 ■車 ・横浜横須賀道路佐原ICから国道134号経由で7km
概要
夏本場の三浦海岸海水浴場で繰り広げられるこの花火大会は、約3,000発もの花火が次々と打ち上げられ、海面を美しいイルミネーションで染め上げる。
三浦海岸の花火は、水中花火の愛称「水中孔雀」とスターマインの競演が一番の見所で、広い砂浜に座ってゆっくり見ることができる。

問合せ
(社)三浦市観光協会
TEL:046-888-0588
ホームページ
http://www.city.miura.kanagawa.jp/shoukou/hanabi1.html

ふるさとやまと夏まつり
開催場所
大和駅プロムナード
アクセス
■電車 ・小田急江ノ島線・相鉄線「大和」駅下車すぐ
概要
阿波おどりや、よさこい、各地の盆踊り、ライブなどが楽しめる。
問合せ
ふるさとやまと夏まつり実行委員会
TEL 046-261-5331
ホームページ
http://www.yamato-kankou.com/event/

大塚ふるさとまつり
開催場所
東柏ヶ谷近隣公園
アクセス
■電車 相模鉄道「さがみ野」駅から徒歩約5分
概要
盆踊り、抽選会、はやし、日本舞踊、各種模擬店等が出店。
問合せ
海老名商工会議所(046-231-5865)

さがみ湖湖上祭花火大会
開催場所
相模湖湖畔(県立相模湖公園前)
アクセス
■電車 ・JR中央本線「相模湖駅」から徒歩約約10分。 ■車 ・中央高速道相模湖東インターから2キロ(下り線出口専用)または相模湖インターから4キロ
概要
昭和23年、湖に関係して亡くなられた方々の慰霊と湖の安全を願うために始められた歴史ある花火大会。
打上げ数は5000発。
尺玉・尺五寸玉・スターマイン・ナイアガラなど多数の種類の花火が打ち上げられる。
周囲が山に囲まれているので音が身体に響き、光が湖面に映え、素晴らしい音と光の芸術を繰り広げる。
(2010)
問合せ
相模湖観光協会 
TEL:042-684-2633
ホームページ
http://www.e-sagamihara.com/

橋本七夕まつり
開催場所
橋本七夕通り ほか
アクセス
■電車 ・JR横浜線・相模線、京王線「橋本駅」下車、徒歩約1分。
概要
昭和27年、商店街振興のために始まった地域一帯型の七夕祭り。
歩行者天国となる七夕通りを中心に、様々なイベントが開催される。
見どころは、地域の学生・団体などが制作する約200本の美しい竹飾り。
毎年、趣向を凝らしたユニークな作品を見ることができ、 昭和57年には「かながわのまつり50選」の一つにも選ばれた。
問合せ
相模原市観光協会 
TEL:042-769-8236
ホームページ
http://www.hashimototanabata.info/

ひかり祭り
開催場所
牧郷ラボ(旧牧郷小学校)
アクセス
■バス ・JR中央本線「藤野」駅から「奥牧野」行きバス(野05系統)、「大鐘」下車、徒歩約1分。  ※バスの本数が少ないため必ず確認してからご来場ください。
概要
2003年に閉校した旧牧郷小学校を再生した「牧郷ラボ」で行われる。
360度ぐるりとライトアップされた会場は、静かな里山の風景を一変させる。
藤野さつき学園と「牧郷ラボ」に在籍する芸術家達が中心となり、各々の活動報告展示や歌、パフォーマンス、ワークショップなどユニークなプログラムを実施している。
当日は、地域の人々による出店も出回り、地野菜を使ったスローフードなどが楽しめる。

問合せ
藤野まちづくりセンター 
TEL:042-687-2117
ホームページ
http://makisato.jp/

東林間サマーわぁ!ニバル
開催場所
東林間駅前大通り(シャンテ大通り)ほか
アクセス
■電車 ・小田急線「東林間」駅から徒歩約1分。
概要
東林間サマーわぁ!ニバルは、平成4年度に地域の振興と交流を目的として始められたイベントで、 阿波踊り全般(いきいきしたちびっこ連の踊り、可憐な女踊り、激しい男踊り等)を中心として、 商店街による模擬店なども行われる。
地元阿波踊り4連のほか、本場徳島や東京の高円寺など友好連の参加もあり、また、飛び入り大歓迎の「にわか連」など、 踊り手のみならず、イベントに訪れる方々皆が参加でき楽しむことができる。
問合せ
東林間サマーわぁ!ニバル実行委員会 
TEL:042-742-4832

相模原市観光協会 
TEL:042-769-8236
ホームページ
http://higashirinkan-awaodori.com/

座間キャンプ日米親善盆踊り大会
開催場所
在日米陸軍キャンプ座間
アクセス
■電車 ・第1ゲート(正面)  小田急線「相武台前駅」から徒歩約15分。  JR相模線「相武台下駅」から徒歩約15分。 ・第4ゲート  小田急線「相武台前駅」から徒歩約10分。 ■バス ・第1ゲート  小田急線「相武台前駅」から「磯部」行きバス(台06系統)、「座間キャンプ前」下車、徒歩約1分。  小田急線「相武台前駅」から「原当麻」行きバス(台14系統)、「座間キャンプ前」下車、徒歩約1分。
概要
座間キャンプ日米親善盆踊り大会では、盆踊りのほか、バンド演奏、日米交流スポーツ試合、大道芸、エンターテイメント、子供向けゲームコーナー、花火大会(午後8時30分開始)などが楽しめる。
また、食べ物、飲み物など各種ブースも出店する。
※入場時に身分証明書の提示をお願いすることがあります。
 ゲートでの持ち物検査のため、入場に時間がかかることがありますので、あらかじめご了承ください。
 保安上、以下の物は会場への持ち込みが禁止されています。

 【持ち込み禁止物品】
 ・アルコール類
 ・スケートボード、キックボード、自転車
 ・ビン類、ガラス類(哺乳ビンは除く)
 ・大きなバッグ、リュックサック
 ・クーラーボックス
 ・ペット
問合せ
キャンプ座間
TEL:046-251-1788
ホームページ
http://www.e-sagamihara.com/
上旬、9月下旬 藤沢宿・遊行の盆
開催場所
遊行寺、藤沢市周辺商店街
アクセス
■バス ・藤沢駅北口2番のりば「戸塚バスセンター行き(戸81、船65、藤54)」、「藤沢橋」下車5分 ■徒歩 ・藤沢駅北口より15分
概要
盆踊りのルーツといわれている「踊り念仏」ゆかりの地である時宗総本山遊行寺(ゆぎょうじ)で行なわれるイベント。
西富ばやし、踊り念仏、きやり、ゆかたコンテスト、あいさつ(会長・御上人・公民館)、市民大盆踊り大会、盆踊り(前半)、西馬音内盆踊り・じゃんがら念仏踊り、盆踊り(後半)など。
問合せ
藤沢宿・遊行の盆実行委員(藤沢商工会議所内)
TEL0466-27-8888

上旬(2011年は1月) あつぎ鮎まつり
開催場所
相模川、中津川、小鮎川の三川合流点
アクセス
■電車 ・小田急小田原線「本厚木駅」より徒歩約15分 ■車 ・東名高速厚木ICより約15分
概要
県央最大イベントの一つである「あつぎ鮎まつり」は、「かながわのまつり50選」のひとつに数えられ、10,000発の大花火大会や前夜祭、パレードをはじめ、みこしショーなど市民参加の催しものが3日間にわたり繰り広げられる。
夏の夜空を彩る花火大会の日には、祭りも最高潮に達し、毎年50万人以上の見物客で大変にぎわっている。

問合せ
あつぎ鮎まつり実行委員会 厚木市観光協会
TEL: 046-228-1131
ホームページ
http://www.atsugi-kankou.jp/
下旬 よこすか開国祭(花火大会)
開催場所
うみかぜ公園他
アクセス
■電車 ・京浜急行本線横須賀中央駅東口より徒歩15分 ・JR横須賀線横須賀駅より徒歩20分 ■車 ・横浜横須賀道路横須賀ICから約10分
概要
神奈川県横須賀市で開催される「2011よこすか開国祭」のメインイベントの一つ。
4000発の多彩な花火が、真夏の夜空を華やかに彩る。

問合せ
横須賀市観光協会
TEL:046-822-8301
ホームページ
http://yokosuka-kanko.com/index.html

あしがら花火大会
開催場所
■酒匂川町民親水広場  ■開成水辺スポーツ公園
アクセス
■電車 ・JR御殿場線「松田」駅、または小田急線「新松田」駅から徒歩約5分
概要
松田町と開成町の合同で開催される花火大会。
両岸から酒匂川を挟むように観覧場所が設けられ、
河川敷から夜空を飾る約1500発の花火を楽しめる。

当日、松田町ではまつだ観光まつりが同時開催される。
ステージイベントや町内約2kmのコースを練り歩く大名行列、百八ッ火が点火されるなどお祭ムード満点。
広場には露店も並び、賑やかに晩夏を彩る。

【打上開催時間】 20:00?20:40 ※荒天の場合は翌日に順延
問合せ
■松田町観光協会
0465-85-3130
ホームページ
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/~matsuda/

鶴見川花火大会
開催場所
佃野町
アクセス
■電車 ・JR京浜東北線「鶴見」駅から徒歩約15分
概要
市内唯一級河川・鶴見川での花火大会
問合せ
鶴見川サマーフェスティバル実行委員会
TEL 045-521-8288
ホームページ
http://tsurumigawa.com/

まつだ観光まつり
開催場所
■酒匂川町民親水広場  ■開成水辺スポーツ公園
アクセス
■電車 ・JR御殿場線「松田」駅、または小田急線「新松田」駅から徒歩約5分
概要
1977年から始まった松田町の夏の風物詩。
会場ステージでは、各種イベントが行われる。
町内では、大名行列他のパレード、19:00には伝統行事「百八ッ火」の松明が点火され、闇夜に幻想的な灯りが揺れる。
露店が軒を連ねる広場では、開成町と合同で開催されるフィナーレの花火大会も観覧できる。
問合せ
■松田町観光協会
0465-85-3130
ホームページ
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/~matsuda/

百八ッ火
開催場所
松田山
アクセス
■電車 ・小田急線「新松田」駅から徒歩約25分 ・JR御殿場線「松田」駅から徒歩約15分 ■車 ・東名「大井松田IC」より車で約5分
概要
太陽が西に傾きかける頃、松田山のいただきに松明がともる。その昔、松田城落城の時、農民たちが落武者たちを導くためにたいた送り火とも、五穀豊穣を願う農民達の祈りともいわれている。一本一本の松明は、祈りをささげる一人一人の”手”……「百八ッ火」と書いて、「ひゃくはって」と読む由縁はここにあるのかもしれない。この百八ッ火と花火大会を中心に、数々のアトラクションが行われる。ゆらゆらと叙情的な美しさを醸し出す松明のあかり、それとは対象的に華やかに夜空を彩る花火。8月下旬、松田の夏の終わりを告げる一大イベントである。
問合せ
松田町観光協会:0465-85-3130

逗子海岸花火大会
開催場所
逗子海岸
アクセス
■電車 ・JR横須賀線「逗子」駅徒歩10分 ・京浜急行線「新逗子」駅徒歩10分
概要
逗子のシンボルでもあるハーフマイルビーチ。
海岸に足を伸ばし、 リゾート気分にひたりながら楽しんで頂く花火と音の海。
ラスト10分間で5,000発以上の花火で逗子での思い出を提供。
問合せ
逗子市観光協会
TEL:046-873-1111 
ホームページ
http://www.zushitabi.jp/

湘南ねぶた
開催場所
六会日大前駅周辺
概要
本場青森の山車が登場。六会地区最大級のイベントとして定着している。
山車を引くのは、湘南地域振興会の若手会員や、亀井野町内会子ども会ら。

模擬店や屋台が開店、フラダンスや津軽三味線、ねぶた囃子など、多数なステージイベントが行われる。

問合せ
湘南ねぶた実行委員会
TEL:0466-81-7110
ホームページ
http://shonan-nebuta.com/

遊行寺薪能
開催場所
遊行寺
アクセス
■バス ・藤沢駅北口2番のりば「戸塚バスセンター行き(戸81、船65、藤54)」、「藤沢橋」下車5分 ■徒歩 ・藤沢駅北口より15分
概要
遊行寺で行われる薪能は藤沢の初秋の行事として親しまれている。
能や狂言などが見れる。
問合せ
遊行寺薪能実行委員会 事務局(事務局:三浦藤沢信用金庫 業務部内)
電話番号:0800-800-1516(フリーアクセス)
受付時間:平日9:00?17:00


ホームページ
http://www.jishu.or.jp/

大野もんじぇ祭り
開催場所
相模大野中央公園
アクセス
■電車 ・小田急線「相模大野駅」から徒歩約4分。
概要
フランス語で「食べる」という意味の『mange/モンジェ』の名を冠するこのイベントは、相模大野の飲食店を中心に「相模大野の夏の夕涼み」をテーマに平成17年に始まった。
プロのジャスミュージシャンによるライブ、料理を屋外で楽しむことができる。
問合せ
商業観光課 
TEL:042-769-9255
ホームページ
http://mangez.jp/

大島諏訪明神の獅子舞
開催場所
大島諏訪明神
アクセス
■バス ・JR横浜線・相模線、京王線「橋本駅」から「上大島」行きバス(橋33・36系統)、終点下車、徒歩10分 ・JR横浜線・相模線、京王線「橋本駅」から「相模川自然の村」行きバス(橋30系統・市コミュニティバス)、「渓松園前」下車、徒 歩15分。
概要
昔から親しまれ続いている貴重な民俗芸能で、昭和51年に神奈川県の無形民俗文化財に指定された。
剣獅子、巻獅子、雌獅子、鬼面、天狗、岡崎、笛と唄手によって構成され、舞踏の要素が取り込まれている事が特徴である。
剣獅子には文政12年(1829年)の修理の墨書があり、歴史と伝統が感じられる。
問合せ
相模原市教育委員会 文化財保護課 
TEL:042-769-8371
ホームページ
http://www.e-sagamihara.com/

下九沢御嶽神社の獅子舞
開催場所
下九沢御嶽神社
アクセス
■バス ・JR横浜線・相模線、京王線「橋本駅」から「上溝」行きバス(橋34系統)、「塚場」又は「下九沢」下車、徒歩約10分。 ・JR横浜線・相模線、京王線「橋本駅」から「水郷田名」行きバス(橋59系統)、「塚場」又は「下九沢」下車、徒歩約10分。
概要
地域伝統の民俗芸能として親しまれ、昭和51年に神奈川県の無形民俗文化財に指定された。
剣獅子・女獅子・巻獅子の三匹の獅子と、鬼形の面をかぶった岡崎、花笠2人、笛と唄手十数名により構成されている。
獅子舞に使われる太鼓の胴内には文政元(1818)年の墨書があり、伝統と歴史が感じられる。
問合せ
相模原市教育委員会 文化財保護課 
TEL:042-769-8371
ホームページ
http://www.e-sagamihara.com/

湘南ひらつか夏まつり
開催場所
平塚市中心商店街
アクセス
■電車 ・JR東海道線「平塚」駅北口下車 ■車 ・東名高速「厚木IC」から約30分 ・小田原厚木道路「平塚IC」から約20分
概要
湘南ひらつか夏まつりでは、様々なイベントや縁日コーナーにより中心街に賑わいを演出する。
恒例の「ちびっこ黒潮釣り大会」をはじめ、「太鼓フェスティバル」やあきんどが逸品を持ち寄った屋台等、過ぎ行く夏のひとときを楽しめる。

問合せ
平塚市役所商業観光課商業担当
電話番号:0463-35-8107(直通)

金沢まつり花火大会
開催場所
海の公園
アクセス
■電車 ・シーサイドライン「海の公園南口」駅、「海の公園柴口」駅または「八景島駅」から徒歩約2分 ■車 ・横浜横須賀道路 並木ICから国道357号線で約2.5kmまたは首都高速湾岸線 幸浦ICから国道357号線で約2.0km
概要
海の公園の広々とした浜辺に座って、間近に見上げる花火はなかなかの迫力。
問合せ
金沢区役所
TEL 045-788-7801
ホームページ
http://www.city.yokohama.lg.jp/kanazawa/

横須賀市西地区納涼花火大会
開催場所
自衛隊武山駐屯地
アクセス
■電車 ・京浜急行線「三崎口」駅から「横須賀」駅「市民病院」行きバスで「林」バス停下車 ・JR線「横須賀」駅、京浜急行線「横須賀中央」駅から長井・三崎方面行きバスで「林」バス停下車
概要
横須賀の夏の花火大会を締めくくる西地区納涼花火大会。
普段は入ることができない自衛隊武山駐屯地内で開催されることから、毎年、多くの人でにぎわっている。
駐屯地内の広いグランドを囲んで、飲食などの模擬店が多数出店。
花火フィナーレのスターマイン連発打上げは必見!
問合せ
市民部西行政センター

〒240-0101 横須賀市長坂1丁目2番2号 

TEL:046-856-3157
FAX:046-858-1055
メール:na-ci@city.yokosuka.kanagawa.jp
ホームページ
http://yokosuka-kanko.com/

ありま愛郷まつり
開催場所
海老名市立杉久保小学校
アクセス
■車 圏央道(さがみ縦貫道路)「海老名IC」から約10分
概要
商工会議所第3支部(南部地域)の会員事業所が実施するお祭り。
催物は、各種模擬店、フリーマーケット、盆踊り、はやし、子供向けイベント(青年部)など。
問合せ
海老名商工会議所(046-231-5865)
中旬 みうら夜市
開催場所
三崎下町商店街
アクセス
■バス ・京浜急行線「三崎口」駅下車→2番バス乗り場から「三崎港行」、「城ケ島行」、「通り矢行」の  いずれか乗車「三崎港バス停」から会場まで徒歩1分
概要
三浦市商店街を中心に約70店舗の出展があり、「まぐろの定番メニュー」「まぐろB級グルメ」などの三浦市ならではのお食事メニューのほか、物販店舗によるワゴンセールなども開催される。
また、踊り、体験型イベントなども充実した内容になっている。

問合せ
三浦市営業開発課

TEL:046-882-1111


夏の古建築公開
開催場所
三溪園
アクセス
■電車、バス ・「根岸駅」より、1番乗り場《市バス58・99・101系統》10分、「本牧」下車後、徒歩7分。 ・「桜木町駅」より、2番乗り場《市バス8・148系統》約25分、「本牧三溪園前」下車後、徒歩約5分。 ・「横浜駅」東口より、2番乗り場《市バス8・148系統》約35分、「本牧三溪園前」下車後、徒歩約5分。 ・「元町・中華街駅」4番出口より、山下町バス停《市バス8・148系統》約15分、「本牧三溪園前」下車後、徒歩約5分。 ※横浜発、横浜市営バス8系統および148系統のバスは、桜木町、山下町を経由して走行。 ※「本牧三溪園前」バス停は、みなとぶらりチケットの適用区間外のため、要注意。 ■車 ・東京銀座・羽田方面から…ベイブリッジ経由、「本牧埠頭ランプ」利用。ランプを降りたら道なり、T字路にあたったら左折し、「本牧元町入口」右折。 ※次の「三渓園ランプ」は、下り車線からは下りられないため要注意。 ・東名横浜町田方面(保土ヶ谷バイパス「狩場IC」経由)や第三京浜自動車道路から…「石川町IC」を経由し「新山下ランプ」を利用。ランプを降りたら道なり。「B突堤入口」を右折し、T字路にあたったら左折、「本牧元町入口」右折。 ・横須賀・金沢方面から…「並木IC」経由、「三渓園ランプ」を利用。ランプを降りたら道なり、「本牧元町入口」左折。
概要
横浜市有形文化財 鶴翔閣・白雲邸の内部を公開。
問合せ
三溪園
TEL 045-621-0635
ホームページ
http://www.sankeien.or.jp/

ZUSHI FES
開催場所
神奈川リビエラ逗子マリーナ特設会場
アクセス
■電車 ・JR横須賀線「鎌倉」駅東口 ⇒ 京浜急行バス「7番」乗り場「小坪経由・逗子駅」行き(約10分) ⇒ 「小坪」停留所下車 ⇒ 左 手に進み道路をくぐって商店街を抜ける(徒歩7分) ・JR横須賀線「逗子」駅東口 ⇒ 京浜急行バス「7番」乗り場「小坪経由・鎌倉駅」行き(約10分) ⇒ 「リビエラ逗子マリーナ前」 下車すぐ(徒歩1分) ・京浜急行「新逗子」駅北口 ⇒ 京浜急行バス「4番」乗り場「小坪経由・鎌倉駅」行き(約10分) ⇒ 「リビエラ逗子マリーナ前」 下車すぐ(徒歩1分)
概要
水着で参加できる夏ならではのリゾート型野外イベント
たくさんのヤシの木と壮大な湘南の海に囲まれたメインステージを中心に楽しい夏の思い出が作れる
問合せ
リビエラ東京(逗子) シーサイド リビエラ
TEL:0467-23-2211

  
ホームページ
http://www.mtvjapan.com/home

ビーチバレージャパン
開催場所
湘南・藤沢市鵠沼海岸
アクセス
■徒歩 小田急江ノ島線 鵠沼海岸駅 徒歩約10分
概要
日本でのビーチバレー発祥の地、藤沢市鵠沼海岸にビーチバレーの愛好者を一堂に会して親睦の輪を広げ、ビーチバレーの普及と底辺の拡大を図るため大会を開催いたします。
問合せ
■JBV事務局
・住所:東京都中央区新川1丁目1番7号リバーサイド茅場町3階
・TEL:03-3552-1078
・FAX:03-3552-1220
・メールアドレス:tourinfo@jbv.jp


■日本ビーチバレー連盟事務局
・住所:東京都中央区新川1丁目1番7号リバーサイド茅場町3階
・TEL:03-3552-1287
・FAX:03-3552-1220
・メールアドレス:info@jbv.jp
ホームページ
http://www.jbv.jp/

海上殉難者慰霊祭
開催場所
三浦市民ホール
アクセス
■電車 ・京浜急行電鉄「三崎口駅」下車。 ■バス ・バス停(2番線)より乗車し「三崎港」で下車。 ・「三崎港」行き ・「通り矢」行き ・「城ケ島」行き ・「浜諸磯」行き
概要
国内有数の漁業の町として、図らずも海で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、漁業者の安全を願うための慰霊祭が、市民ホールにおいて行われる。
問合せ
三浦市民ホール

TEL:046-882-1111

精霊送り
開催場所
逗子海岸中央
アクセス
■電車 ・JR横須賀線「逗子」駅徒歩10分 ・京浜急行線「新逗子」駅徒歩10分
概要
逗子仏教会の主催によるお盆送り火の行事。
逗子海岸中央には故人名や戒名などが書き入れられ、ほのかな明かりが灯(とも)された灯籠が積まれる。
読経の中、お盆の飾り物に火が放たれると、海岸を埋めた人々が再び、仏の世界へと精霊を見送る。
盂蘭盆(うらぼん)の終わる日に逗子湾沖に灯篭を船に乗せて流す。市内の寺の住職が集まり、お経を唱え送り火をたいて精霊が帰るのを送る。

問合せ
逗子仏教会光照寺 
TEL:046-871-3254
ホームページ
http://www.zushitabi.jp/

浦賀みなと祭
開催場所
浦賀港周辺
アクセス
■電車 ・京浜急行「浦賀」駅から徒歩5分
概要
ペリー来航、開国の港町として歴史の教科書には必ず登場する浦賀。
「浦賀みなと祭」は、伝統あるお祭。
奉納舞や灯籠、まつり囃子などのイベントが浦賀港周辺で開催され、大勢の人で賑わう。
イベントの最後を飾るのは、花火大会!かつてペリーの黒船が停泊した浦賀沖から花火が打ち上げられる。
問合せ
浦賀みなと祭実行委員会 
TEL:046-841-4155

当日の開催確認:横須賀市コールセンター
TEL:046-822-2500

ホームページ
http://yokosuka-kanko.com/kanko-kyokai/sightseeing/006_uraga.html

平塚市民平和の夕べ
開催場所
平塚総合公園
アクセス
■電車 JR東海道線「平塚」駅北口から徒歩約20分 ■バス ・JR東海道線「平塚」駅北口から「横内車庫」行きバスで約10分「総合公園」下車 ・JR東海道線「平塚」駅北口から「伊勢原」行きバスで約10分「共済病院前・総合公園西」下車 ・小田急線「伊勢原」駅から「平塚駅」行きバスで約20分「共済病院前・総合公園西」下車
概要
平塚市には、昭和20年7月16日から17日未明にかけて大規模な空襲を受け、市街地の戸数の約7割を焼失するという悲しい歴史がある。
このようなことが、繰り返されぬよう、灯ろうに願いをこめて流すイベント。
灯ろうの貸し出しは無料。
すいとんの試食、平和映画の上映、コーラスもあり。
問合せ
平塚市行政総務課 0463-21-9754
ホームページ
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/kankou/

相模原薪能
開催場所
相模女子大学グラウンド・特設舞台
アクセス
■電車 ・小田急線「相模大野駅」から徒歩約10分。
概要
昭和62年秋、50万人都市記念事業の一つとして開催され、平成元年の第2回公演からは夏の行事として行われています。
 暮れなずむ木立の中、揺らぐ薪の炎に照らし出される「能楽」の幽玄の世界。今では、相模原の夏の風物詩のひとつとして定着しています。
 演能流派は現在、能において主役を演じているシテ方には宝生流、観世流、金春流、金剛流、喜多流の5流があり、年によって上演する流派が変わります。
問合せ
相模原市民文化財団 
TEL:042-749-2205
ホームページ
http://www.hall-net.or.jp/index.html

高砂部屋の朝げいこ
開催場所
平塚総合公園相撲場
アクセス
■電車 JR東海道線「平塚」駅北口から徒歩約20分 ■バス ・JR東海道線「平塚」駅北口から「横内車庫」行きバスで約10分「総合公園」下車 ・JR東海道線「平塚」駅北口から「伊勢原」行きバスで約10分「共済病院前・総合公園西」下車 ・小田急線「伊勢原」駅から「平塚駅」行きバスで約20分「共済病院前・総合公園西」下車
概要
大相撲「高砂部屋」の夏合宿が毎年平塚市総合公園で開催される。公開朝稽古、ちゃんこ試食会(限定)、わんぱく相撲といった多彩な催しを企画。このほか、力士がまちかど広場で夕涼みとして、市民とのふれあいの場を設け高砂部屋との絆を一層深いものとする。
問合せ
平塚市 みどり公園・水辺課 総合公園担当
電話:0463-35-2233

お精霊ながし
開催場所
三戸海岸
アクセス
■電車 ・京急三崎口駅より「三戸浜」行きバス終点下車、徒歩3分 ・京急三崎口駅より徒歩20分 ■車 ・横浜横須賀有料道路「衣笠IC」より国道134号を南下し「三戸入口」の信号から三戸海岸(三戸海水浴場)の方へ入る。
概要
三戸のお精霊流しは、三浦市初声町三戸地区に伝わる盆行事。
お精霊さまやキュウリ・ナスで作った馬・牛などをお墓や仏壇に飾り、早朝に「セイトッコ」とよばれる子ども達は墓前に供えられた〈おくりもの〉をマコモ等にくるみ、浜へと運ぶ。
それから谷戸上・北・神田の三地区で計3艘のワラ製お精霊船を作り始め、各家々からお盆にお供えしたお精霊様やお供物を満載して、子ども達に曳かれ西方の海へ送られていく。
国の重要無形民俗文化財に指定されてる。
問合せ
三浦市教育委員会生涯学習課文化財保護係
TEL:046-882-1111
E-mail:kyoui0301@city.miura.kanagawa.jp

えびな薪能
開催場所
史跡相模国分寺跡(雨天時:海老名運動公園総合体育館)
アクセス
■電車 小田急小田原線・相鉄線・JR相模線「海老名」駅から徒歩約10分
概要
■平成23年の演目・出演
能「舟弁慶」 金春流 金春安明ほか
狂言「附子」 和泉流 野村万作ほか
問合せ
海老名市観光協会(海老名商工会議所内) 電話046-231-5865
海老名市経済環境部商工課 電話046-235-4843

綾瀬いきいき祭り
開催場所
綾瀬市民文化センター周辺
アクセス
■バス ・小田急・相模鉄道「海老名」駅東口から相鉄バス3・4・5番バスのりば各経由「綾瀬市役所」行きで約20分「綾瀬市役所」下車徒歩約5分 ・相模鉄道「さがみの」駅南口から神奈中バス「市役所」または文化センター経由「吉岡工業団地」行きで約20分「文化センター前」下車すぐ ・小田急「長後」駅西口から神奈中バス「市役所」または文化センター経由「綾瀬車庫」行きで約20分「文化センター前」下車すぐ
概要
 市内48の団体で構成される「綾瀬いきいき祭り実行委員会」では、毎年8月、市民の交流を図り郷土意識を高めることを目的に、市内最大の祭りである「綾瀬いきいき祭り」を開催している。
 会場では、完成当時に日本で2番目に大きかったといわれる「ふれあい大釜」で作った約1万1000食分の豚すきが配布されるほか、各種アトラクションや団体PR出店など様々な催しが繰り広げられる。
 平成22年8月21日には第33回となる同祭りを開催し、約8万3000人が来場した。

※平成23年度は震災の影響により中止となったが、平成24年度は開催に向け実行委員会で企画内容などを協議中。
 開催日や企画内容等は、決まり次第ホームページにて発信。


問合せ
綾瀬いきいき祭り実行委員会
電話番号:0467-70-5661
ホームページ
http://www.city.ayase.kanagawa.jp/hp/page000019000/hpg000018957.htm

綾瀬市商工会青年部花火大会
開催場所
綾瀬市民文化センター周辺
アクセス
■バス ・小田急・相模鉄道「海老名」駅東口から相鉄バス3・4・5番バスのりば各経由「綾瀬市役所」行きで約20分「綾瀬市役所」下車徒歩約5分 ・相模鉄道「さがみの」駅南口から神奈中バス「市役所」または文化センター経由「吉岡工業団地」行きで約20分「文化センター前」下車すぐ ・小田急「長後」駅西口から神奈中バス「市役所」または文化センター経由「綾瀬車庫」行きで約20分「文化センター前」下車すぐ
概要
綾瀬市最大のイベント。
平成23年は震災の影響により中止。
問合せ
綾瀬市商工会青年部担当(電話0467?78?0606)

藤野の祭り
開催場所
JR中央本線「藤野駅」前広場
アクセス
■電車 ・JR中央本線「藤野駅」から徒歩約1分。
概要
藤野の中心地の駅前地区で、毎年8月のお盆に開催されている祭り。
「かながわ祭り50選」に選定されている。
特に藤野囃子保存会は「関東祭り囃子コンクール」で何度も上位入賞を果たす腕前。
移り変わる時代のなかで、人と人とのふれあい、地域の伝統を守るために、笑顔とともに継承されている。
問合せ
藤野観光協会(藤野経済観光課内) 
TEL:042-687-2119
ホームページ
http://www.e-sagamihara.com/
中旬の日曜 ふるさと祭りinさむかわ
開催場所
さむかわ中央公園
アクセス
■電車 JR相模線「寒川駅」から徒歩約15分
概要
町内小売商店の有志により設立された、寒川商業協同組合主催のイベント。
元々はすいせんカードを持っているお客様への感謝祭であったが、2003年から「ふるさとまつり」と名前を変更した。

■平成23年の内容
・県外出身の方々の県人会がによる模擬店の出店、特産品の販売等。
・ダンスチームやフラダンス
・旭が丘中学校吹奏楽部の演奏・
・ミニコンサート
・全長100mのそうめん流し
・湘南ベルマーレの親子サッカー教室
・プラズマカーレース
問合せ
寒川商業協同組合事務局(0467-75-0185)
中旬頃 丹沢湖花火大会
開催場所
丹沢湖駐車場
アクセス
■電車 ・JR御殿場線「山北」駅または「谷峨」駅から富士急湘南バス「丹沢湖」下車   ■車 ・東名「大井松田インター」から国道246号線経由車約35分 ※当日は臨時バス運行予定
概要
約2500発の仕掛花火やスターマインが湖上から打ち上げられ、
花火の音が周囲の山々に反響し迫力ある響きが楽しめる。
なかでも、水中花火は湖面に映え、美しく丹沢湖を彩る。
また、会場内では模擬店も多数出店し、和太鼓などの各種イベントも予定されている。
ちなみに丹沢湖は、「かながわの景勝50選」の地である。

【花火開催時間】 20:00?20:45 ※小雨決行、荒天の時は翌日に順延

※当日は臨時バス運行予定
問合せ
■丹沢湖花火大会実行委員会事務局
0465-75-3646
ホームページ
http://www.town.yamakita.kanagawa.jp/contents_detail.php?co=ser&frmId=530
毎年23日~27日 片瀬諏訪神社例大祭
開催場所
片瀬諏訪神社(上諏訪神社、下諏訪神社)
アクセス
■電車 ・湘南モノレール?「湘南江ノ島」下車?祭りパレード見物:徒歩約10分、神社:徒歩約15分 ・「藤沢駅」から(小田急)「片瀬江の島」駅下車?祭りパレード見物:徒歩約15分、神社:徒歩約20分 ・「藤沢駅」から(江ノ電)「江ノ島下車」駅下車?祭りパレード見物:徒歩約10分、神社:徒歩約15分
概要
龍口寺山門前に神社の神輿や町内の5台の山車が勢揃い。
ここから片瀬諏訪神社下社を過ぎたところまで渡り、片瀬諏訪神社下社に戻ってくる。
問合せ
0466-22-5843
立秋の前日 夏越祭(ぼんぼり祭)
開催場所
鶴岡八幡宮
アクセス
■電車 JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩15分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約20分
概要
ぼんぼり祭は、毎年8月に立秋の前日から9日までの3日間(年により4日間)行われる、鎌倉の夏の風物詩ともいえるお祭。
期間中、立秋の前日には夏の祓いである夏越祭、立秋当日には暦の上での秋の訪れを奉告する立秋祭、そして源実朝公の誕生日である9日には実朝祭が執り行われる。
境内には鎌倉在住の文化人をはじめ各界の著名人が揮毫した書画約400点がぼんぼりに仕立てられ、参道に並ぶ。 夕刻になるとぼんぼりに灯りがともされ、境内は夜まで賑わう。

鎌倉八幡宮では昭和13年に始められたお祭で、夏の邪気を祓う神事が源平池のほとりで行われた後、参道で「茅の輪くぐり」を行い、健康を祈る。舞殿では巫女により「夏越の舞」が奉納される。
問合せ
鶴岡八幡宮(0467-22-0315)
ホームページ
http://www.hachimangu.or.jp/
立秋の日 立秋祭(ぼんぼり祭)
開催場所
鶴岡八幡宮
アクセス
■電車 JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩15分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約20分
概要
ぼんぼり祭は、毎年8月に立秋の前日から9日までの3日間(年により4日間)行われる、鎌倉の夏の風物詩ともいえるお祭。
期間中、立秋の前日には夏の祓いである夏越祭、立秋当日には暦の上での秋の訪れを奉告する立秋祭、そして源実朝公の誕生日である9日には実朝祭が執り行われる。
境内には鎌倉在住の文化人をはじめ各界の著名人が揮毫した書画約400点がぼんぼりに仕立てられ、参道に並ぶ。 夕刻になるとぼんぼりに灯りがともされ、境内は夜まで賑わう。

立秋際は、夏の無事を感謝し、実りの秋の訪れを奉告する昭和25年より始められたお祭。
御神前には神域で育まれた鈴虫が供えられる。

問合せ
鶴岡八幡宮(0467-22-0315)
ホームページ
http://www.hachimangu.or.jp/
第1土曜 なんでも朝市
開催場所
茅ヶ崎中央公園
アクセス
■電車 JR東海道線「茅ヶ崎」駅北口から徒歩約5分
概要
なんでも朝市とは、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により被災された方々への義援という想いを込め、被災地に元気を届け、被災地の復興に向けた一助となることを目的とし、例年開催している「なんでも夜市※」を、電力消費量を節減した中でのイベントとして実施するため、朝の時間帯に野菜市等との同時開催で実施するイベント。

※「なんでも夜市」
夏の風物詩として地域住民にふれあいの場を提供するとともに、不要品となった生活用品の有効利用を図ることにより、市民に対しリユース(製品の再利用)について再認識していただくことを目的としたイベント。


問合せ
茅ヶ崎市 総務部 市民自治推進課 地域自治担当 市役所仮設庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1164

サザンビーチちがさき花火大会
開催場所
サザンビーチ
アクセス
■電車 JR東海道線「茅ヶ崎」駅南口から徒歩約20分 ■バス JR東海道線「茅ヶ崎」駅南口から37番系統「浜見平団地行」バスで約8分「海水浴場前」下車すぐ ■車 東名高速道路「厚木IC」から約30分
概要
毎年八月第一週にちがさきサザンビーチで開催される花火大会は、例年20万人を超える来場者が訪れる、茅ヶ崎市を代表するビッグイベントのひとつ。地元企業からの協賛や、多くの市民からの寄付によって運営される地元密着型の花火大会である。呼び物である「水中孔雀花火」は、水中に投げ込まれた花火玉が、まるで孔雀が水面に羽を広げたかのように水平線に炸裂する。さらにもうひとつの目玉は約120秒もの間、大小色とりどりの花火を連続して打ち上げる「スターマイン」、腕利きの花火職人の技巧を凝らした数々の花火が合計約3000発も打ち上げられる。
※平成23年は中止。
問合せ
茅ヶ崎市観光協会 0467-84-0377

小田原酒匂川花火大会
開催場所
酒匂川スポーツ広場
アクセス
■電車 ・JR「鴨宮」駅から徒歩約15分 ■バス 「小田原」駅から「城東車庫」行きバスで約15分「今井」下車徒歩約10分
概要
小田原の中心を流れる酒匂川の河川敷で、約5,000発の色とりどりの 花火が打ち上げられる。
フィナーレには、小田原大橋に沿って約300メートルのナイアガラ大滝が現れ、夏の夜空を華やかに彩る。

※荒天の場合 8月第2月曜日に延期
問合せ
■小田原市役所 - 酒匂川スポーツ広場
 TEL: 0465-35-3977

・小田原市観光課
 TEL:0465-33-1521

・小田原市観光協会
 TEL:0465-22-5002
ホームページ
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/event/AUG/sakawahanabi.html
第1日曜 足柄金太郎まつり
開催場所
■南足柄市怒田 ■藤原範茂史跡公園周辺 ■南足柄中学校グラウンド周辺
アクセス
■電車 ・JR東海道線・新幹線「小田原」駅から大雄山線「大雄山」駅下車徒歩約5分
概要
金太郎が産湯をつかった夕日の滝で山伏によるお水とり儀式の他、金太郎サンバ、神輿などのパレード、子供相撲)等。
フィナーレは盛大な花火の打ち上げで飾る。
※花火の打ち上げ数は約500発。
問合せ
■足柄金太郎まつり実行委員会
0465-73-8031
ホームページ
http://www.city.minamiashigara.kanagawa.jp/kankou/matsuri/kintarou_maturi.html
第1日曜日 帆かけ舟復元実演会
開催場所
磯部頭首工上流 約500メートル地点(磯部郷土民俗資料館側)
アクセス
■電車 ・JR相模線「下溝駅」から徒歩約10分。
概要
半世紀前、相模川には玉石や生活物資を運ぶ帆かけ舟が運行していた。
長らく途絶えていた帆かけ舟ですが、昭和58年に明治時代に使われていた帆が見つかったことを契機として磯部民俗資料保存会の手で復元され、現在は毎年8月上旬に相模川の夏の風物詩として実演会が行なわれている。
雄大な丹沢を背景に悠々と浮かぶ帆かけ舟は、昔の相模川の姿を思い出すことができる。
問合せ
新磯ふれあいセンター 
TEL:046-255-1311
ホームページ
http://www.sagamihara-kng.ed.jp/kouminkan/araiso-k/
第2土曜日 鳥屋の獅子舞
開催場所
諏訪神社
アクセス
■バス ・JR横浜線・相模線、京王線「橋本駅」から「鳥居原ふれあいの館」行きバス(橋07系統)、「鳥屋郵便局前」下車、徒歩2分。 ・「三ヶ木」バス停から「鳥居原ふれあいの館」行きバス(三53系統)、「鳥屋郵便局前」下車、徒歩2分。
概要
昭和29(1954)年、県指定無形民俗文化財に指定されたお祭り。
毎年8月の第2土曜日に、諏訪神社に奉納される「一人立ち三頭獅子舞」は、300年以上前から伝わったものである。
江戸時代に、清真寺の10世住職円海法師が八王子市高槻から伝えたと言われている。
獅子頭は円海法師自らが彫ったもので、父獅子の下顎の裏側には「円海」との銘がある。
当日は、円海が昔世話になった中開戸の鈴木家に集まり、支度をして神事の後、神社まで練り歩く。
問合せ
相模原市教育委員会 文化財保護課 
TEL:042-769-8371
ホームページ
http://www.e-sagamihara.com/

ホテル空室検索へ

Facebookへ

ページの上部へ