かながわNOW トップページ > 観る > 年間行事・祭 > 7月

年間行事・祭:7月

*ここに掲載してあります年間の行祭事情報は、1年間に予定をされている行祭事をご紹介するページですので、日付け等は変更になることがあります。 最新の情報をお知りになりたい方は、イベントカレンダー・今月の特集のコーナーをご覧いただくか、各市町村にお問い合せの上、ご確認くださいますようお願いいたします。

7月
14日 お札まき
開催場所
八坂神社
アクセス
■電車 ・JR、市営地下鉄「戸塚」駅から徒歩約10分 ■バス ・JR東海道線・小田急線「藤沢」駅から「戸塚バスセンター」行きバスで約25分「日立入口」下車徒歩約1分
概要
江戸時代から続く八坂神社の神事。
長襦袢にたすきがけ、島田まげに姉さんかぶりの男性の氏子が、渋うちわで五色のお札を天高くまきあげ、
五穀豊穣と厄除けを祈願する。
問合せ
五霊神社
TEL 045-864-3704
14日(土)~8月5日(日)の土・日曜日・祝日限定 6時開園 早朝観蓮会
開催場所
三溪園
アクセス
■電車、バス ・「根岸駅」より、1番乗り場《市バス58・99・101系統》10分、「本牧」下車後、徒歩7分。 ・「桜木町駅」より、2番乗り場《市バス8・148系統》約25分、「本牧三溪園前」下車後、徒歩約5分。 ・「横浜駅」東口より、2番乗り場《市バス8・148系統》約35分、「本牧三溪園前」下車後、徒歩約5分。 ・「元町・中華街駅」4番出口より、山下町バス停《市バス8・148系統》約15分、「本牧三溪園前」下車後、徒歩約5分。 ※横浜発、横浜市営バス8系統および148系統のバスは、桜木町、山下町を経由して走行。 ※「本牧三溪園前」バス停は、みなとぶらりチケットの適用区間外のため、要注意。 ■車 ・東京銀座・羽田方面から…ベイブリッジ経由、「本牧埠頭ランプ」利用。ランプを降りたら道なり、T字路にあたったら左折し、「本牧元町入口」右折。 ※次の「三渓園ランプ」は、下り車線からは下りられないため要注意。 ・東名横浜町田方面(保土ヶ谷バイパス「狩場IC」経由)や第三京浜自動車道路から…「石川町IC」を経由し「新山下ランプ」を利用。ランプを降りたら道なり。「B突堤入口」を右折し、T字路にあたったら左折、「本牧元町入口」右折。 ・横須賀・金沢方面から…「並木IC」経由、「三渓園ランプ」を利用。ランプを降りたら道なり、「本牧元町入口」左折。
概要
咲いたばかりの蓮の花を、早朝の清々しい空気の中で観賞。
※合掌造、臨春閣などの古建築は9時から見学できる。
問合せ
三溪園
TEL 045-621-0635
ホームページ
http://www.sankeien.or.jp/
15日 梶原施餓鬼会
開催場所
建長寺
アクセス
■電車 ・JR横須賀線「北鎌倉」駅から徒歩約15分 ・JR横須賀線「鎌倉」駅から徒歩約30分
概要
「お施餓鬼」とは、餓鬼道の世界に落ちて苦しんでいるものに飲食を施す供養という意味で、すべての生き物の生命を尊ぶことを教えることをいう。
これは源頼朝の重臣・梶原景時の亡霊のために三門の下で行われる施餓鬼会。
問合せ
建長寺事務所(0467-22-0981)
ホームページ
http://www.kenchoji.com/
1日~8月31日 湘南ひらつかビーチカーニバル
開催場所
ひらつかビーチパーク
アクセス
■電車 JR東海道線「平塚」駅南口から徒歩約20分 ■バス JR東海道線「平塚」駅南口21番線のりば:「平塚駅南口循環」バスで「湘南海岸公園前」下車徒歩約4分
概要
■概要
海水浴場もある平塚海岸のビーチパークには、海のムードが満載。
期間中は、スキムボードやサーフィン、ビーチコンサートなどを開催する。
また、ビーチバレーボールなどのスポーツ用具や海浜用車イスなども無料で貸し出している。

■営業時間
9:00 ?18:00(ビーチセンター開館時間)
ビーチセンターは、ビーチカーニバル期間中は無休

■設備
ビーチセンター1階には、情報プラザ、事務室、売店、更衣室、トイレ等あり。
ビーチバレー、ビーチサッカー、3on3などのコートが無料で利用できる。
また、ビーチセンターの事務室では、無料でビーチバレーボール等の貸し出しをしている。(要身分証明書)
問合せ
湘南ひらつかビーチセンター:0463-23-4781
平塚市役所水政課:0463-23-1111内線2633
ホームページ
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/suisei/beachpark.htm
24日 宵宮祭
開催場所
荏柄天神社
アクセス
■電車 JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩約20分 ■バス JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から、「大塔宮」行きバスでで約10分「大塔宮」下車徒歩約3分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約10分
概要
例大祭の前夜に、行灯を出したり模擬店を出して賑う。
問合せ
荏柄天神社(0467-25-1772)
ホームページ
http://www1.kamakuranet.ne.jp/egara/

洒水の滝祭り
開催場所
洒水の滝
アクセス
■電車 ・JR御殿場線「山北」駅から徒歩約35分
概要
山北に本格的な夏をはこぶ、洒水の滝祭り。
箒持ちを先頭に馬鈴師や導師・僧侶らによる、滝への道を掃き清める名瀑おろしの儀式が行われ、観光客の安全を祈願。
他にも地元・洒水太鼓など和太鼓の競演、火祭り、歌謡ショー、地場産品の即売なども行われる。

※雨天決行
問合せ
■山北町観光協会
0465-75-2717
ホームページ
http://yamakita.net/
25日 例大祭
開催場所
荏柄天神社
アクセス
■電車 JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩約20分 ■バス JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から、「大塔宮」行きバスでで約10分「大塔宮」下車徒歩約3分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約10分
概要
荏柄天神社で一番大きなお祭り。
問合せ
荏柄天神社(0467-25-1772)
ホームページ
http://www1.kamakuranet.ne.jp/egara/

石上さまの例祭
開催場所
御霊神社
アクセス
■電車 ・江ノ島電鉄「長谷」駅から徒歩約5分 ・江ノ島電鉄「極楽寺」駅から徒歩約10分
概要
「石上さま」(石上神社)は、坂ノ下御霊神社の境内社で、海から引き上げられた岩が祀られている。
毎年、「海の日」に例祭が行われており、神輿を船に乗せ、航海の安全を祈願する。

問合せ
御霊神社(0467-22-3251)
27日、28日 貴船祭
開催場所
■真鶴港周辺  ■貴船神社境内
アクセス
■バス ・JR東海道線「真鶴」駅から「 」行きバスで約5分「宮の前」下車徒歩約1分
概要
飾りを付けた小早船(東は東明丸、西は貴宮丸)、櫂伝馬、はやし船が海上を賑わし、神輿が海上を渡御する豪華なお祭り。
鹿島踊り、花山車が奉納され、町内を練り歩く。
みどころは、28日(木)19時ごろの港周辺、20時ごろの貴船神社境内。
問合せ
■貴船神社
0465-68-0066
31日 寒田神社祭礼
開催場所
寒田神社
アクセス
■電車 ・小田急線「新松田」駅から徒歩約10分 ・JR御殿場線「松田」から徒歩約7分 ■車 ・東名高速道路「大井松田IC」から約5分
概要
遣弊使の参向があり、豊栄の舞が奉納される。この祭は氏子の間では「おみそぎ」と呼ばれている。これは神輿が酒匂川で「禊(みそぎ)」を行ってから町内を渡御(とぎょ)するからで、その神輿が町内をねり歩くと、バケツやホースで、さらに水を浴びせるので水かけ祭りでもある。祭礼の時の大名行列(松田町無形文化財指定)は、戦後箱根にも伝えれらた。

※現在では水はかけられていない。
問合せ
寒田神社(0465-82-1931)
ホームページ
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/samutajinja/

芦ノ湖夏まつりウィーク 【湖水まつり】
開催場所
■芦ノ湖  ■元箱根湖畔
アクセス
■電車・バス ・JR東海道線「小田原」駅からバスで60分、「元箱根」もしくは「元箱根港」バス停下車徒歩すぐ ■車 ・西湘バイパス「箱根口インター」から国道1号経由で20km40分
概要
箱根神社の宵宮祭で、芦ノ湖の主である九頭龍明神に三升三合三勺の赤飯を献じる祭典。
1000個を超える灯籠が湖上に浮かび、花火も打ち上げられる。

7月31日?8月5日は芦ノ湖夏まつりウィークで、
8月1日箱根神社御鎮座1254年例大祭、
2日御神幸祭、3日駒形神社例祭、4日湖尻龍神祭、5日鳥居焼まつりが行われる。
7月31日、8月2日・4日・5日の夜には、花火大会が開催される予定(8月3日は花火なし)。
問合せ
■箱根町総合観光案内所
0460-85-5700
31日~8月5日  芦ノ湖夏まつりウィーク
開催場所
芦ノ湖畔(元箱根・箱根町・箱根園・湖尻)
アクセス
■電車・バス ・JR東海道線「小田原」駅からバスで60分、「元箱根」・「箱根町」・「箱根園」・「湖尻」各バス停→徒歩0分 ■車 ・西湘バイパス「箱根口インター」から国道1号線経由で約45分
概要
7月31日湖水まつり、
8月1日箱根神社御鎮座1254年例大祭、「箱根延年」奉納、薪能、湯立獅子舞のほか、
2日御神幸祭、
3日駒形神社例祭、
4日湖尻龍神祭、
5日鳥居焼まつりが行われる。

7月31日、8月2日・4日・5日の夜には、花火大会が開催される予定。
問合せ
■箱根町総合観光案内所
0460-85-5700
6日 浄土宗第三祖良忠上人開山忌
開催場所
光明寺
アクセス
■バス JR・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から京急バス[鎌40・7番]小坪経由「逗子」駅行きで約15分「光明寺」下車徒歩1分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約20分
概要
光明寺を開かれた浄土宗第三祖良忠上人の遺徳をしのんで、亡くなられた7月6日に催される法要。
問合せ
光明寺(0467-22-0603)
ホームページ
http://park16.wakwak.com/~komyo-ji/index.html
7日 七夕祭
開催場所
鶴岡八幡宮
アクセス
■電車 JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩15分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約20分
概要
鶴岡八幡宮では、江戸初期の所見に七夕行事を行っていた記述があり、この古式に因み「七夕まつり」期間中には、神職による「奉納雅楽演奏会」、7月7日には「七夕祭」を行っている。それぞれの願い事を書いた、梶の葉を模った色紙と、短冊型の絵馬が色鮮やかな五色の紐に結ばれてご神前に奉納される。
上宮の楼門内や舞殿の四方には、彩り豊なくす玉と吹流しなどの七夕飾りが笹竹に掲げられる。
七夕祭でお供えする神饌には、ウリやナス、ササゲなど古式に則り、季節の食材を用い、机上には琴や琵琶などの楽器を手向け、巫女による神楽も奉奏される。
問合せ
鶴岡八幡宮(0467-22-0315)
ホームページ
http://www.hachimangu.or.jp/
7月上旬 おっぱままつり歩行者天国
開催場所
追浜銀座通り商店街
アクセス
■電車 ・京急「追浜駅」下車すぐ
概要
毎年7月におっぱままつり歩行者天国を開催し、追浜銀座通りを歩行者天国として本場のリオカーニバルや各町内神輿追浜ソーラン他多彩な催を行うほか、3月には新しくY・フェスタ追浜とした音楽隊パレードや花火などのイベントを実施。
問合せ
追浜行政センター 
TEL:046-865-1111
ホームページ
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/index.html
8日~10日 四万六千日
開催場所
弘明寺
アクセス
■電車 ・京浜急行線「弘明寺」駅から徒歩約2分 ・横浜市営地下鉄「弘明寺」駅から徒歩約5分 ■車 ・保土ヶ谷バイパス「狩場」ICより約15分 ・首都高速狩場線「花之木」IC、『永田』ICより約10分 ・横浜横須賀道路「別所」IC(普通車のみ)より約10分 ・横浜横須賀道路「日野」ICより約20分
概要
弘明寺の本尊『十一面観音立像』。
その供養日にお参りすると、四万六千日参拝したのと同じ功徳があると伝えられる。
問合せ
弘明寺
TEL 045-711-1231
ホームページ
http://www.gumyoji.jp/
七夕まつり期間中の日曜日 歩射神事
開催場所
平塚八幡宮
アクセス
■電車 JR東海道線「平塚」駅北口から徒歩約10分
概要
その年の豊作と除災を神々に祈る弓の儀式。鎌倉時代から連綿と受け継がれてきた弓馬術の禮法を、小笠原教場宗家門下生の奉仕により執り行われる。
射手は前弓、後弓と呼ばれる組みに分れ、代わる代わる行射し、的を前に勝負を繰り広げる。
問合せ
平塚八幡宮(0463-23-3315)
ホームページ
http://www.hachiman.org/new/
上旬 小坪須賀神社祭礼 天王祭
開催場所
小坪須賀神社、天王浜
アクセス
■バス ・JR横須賀線「逗子」駅から京急バス、小坪経由鎌倉行「小坪」下車すぐ。
概要
町内から山車が4基、天王浜前に集結し、お囃子を行う。
御輿のお旅中で天王浜にお仮屋が設置される。
問合せ
逗子市役所経済観光課内

TEL:046-873-1111(代表)  
FAX:046-873-4520
メール:zushi@zushitabi.jp

湘南ひらつか七夕まつり
開催場所
JR平塚駅北口商店街を中心とする市内全域
アクセス
■電車 ・JR東海道線「平塚」駅北口下車 ■車 ・東名高速「厚木IC」から約30分 ・小田原厚木道路「平塚IC」から約20分
概要
湘南に夏の訪れを告げる日本有数の「七夕まつり」。中心街には約500本、特にメーン会場である「湘南スターモール」には絢爛豪華な約80本の飾りが掲出される。
中には、10mを超える大型飾りもあり、活躍中のスポーツ選手や人気の動物、キャラクターなどの流行りを取り入れた飾りも大きな特徴。
問合せ
湘南ひらつか七夕まつり実行委員会 
(事務局:平塚市役所経済部商業観光課)
電話:0463-35-8107
ホームページ
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/tanabata/

中道志川あゆまつり
開催場所
青野原オートキャンプ場 あゆの碑前河原
アクセス
■バス ・「三ヶ木」バス停から「東野」「月夜野」行きバス(三55・56系統)、「青野原」下車、徒歩約10分。
概要
毎年7月、「鼻曲がりあゆの里」として知られる道志川中流で行われる祭り。
水源の清流保護団体の中道志川トラスト協会と流域住民が主体となって、道志川とのふれあいや交流をすすめている。
当日は、川に親しむプログラム、小学生の器楽や太鼓の他、鮎の塩焼きや鮎めしも味わうことができる。
問合せ
津久井環境課 
TEL:042-780-1404
ホームページ
http://www.e-sagamihara.com/
下旬 えびな盆踊りフェスティバル
開催場所
海老名運動公園 陸上競技場
アクセス
■電車 ・小田急線・JR相模線「厚木」駅から徒歩約15分 ・JR相模線「社家」駅から徒歩約15分
問合せ
海老名市文化スポーツ課 046-235-4797

沼間五霊神社祭礼
開催場所
沼間五霊神社
アクセス
■電車 ・JR横須賀線「東逗子」駅から田浦方面へ徒歩10分。 ■バス ・JR横須賀線「逗子」駅から京急バス、グリーンヒル又は田浦駅行(5番乗り場)「宮の下」下車すぐ。

献灯祭
開催場所
材木座海岸
アクセス
■バス JR・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から京急バス[鎌40・7番]小坪経由「逗子」駅行きで約15分「光明寺」下車徒歩1分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約20分
概要
材木座海岸で不幸にも遭難された方々の供養。
以前は灯篭流しを行っていたが、現在は、社会情勢の変化により献灯で遭難者や三界萬霊の供養を行っている。
問合せ
光明寺(0467-22-0603)
ホームページ
http://park16.wakwak.com/~komyo-ji/index.html

アロハヨコハマ
開催場所
大さん橋国際客船ターミナル
アクセス
■電車 ・みなとみらい線「日本大通り」駅から徒歩約7分 ・横浜市営地下鉄/JR「関内」駅から徒歩約15分 ■バス ・市営バス「日本大通り駅県庁前」下車徒歩約5分 ・市営バス「大さん橋」下車徒歩約3分 ・横浜観光スポット周遊バスあかいくつ  「大さん橋国際客船ターミナル」下車徒歩0分 ■車 ・首都高速横羽線 横浜公園ランプから約3分 ・首都高速湾岸線 新山下ランプから約10分
概要
ハワイアンミュージックのコンサートやフラの上演をはじめ、
アロハシャツやキルト、ウクレレ、ハワイアンジュエリーを売る店舗が多数出展。
街全体がハワイアンムードに包まれる。
問合せ
事務局((株)ペッププランニング内)
TEL 045-664-6633
ホームページ
http://www.aloha-yokohama.com/

なぎさの祭典
開催場所
大磯港内県営駐車場特設ステージ
アクセス
■電車 JR東海道線「大磯」駅から徒歩約10分 ■車 小田原厚木道路「大磯IC」から約15分
概要
サマーコンサートと花火大会がジョイントしているところが特徴のイベント。
コンサート終了後に花火大会が行われる。

※平成23年は中止。

問合せ
大磯町観光協会(0463-61-3300)

ビーチタッチフットボール関東大会
開催場所
ひらつかビーチパーク
アクセス
■電車 JR東海道線「平塚」駅南口から徒歩約20分 ■バス JR東海道線「平塚」駅南口21番線のりば:「平塚駅南口循環」バスで「湘南海岸公園前」下車徒歩約4分
概要
ビーチフットとは、「5人対5人でプレイする、ラグビーとアメリカンフットボールをミックスしたようなスポーツ」(国際ビーチフットボール協会のHPより)。
タッチラグビーをビーチで行うというような競技。
その関東大会が行われる。
問合せ
国際ビーチフットボール協会:03-3238-0162
湘南ひらつかビーチセンター:0463-23-4781
ホームページ
http://www.beachfootball.com/

えびな市民まつり 花火大会
開催場所
海老名市役所周辺
アクセス
■電車 ・小田急線・相模鉄道「海老名」駅から徒歩約10分 ・JR相模線「海老名」駅から徒歩約15分
概要
海老名市内最大級の市民イベント「えびな市民まつり」のクライマックスを飾る花火大会。
30分間に渡って、約1000発の花火が海老名市役所周辺で打ち上げられる。

※当日は交通規制の実施あり。

問合せ
えびな市民まつり実行委員会事務局(046-235-4794)

上溝夏祭り
開催場所
上溝商店街通り
アクセス
■電車 ・JR相模線「上溝駅」から徒歩約3分。
概要
上溝夏祭りは、7月下旬の土・日に開催される上溝に江戸末期から伝わる伝統と歴史を誇る祭りで、上溝商店街通りを歩行者天国にして開催される。
日曜日の午後5時ころから郷土に古くから伝わる20基以上の御輿と8台の山車が各町内から商店街通り本町交差点の祭典本部前に大集合して御輿の渡御と山車の運行が始まる。
夜のとばりがおりる頃には、それぞれの御輿に提灯の灯がともり、祭りの華やかさが演出される。
問合せ
上溝夏祭り実行委員会事務局(上溝まちづくりセンター内) 
TEL:042-762-0079

相模原市観光協会 
TEL:042-769-8236
ホームページ
http://www.e-sagamihara.com/

JAXA相模原キャンパス特別公開
開催場所
JAXA相模原キャンパス、市立博物館、東京国立近代美術館、共和小学校
アクセス
■バス ・JR横浜線「淵野辺駅」南口から無料巡回バスで会場へ。 (注)巡回バスの運行は特別公開日当日に限ります。
概要
普段は見ることができない施設の公開や、最新の研究内容をわかりやすく紹介します。衛星やロケットの模型展示、ミニミニ宇宙学校、水ロケット教室、いろいろな実験などイベントも盛りだくさんです。
問合せ
JAXA宇宙科学研究所 広報・普及係 
TEL:042-759-8008
ホームページ
http://www.isas.jaxa.jp/j/index.shtml
下旬/8月上旬 旭ジャズまつり
開催場所
こども自然公園野球場
アクセス
■電車 ・相鉄線「二俣川」駅から徒歩約15分 ■バス ・JR横須賀線「東戸塚」駅西口から「二俣川南口」行バスで「万騎が原大池」下車徒歩約2分または、  「万騎が原中央」下車徒歩約2分  ・相鉄線「二俣川」駅から「左近山」行きまたは「戸塚西口」行で万騎が原中央下車徒歩約2分 
概要
区民の手作りコンサート。
身近で気軽に本物のジャズを鑑賞できる場として好評。
問合せ
旭ジャズまつり実行委員会連絡事務所
TEL 045-363-7311
ホームページ
http://www.asahijazz.net/
下旬~8月中旬 大山夏まつり
開催場所
大山阿夫利神社下社
アクセス
■電車・バス ・小田急線「伊勢原」駅北口より神奈川中央交通バス4番線大山ケーブル駅行約30分⇒大山ケーブルカー 大山ケーブル駅?   阿夫利神社駅6分 ■車 ・東名厚木インターおよび中井インターより約30分 ・小田急厚木道路伊勢原インターより約20分
概要
期間中は多くの人々で賑わう。
初日8時30分に「お花講」の人達が頂上登拝門の扉を開ける役割をになっている。
問合せ
大山阿夫利神社社務局
TEL 0463-95-2006
ホームページ
http://www.afuri.or.jp/
下旬の土・日 神奈川大和阿波おどり
開催場所
大和駅プロムナード及び大和駅前周辺商店街
アクセス
■電車 ・小田急江ノ島線・相鉄線「大和」駅下車すぐ
概要
夏の大和の一大イベント。
本場・徳島や高円寺からの友情連など、40を超える連が参加。
問合せ
神奈川大和阿波おどり振興協会(大和商工会議所)
TEL 046-263-9112
ホームページ
http://awaodori.cside6.com/index.html

西口風鈴まつり
開催場所
大和駅西口プロムナード
アクセス
■電車 ・小田急江ノ島線・相鉄線「大和」駅下車すぐ
概要
江戸風鈴や南部風鈴、いろいろな風鈴を販売。
好評の手作り風鈴(絵付け)も行われる。
そのほか、ステージイベントやフリーマーケットなども。
問合せ
西口風鈴まつり実行委員会(大和商工会議所)
TEL 046-263-9111
ホームページ
http://www.yamato-kankou.com/
下旬の土・日曜日 "あかりの祭典″小田原ちょうちん夏まつり
開催場所
小田原城址公園二の丸広場とその周辺
アクセス
■小田原城址公園へのアクセス方法 ・電車  JR東海道線「小田原」駅東口より徒歩約10分 ・車   小田原厚木道路「荻窪IC」から約10分      西湘バイパス「小田原IC」から約5分      東名高速道路「大井松田IC」から約40分
概要
小田原城址公園を中心に、ちょうちん踊りや御輿が練り歩き、
特設ステージでは、北條太鼓や小田原囃子の演奏などが行われる。
また、市内の小学生が製作したちょうちんが会場周辺に飾られる。
問合せ
■小田原市観光協会
0465-22-5002

■小田原市観光課
0465-33-1521
ホームページ
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/event/JUL/natumaturi.html
下旬の土曜 サザンビーチフェスタ
開催場所
サザンビーチ
アクセス
■電車 JR東海道線「茅ヶ崎」駅南口から徒歩約20分 ■バス JR東海道線「茅ヶ崎」駅南口から37番系統「浜見平団地行」バスで約8分「海水浴場前」下車すぐ ■車 東名高速道路「厚木IC」から約30分
概要
茅ヶ崎を代表するスポット「サザンビーチちがさき」を舞台に茅ヶ崎らしさを発信し、来場者に魅力を感じてもらうことから、茅ヶ崎に誇りと愛情を育んでいただくことを目的としている。
コンサートやフラダンスショーを行う。
問合せ
サザンビーチフェスタ実行委員会 事務局電話0467(85)9831
ホームページ
http://southernbeachfesta.com/
下旬の日曜 ほのぼのビーチフェスティバル
開催場所
茅ヶ崎ヘッドランドビーチ
アクセス
■電車 JR東海道線「茅ヶ崎」駅南口から徒歩約20分 ■バス JR東海道線「茅ヶ崎」駅南口から37番系統「浜見平団地行」バスで約8分「海水浴場前」下車すぐ ■車 東名高速道路「厚木IC」から約30分
概要
健常者・障害者の区別なく、快適に楽しく、安全に遊べる浜辺とは何かを考えるイベント。
楽しみながら、海岸の美化、海岸浸食、環境などの問題に関心を持っていただくことを目的としている。
問合せ
ほのぼのビーチ事務局 090-4007-3098
ホームページ
http://honobono.i-shimin.net/
中下旬 ビーチバレー海の日記念大会
開催場所
鵠沼海岸ビーチバレーコート
アクセス
■徒歩 小田急江ノ島線 鵠沼海岸駅 徒歩約10分
概要
日本でのビーチバレー発祥の地、藤沢市鵠沼海岸にビーチバレーの愛好者を一堂に会して親睦の輪を広げ、ビーチバレーの普及と底辺の拡大を図るための大会。
問合せ
藤沢市鵠沼海岸サーフビレッジ内 
(社)藤沢市観光協会

TEL:0466-30-1696
ホームページ
http://www.fujisawa-kanko.jp/index.html
中旬 祇園舟
開催場所
富岡八幡宮
アクセス
■電車 ・京浜急行線「京急富岡」駅から徒歩約8分 ・シーサイドライン「並木北」駅から徒歩約10分
概要
厄霊を流し、豊漁と豊穣を祈願する神事。
地元の保存会の人たちが、二隻の舟に乗り御幣を立てた長さ70cm、幅50cmほどの茅の舟を沖合まで送り流す。
その後に二隻は競争しながら岸まで帰ってくる。
問合せ
富岡八幡宮
TEL 045-776-3838
ホームページ
http://www.tomioka80000goo.org/

海南神社夏の例大祭
開催場所
海南神社
アクセス
■バス ・京急線三崎口駅→京急バス「三崎港行」約15分終点 徒歩約3分 ・「三崎東岡」徒歩7分 ■車 ・横横道路衣笠IC→三浦縦貫,R134,R26経由
概要
三崎海南神社で催される夏祭りは、海の日の前の土・日曜日の2日間、下町一帯でくり広げられる。
この祭は、港町らしく江戸時代の心をそっくり引きつぎ、行道獅子の舞いやそれに続く御輿、山車、さらに道中を楽しませるぶち合せ太鼓や木遣り衆など三浦の伝統の重みにふれられる。

問合せ
相州三浦総鎮守 海南神社々務所               

TEL:046-881-3038 FAX:046-881-2314
ホームページ
http://www6.ocn.ne.jp/~kainan/index2.html

久里浜ペリー祭
開催場所
久里浜港周辺
アクセス
■電車 ・JR久里浜駅から徒歩17分 ・京急京急久里浜駅から徒歩15分
概要
幕末1853年浦賀沖にやってきた黒船。
日本に開国を求めてやってきたペリーは、7月14日ここ久里浜の地に上陸した。
久里浜では毎年この同じ時期にペリー上陸を記念して「久里浜ペリー祭」を開催している。
バザールや式典、パレード。そして夜には、横須賀でシーズン最初の花火大会が打ち上げられ総数3 500発の花火がワイドに打ち上がり、見ごたえ充分。
問合せ
横須賀市コールセンター
TEL:046-822-2500
ホームページ
http://www.kurihama.info/index.php

夏季講座
開催場所
円覚寺大方丈
アクセス
■電車 JR横須賀線「北鎌倉」駅から徒歩約1分 ■バス JR・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から江ノ電バス「大船駅」行き、「上大岡駅」行き、「本郷台駅」行きで約10分「北鎌倉駅」下車徒歩約1分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約20分
概要
毎年4日間の日程で梅雨が明けるころに開催される学びの場。
問合せ
円覚寺(0467-22-0478)
ホームページ
http://www.engakuji.or.jp/

池子神明社祭礼
開催場所
池子神明社
アクセス
■電車 ・京浜急行線「神武寺」駅から徒歩約1分
概要
池子の由緒ある神輿は、その昔池子が水戸家鎌倉英勝寺領であったころ水戸の御紋が付いた高張提灯と神輿を拝領したという伝統のものである。
おおよそ250年前と言われている。
また「宮神輿」といって白装束にえぼしをかぶり、しずしずと渡御(とぎょ)(地区内を歩くこと)するのも見応えがある。
問合せ
逗子市役所経済観光課内

TEL:046-873-1111(代表)  
FAX:046-873-4520
メール:zushi@zushitabi.jp

湘南江の島『海の女王』&『海の王子』コンテスト
開催場所
片瀬海岸西浜特設ステージ
アクセス
■電車 ・小田急江ノ島線 片瀬江ノ島駅下車 徒歩2分 ・江ノ島電鉄 江ノ島駅下車 徒歩5分 ・湘南モノレール 湘南江の島駅下車 徒歩7分
概要
毎年 湘南江の島海の女王&海の王子コンテストが開かれている。
多数の応募の中から、湘南江の島海の女王3名・湘南江の島海の王子2名が決定。
これから1年間、藤沢市の観光キャンペーンなどで活躍。
問合せ
社団法人藤沢市観光協会 
片瀬江の島観光案内所

0466-22-4141
ホームページ
http://www.fujisawa-kanko.jp/index.html

三増の獅子舞
開催場所
諏訪神社
アクセス
■バス ・小田急線「本厚木」駅から神奈中バス「上三増」行き「三増」下車すぐ
概要
舞の形式は、一頭の獅子を一人が演じる一人立ち三頭獅子舞と呼ばれるもの。
獅子は父の巻獅子(マキジシ)、母の玉獅子(タマジシ)、子の剣獅子(ケンジシ)からなり、この他、姥(ウバ)面をかぶった教導役としてのバンバ、露はらいの天狗等が加わる。
問合せ
愛川町教育委員会スポーツ・文化振興課文化振興班
TEL 046?285?2111
ホームページ
http://www.town.aikawa.kanagawa.jp/

厚木神社例大祭
開催場所
厚木神社
アクセス
■電車 ・小田急線「本厚木」駅から徒歩約10分
概要
厚木神社の大神輿渡御やパレード、野外演武会などが行われる。
問合せ
厚木市観光協会
TEL 046-228-1131

関東の出雲さん ほおずき・朝顔市
開催場所
出雲大社相模分祠
アクセス
■電車・バス 小田急線「秦野」駅下車、北口方向へ出てバス5番乗り場へ ・「土橋経由 渋沢駅北口行」のバスに乗り、「保健福祉センター前」バス停下車、徒歩3分。 ・「畑中経由 渋沢駅行」のバスに乗り、「出雲大社入口」バス停下車、徒歩3分。 ・「震生湖経由比奈窪行き」のバスに乗り、「畑中」バス停下車、徒歩3分。 ※正月3ヶ日は秦野駅より無料送迎バスが運行。時間は9:15?16:15 まで。 ■車 ・東名高速道路「秦野中井IC」より約10分。  料金所を出てすぐ左折。トンネルを抜けて、「西大竹」の信号を左折。しばらく直進し「出雲大社入口」の信号を右折。
概要
夏の風物詩、ほおずきや朝顔をはじめ、
和太鼓演奏やフラダンスなど行事盛りだくさん。
問合せ
しあわせの「ごえんむすび」は関東の出雲さん
■出雲大社相模分祠
TEL:0463-81-1122
FAX:0463-82-1728

川崎大師風鈴市
開催場所
川崎大師平間寺
アクセス
■電車 京急「川崎駅」より大師線で「川崎大師駅」下車、徒歩8分。 ■バス JR川崎駅東口バス乗り場7番・川崎鶴見臨港バス[川23系統]大師行き。「大師バス停」下車、徒歩8分。 ■車 ※大師河原の自動車交通安全祈祷殿に併設の駐車場へのアクセス ・埼玉・千葉・東京方面から…首都高速・横羽線・川崎線、大師インターから約5分。インター下りてすぐの「大師河原」交差点を右折。 ・横浜方面から…首都高速・横羽線・川崎線、大師インターから約5分。インター下りてすぐの信号を右折。 ・アクアライン利用の場合…東京湾アクアライン浮島経由、大師インター下りてすぐの信号を右折。
概要
年々盛況を呈し夏の風物詩として関東近郊はもとより全国の人々に親しまれている。
境内で開催される風鈴市は、全国47都道府県から色も形もさまざまな風鈴が集まり、
涼やかな風鈴の音色が境内いっぱいに鳴り響く。
問合せ
川崎大師平間寺
TEL 044-266-3420
ホームページ
http://www.kawasakidaishi.com/

小江戸あつぎまつり
開催場所
大鷲神社?厚木神社周辺
アクセス
■電車 ・小田急本線「本厚木」駅北口 徒歩約7分
概要
寿町の弁財天社前に屋台が並び、和服姿の町人や侍たちが行き交う様子は江戸時代にタイムスリップ。
小江戸と呼ばれた厚木を再現したお祭り。
平成17年から開催している。
問合せ
小江戸あつぎまつり実行委員会 厚木市商業にぎわい課
TEL: 046-225-2821
ホームページ
http://www.atsugi-kankou.jp/

江の島天王祭「神輿海上渡御」
開催場所
江の島、片瀬海岸
アクセス
■電車 小田急江ノ島線「片瀬江ノ島駅」徒歩2分 江ノ島電鉄「江ノ島駅」徒歩7分 湘南モノレール「湘南江の島駅」徒歩8分
概要
江の島の八坂神社と小動神社の祭り。
夏の海に威勢のいい掛け声とともに神輿が海に入り神輿が江の島から龍口寺の前を通り小動神社まで向かう。
問合せ
江島神社社務所

TEL:0466-22-4020

江の島手づくりボートレース
開催場所
片瀬海岸東浜
アクセス
■電車 ・小田急江ノ島線 片瀬江ノ島駅下車 徒歩5分 ・江ノ島電鉄 江ノ島駅下車 徒歩5分 ・湘南モノレール 湘南江の島駅下車 徒歩7分
概要
手づくりボートのデザインやアイデアを競うコンテスト。レースに参加する手づくりボートのみ対象としてコンテスト部門の賞を決める。(コンテストのみの参加は不可)
問合せ
藤沢商工会議所青年部
湘南・江の島手づくりボートレース実行委員会

0466-27-8888
ホームページ
http://www.fujisawa-kanko.jp/index.html

ハヤシ獅子舞
開催場所
福田神社
アクセス
■電車 ・小田急江ノ島線「桜ヶ丘」駅から徒歩約10分
概要
江戸時代末期より伝承された代神楽系の囃子獅子舞。
福田神社は日枝社と子之者が合併した神社で、囃子獅子舞は子之社氏子中に伝承されたきたもの。
両社のものが一緒になって踊るのも珍しい。
大和市指定無形民俗文化財。
問合せ
大和市役所 文化振興課
TEL 046-260-5225

相模湖ダム祭
開催場所
県立相模湖交流センター、相模湖漕艇場、県立相模湖公園、相模ダム、相模発電所
アクセス
■電車 ・JR中央本線「相模湖駅」から徒歩約8分。
概要
国では、森林や湖に親しむことにより、心身をリフレッシュしながら、森林やダム等のもっている自然豊かな空間や社会生活にはたしている役割について理解を深めていただくことを目的とする「森と湖に親しむ旬間」を定めている。
相模湖ダム祭は、「森と湖に親しむ旬間」の趣旨に沿ったイベントで、県の水源地域のひとつである相模湖の重要性を認識し、自然環境の保全学習などを行なう学習会(事前申込制)を行なう。
学習会では、エアレーション見学などを行なう遊覧船周遊や相模ダム・相模発電所見学などが行なわれる。

問合せ
相模湖経済観光課 
TEL:042-684-3240

県企業庁水道電気局相模川水系ダム管理事務所相模ダム管理所 
TEL:042-684-3521
ホームページ
http://www.e-sagamihara.com/
毎年7月15日~21日 白旗神社例大祭
開催場所
白旗神社
アクセス
■電車 ・白旗神社は藤沢駅から小田急江ノ島線で一駅のところにある藤沢本町駅にあります。  駅から商店街を抜けて徒歩7分。
概要
・出御祭
・神幸祭 義経・弁慶神輿渡御
・野外映画の夕べ
・宵宮祭
・例祭 神酒所巡拝 万灯みこし渡御 還御祭
問合せ
白旗神社社務所
TEL:0466-22-9210 
ホームページ
http://shirahata-jinja.jp/
海の日 浜降祭
開催場所
茅ヶ崎西浜海岸
アクセス
■電車 JR東海道線「茅ヶ崎」駅南口から徒歩約20分 ■バス 当日は早朝より臨時バスが出る。(要問合せ)
概要
■概要
天保9年(1838)、寒川神社の神輿が、例年春に行われる国府祭(こうのまち)【大礒町国府本郷】に渡御した帰途、相模川の渡し場で寒川の氏子と地元の氏子が争いを起こし、川に落ちて行方不明になってしまった。その数日後、南湖の網元である孫七さんが漁の最中にこのご神体を発見し、寒川神社に届けたことを契機に、毎年同神社の神輿が、そのお礼のため南湖の浜に赴き、「禊(みそぎ)」をするようになったと言い伝えられている。
一方、江戸時代後期に幕府がまとめた『新編相模国風土記稿』によると、鶴嶺八幡宮では、寒川神社のお礼参りよりずっと古い時代から、心身の罪やけがれを清める「みぞぎ」の神事を行うため、毎年、浜辺への渡御が行われていたとある。

■祭典の進行
・午前5時 一番輿が祭典会場に入場(7時までに全部の神輿が順次入場)
・7時 浜降祭合同祭開式
・8時 先駆神社神輿発輿(帰路へ出発)
・9時 終了 ※神輿が海に入るのは、入場時と祭事終了後の帰路へつく前

問合せ
茅ヶ崎海岸浜降祭実行委員会(寒川神社総務課内)0467-75-0004
茅ヶ崎海岸浜降祭保存会(茅ヶ崎商工会議所) 0467-58-1111
ホームページ
http://www.chigasaki-kankou.org/event/festival02/index.html

カヌーマラソンIN丹沢湖
開催場所
山北町丹沢湖水域
アクセス
■バス ・小田急小田原線「新松田」駅から「中川温泉・西丹沢自然教室」行きバスで約45分「玄倉」下車すぐ。 ・JR御殿場線「山北」駅または「谷峨」駅から「中川温泉・西丹沢自然教室」行きバスで約45分「玄倉」下車すぐ。 ■車 ・東名高速「大井松田IC」から約30分 ・東名高速「御殿場IC」から約30分
概要
豊かな森林と清流のまち"やまきた"を漕ぐ、さわやかレクリエーションレース。
さわやかな風がふきぬける自然豊かな丹沢湖へ、色とりどりのカヌーが全国各地から集結。
問合せ
山北町役場生涯学習課内 カヌーマラソンIN丹沢湖実行委員会事務局 電話: 0465-75-3649
海の日の前日 神輿渡御
開催場所
荏柄天神社?
アクセス
■電車 JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩約20分 ■バス JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から、「大塔宮」行きバスでで約10分「大塔宮」下車徒歩約3分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約10分
概要
鎌倉雪の下、閑静な住宅地に太鼓の音と神輿の担ぎ手のかけ声が響き渡る。
荏柄天神社の神輿はかって二階堂にあった熊野神社に合祀された八雲神社の神輿である。
担ぎ手は白装束に身を­包み、古式豊かな唄に合わせて、練り歩く。
問合せ
荏柄天神社(0467-25-1772)
ホームページ
http://www1.kamakuranet.ne.jp/egara/
第1土曜 サザンビーチちがさき海開き
開催場所
サザンビーチ
アクセス
■電車 JR東海道線「茅ヶ崎」駅南口から徒歩約20分 ■バス JR東海道線「茅ヶ崎」駅南口から37番系統「浜見平団地行」バスで約8分「海水浴場前」下車すぐ ■車 東名高速道路「厚木IC」から約30分
概要
式典、スマイル茅ヶ崎委嘱式、くす玉割り、他さまざまなアトラクションを予定。
問合せ
茅ヶ崎市観光協会(0467-84-0377)
第1日曜 大磯海水浴場海開き
開催場所
大磯海水浴場(北浜海岸)
アクセス
■電車 JR東海道線「大磯」駅から徒歩約9分 ■車 小田原厚木道路「大磯IC」から約15分
概要
照ヶ崎にある『松本順謝恩碑』に黙祷を捧げた後、参列者は北浜海岸の海水浴場に移動し、シーズン中の安全を祈願する神事が行われる。
問合せ
大磯町観光推進室
0463-61-4100
第1日曜~第2日曜 天王祭(夏祭り)
開催場所
瀬戸神社
アクセス
■電車 ・京浜急行線「金沢八景」駅から徒歩約2分 ・シーサイドライン線「金沢八景」駅から徒歩約1分 ■車 ・横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約5分
概要
氏子町内挙っての盛大な祭り。
第1日曜は出御祭。
お神輿に御神霊を迎え、六浦睦町内までの渡御がある。
3日目の晩に行われるのが「三ツ目神楽」。
鎌倉の鶴岡八幡宮に神楽方として奉仕した職掌といわれる神職家に伝承される神楽。
「鎌倉神楽」「湯花神楽」「職掌神楽」とも呼ばれる古風な湯立の神楽が19時から行われる。
暗くなった境内にはあんどんに灯が入り、湯をたぎらせた釜の下で炎がゆらぐ。
神職が釜の湯を御幣でかき回す時に湯花が立ち、また笹を湯につけて参列者に振り掛ける。
この湯を浴びたり、釜の湯を飲むとその年は無病息災といわれる。
第2日曜は神輿の町内巡幸。
各町内でも屋台・山車の上でお囃子が賑やかに打鳴らされ、大人・子供の神輿で終日賑う。
夕刻、本社神輿が威勢よく宮入りをして祭りは終了する。

問合せ
瀬戸神社
TEL 045-701-9992
ホームページ
http://www1.seaple.icc.ne.jp/setojinja/
第1日曜日 夕日の滝びらき
開催場所
夕日の滝
アクセス
■電車・バス ・大雄山線「大雄山」駅下車 バス乗り場より箱根登山バス「地蔵堂」行きで「地蔵堂」バス停下車徒歩約15分 ■車 ・東名「大井松田インター」出口南足柄方面へ約4.5km→「龍福寺」信号交差点右折後約7km  →地蔵堂案内看板左折後約500m
概要
酒匂川の上流内川にかかる落差23m、幅5mの滝で金太郎が産湯をつかった滝と伝えられている。
夕日の滝の名称は、夕日に映える美しさから名づけられたと言われているが、
毎年1月半ばに夕日が滝口に沈むところからつけられたとも言われている。

新緑、紅葉ともに美しく、夏はキャンプ場が開かれ水遊びでにぎわう。
7月の第1日曜日は、登山やキャンプの安全祈願のため「夕日の滝びらき」が行われる。


■■ (参考までに) 主な催し物 ■■

  ・山伏によるキャンプ・ハイキング等の安全祈願
  ・足柄ささら踊
  ・丹沢アルプホルン
  ・フラダンス
  ・岡本中学校ブラスバンド
  ・足柄ばやし
  ・ますのつかみ取り(小学生以下対象)
  ・売店等も出店
問合せ
■南足柄市観光協会
〒250-0192
神奈川県南足柄市関本440
南足柄市商工観光課
0465-73-8031
ホームページ
http://www.city.minamiashigara.kanagawa.jp/
第2週の土曜日 海の公園海開き
開催場所
海の公園
アクセス
■電車 ・シーサイドライン「海の公園南口」駅、「海の公園柴口」駅または「八景島」駅から徒歩約2分 ■車 ・横浜横須賀道路 並木ICから国道357号線で約2.5kmまたは首都高速湾岸線 幸浦ICから国道357号線で約2.0km
概要
横浜市内で唯一海水浴場。
開会式、海開き宣言の他、ビーチクリーンや特設ステージでのイベントなど。
問合せ
海の公園管理センター
TEL 045-701-3450
ホームページ
http://www2.umino-kouen.net/event/
第3日曜 御船祭
開催場所
高来神社、大磯町内各地、大磯漁港
アクセス
■電車 JR東海道線「大磯」駅から徒歩約10分 ■車 小田原厚木道路「大磯IC」から約15分
概要
前日の土曜日に宵宮がおこなわれ、日曜日早朝に、高来神社で神事が行われて御霊(みたま)が神輿(みこし)に納められて宮出し。
その後、神輿は町内12町を担ぎ継がれる「神輿渡御」が行われ町内を練り歩く。
正午に大磯港式典祭場で、神事・式典が行われる。

※2年に1度ごとに二艘の船形の山車が出る。要確認。

問合せ
大磯観光案内所(0463-61-3300)
第3日曜日 鹿島踊り
開催場所
寺山神社
アクセス
■電車 ・JR東海道線「根府川」駅から徒歩約5分
概要
鹿島踊りが行われている地方は、石材・木材運搬の主要地で、その輸送を船に頼っていた。
このようなことから鹿島踊りは、悪疫退散・航海安全のおまじないとして、
平坦な農地に恵まれない人々に信仰の糧を与える芸能となった。
問合せ
■小田原市文化部文化財課
0465-33-1717
ホームページ
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/event/JUL/kashimaodori.html

三嶋神社例大祭 浜降祭
開催場所
三嶋神社、平塚海岸、須賀港
アクセス
■電車 JR「平塚」駅南口から『須賀港』方面へ徒歩約10分 ■バス JR「平塚」駅南口から「須賀港」行きバスで約5分「明神前」下車徒歩約1分 ■車 東名高速道路「厚木IC」から約30分
概要
このお祭りは年に1度の大祭で、地域に流行病や災害がなく、大漁満足と五穀豊穣で人々が平和でゆたかであることを祈る祭典。
江戸時代(1600年?)頃には、須賀千軒の賑わいと共に、例大祭「須賀のまつり」としてさらに盛り上がりをみせ、輿がのると7日?12日間といつまでも続けられるため、「須賀の入梅まつり・長まつり」ともうたわれた。

古くは、5台の山車(だし)を先頭に榊・鉾・剣等が従い、次に神輿・名主・組頭・麻上下の百姓氏・羽織姿の町頭が警護し、各町内のお旅所を巡り、海岸に至って浜降祭(はまおりさい)を行い、深夜に神社に戻った(宮入)といわれる。

現在は大神輿を中心に8基の神輿を大勢の氏子青年・各所の担ぎ手が2日間にわたり、各町内を練り歩きます。 

夕刻から大神輿と町内神輿を海に入れる浜降祭が行われ、夜は須賀港から神社までの商店街(新地通り)を七夕(たなばた)のお祭りパレードをはじめ、太鼓山車(たいこだし)、8基の神輿が宮入する姿は湘南の夏にふさわしい盛大なお祭りである。
問合せ
平塚三嶋神社(0463-22-3510)
ホームページ
http://www.scn-net.ne.jp/~misima-j/
終わり~8月初め 御成ぼんぼり祭
開催場所
御成商店街
アクセス
■電車 JR・江ノ島電鉄「鎌倉」駅西口からすぐ
概要
ぼんぼり祭りといえば八幡宮が有名だが、もうひとつ鎌倉住民に親しまれているぼんぼり祭りがある。
公募で寄せられた作品340点が140基のぼんぼりとして商店街に飾られる。
フラダンスやサンバパレードなどのイベントや模擬店もあり。
問合せ
御成商店街協同組合(0467-23-1250 )

ホテル空室検索へ

Facebookへ

ページの上部へ