かながわNOW トップページ > 観る > 年間行事・祭 > 5月

年間行事・祭:5月

*ここに掲載してあります年間の行祭事情報は、1年間に予定をされている行祭事をご紹介するページですので、日付け等は変更になることがあります。 最新の情報をお知りになりたい方は、イベントカレンダー・今月の特集のコーナーをご覧いただくか、各市町村にお問い合せの上、ご確認くださいますようお願いいたします。

5月
14日~16日 伊勢山皇大神宮例大祭
開催場所
伊勢山皇大神宮
アクセス
■電車 ・JR・市営地下鉄「桜木町」駅から徒歩約10分 ■バス ・横浜駅から8・26・58・89・105系統にて「紅葉坂」下車徒歩約5分 ■車 ・首都高速横羽線・・・みなとみらいランプより約5分 ・東名高速・保土ヶ谷バイパス・横浜横須賀道路・・・狩場インターから高速3号阪東橋ランプより約7分
概要
古式にのっとり手を使わず、包丁のみで魚を調理する包丁式などが行われる。
問合せ
伊勢山皇大神宮
TEL 045-241-1122
ホームページ
http://www.iseyama.jp/
15日 瀬戸神社例大祭
開催場所
瀬戸神社
アクセス
■電車 ・京浜急行線「金沢八景」駅から徒歩約2分 ・シーサイドライン線「金沢八景」駅から徒歩約1分 ■車 ・横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約5分
概要
一年に一度のもっと大切な祭りで、毎年五月十五日に行われる。
神社本廳より献幣使が派遣され、全国の神社氏子一同が共々に祭礼を祝ひ、国家皇室の安泰と国民の平穏、
そして天下万民の和楽泰平、世界の平和を祈念して幣帛を神前に奉る。
瀬戸神社では古くからの例大祭に伴ふ特別の行事として、琵琶島神社巡幸祭が行われる。
瀬戸神社御本殿での大祭式が終わる11時ころ、御神輿が神社前の国道を横切り、平潟湾に浮かぶ琵琶島神社まで神幸する。
三管の雅楽が奏でられるなか、神輿はおごそかに静々と進む。

問合せ
瀬戸神社
TEL 045-701-9992
ホームページ
http://www1.seaple.icc.ne.jp/setojinja/
22日 北条一族慰霊供養
開催場所
宝戒寺
アクセス
■電車 JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅東口から徒歩約13分
概要
新田義貞の鎌倉攻めによって、北条高時以下一族が東勝寺で自刃した日。宝戒寺では、北条一族の供養が行われる。
鎌倉幕府が滅亡した日。
問合せ
宝戒寺(0467-22-5512)
28日 白旗神社例祭
開催場所
鶴岡八幡宮
アクセス
■電車 JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩15分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約20分
概要
若宮の東に鎮まる白旗神社は、源頼朝公、実朝公がお祀りされている。
白旗神社は、かつて本宮の西側にあった頼朝公を祀る白旗社と、その西坂の下にあった実朝公を祀る柳営社とを、合祀して現在の場所に遷された。
問合せ
鶴岡八幡宮(0467-22-0315)
ホームページ
http://www.hachimangu.or.jp/

湯かけまつり
開催場所
■湯河原観光会館  ■不動滝?湯河原観光会館?泉公園(神輿パレードコース)
アクセス
■電車・バス ・JR東海道線「湯河原」駅からバス10分、「落合橋」バス停下車徒歩すぐ
概要
江戸時代、湯河原の温泉が傷だけでなく万病に効くといわれたことから、
樽に詰めた湯を神輿に担いで将軍家にたびたび献湯し、
献湯神輿出発の際、道中の安全を祈願し、湯を掛けお払いする儀式が行われていた。
現在では温泉に感謝の意を込めて、沿道の人々が盛大に神輿に湯を掛ける。
問合せ
■社団法人湯河原温泉観光協会
0465-64-1234
29日 大山酒まつり
開催場所
大山阿夫利神社下社
アクセス
■バス ・小田急線「伊勢原」駅北口から神奈川中央交通バス4番線「大山ケーブル駅行き」で約30分 ■車 ・東名「厚木IC」および「秦野中井IC」から約30分 ・小田急厚木道路「伊勢原IC」から約20分  
概要
関東一円の問屋、醸造元がその年の新酒を奉献し、酒造の安全と五穀豊穣を祈る酒祭祈願祭の後、下社境内で県別銘柄の試飲やきき酒会が行われる。
成績優秀者には粗品が進呈される。
問合せ
■大山阿夫利神社
0463-95-2006
3日 小田原北條五代祭り
開催場所
小田原城址公園とその周辺 (出陣式は銅門広場)
アクセス
■電車 JR東海道線「小田原」駅東口より徒歩約10分 ■車 小田原厚木道路「荻窪IC」から約10分 西湘バイパス「小田原IC」から約5分 東名高速道路「大井松田IC」から約40分
概要
小田原北條五代祭りは、神奈川県小田原市の伝統的な祭り。小田原市最大の観光イベントである。
「北條五代祭り」と略され、略字の「北条」で表記されることが多いが、
「北條」表記が正しい。武者行列、パレードと呼称されることが多い。
               ↑  
※武者行列、パレード=総勢約1,800名の武者隊・音楽隊・まち衆隊の大パレードが市内を勇壮に練り歩く。
 全長3000m。
   ↓<詳細>
■第1梯団434m
・吹奏楽隊
■第2梯団50m
・民謡隊
■第3梯団140m
・音楽隊
■第4梯団620m
・武者先駆け隊=200m
・北條軍団=420m
■第5梯団260m
・まち衆隊=85m
・神輿隊=175m
問合せ
■小田原市観光協会
0465-22-5002

■小田原市観光課
0465-33-1521
ホームページ
http://www.odawara-kankou.com/event/

ザ よこはまパレード
開催場所
山下公園?伊勢佐木町
アクセス
山下公園 ■電車 ・みなとみらい線「元町・中華街」駅から徒歩3分
概要
みなと祭りのオープニングを飾る華やかなパレード。
趣向を凝らしたカラフルなフロートやマーチングバンドをはじめ、獅子舞・龍舞など横浜ならではの出し物が続々登場。
コースは山下公園前?伊勢佐木町の約3.4Km。
問合せ
国際仮装行列実行委員会事務局
TEL 045-671-7423
ホームページ
http://www.yokohama-cci.or.jp/
3日、4日、5日 松原神社例大祭
開催場所
■松原神社 ■御幸の浜 ■町内 ■他、北條五代まつりと合流(3日)
アクセス
■電車 ・JR東海道線「小田原」駅東口より徒歩約15分
概要
小田原駅周辺の5神社(松原神社、大稲荷神社、山王神社、居神神社、下府中神社)による例大祭が、
5月の3日?5日まで行われる。
以前は神社毎に別々に行われていたが、小田原北条五代祭りの開始に合わせて統合開催されるようになった。

規模は松原神社だけでも氏子28区あり、
そのほとんどの神輿は小田原担ぎ(小田原流)と呼ばれる独特な担ぎ方で渡御される。

3日の小田原北条五代祭りの武者行列の最後に5神社の連合渡御が行われ、
神社神輿による合体が見られる。
松原神社では町会神輿の御霊入れが同日夕方から行われ、
実際には4日から山車の運行や神輿の渡御が行われる。

海沿いの町会では浜降りも行われる。
近年では有志の地区で『神輿によるタイムレース』も行われるようになった。
最も見応えがあるのは'5月5日昼頃の小田原駅前'と夜の各神社の宮入で神輿と山車と人で溢れかえる。
特に5日昼過ぎの小田原駅周辺は、
松原神社と大稲荷神社の氏子区域が複雑に入り組み重なる部分もあるため、
見渡す限り両神社の神輿と山車だらけになる。

大稲荷神社では小学生?中学生の巫女と天狗が、
居神神社では高校生の巫女が登場し花を添える。

5月4?5日は小田原市内中心部は山車・神輿の運行があるが、
小田原駅近辺の道路や、小田原市街部の国道1号線や国道255線は渋滞するので注意が必要である。


■■■ 詳 細 ■■■

■3日(御霊入れ)
・各町内神輿の御霊入れが行われ、その後北条五代祭へ参加と各町内を練り歩きまわる。

■4日(お浜降り他)
・神輿が御幸の浜から浜に続々と降り、波打ち際を歩く。
・その後砂浜ですべての神輿が並び、順番に海に向かってつっかける。

■5日(宮入他)
・夕方頃になると二十七機の神輿が松原神社へ集まって、二十七機の神輿が松原神社へと向かう。
・7時半頃から9時半頃にかけて宮入が始まり、待っている神輿はつっかけをしあったりする。
※神輿どうしのつっかけが見れるのは多分ここだけ(?)
問合せ
■松原神社
0465-22-2672
※メールでのお問い合わせは、松原神社ホームページの「お問い合わせ」から出来る。
  ↓
http://www.asahi-net.or.jp/~gf7m-hris/index.html
ホームページ
http://www.asahi-net.or.jp/~gf7m-hris/daieikai_008.htm
4日・5日 座間の大凧まつり
開催場所
相模川グラウンド
アクセス
■電車 ・JR相模線「相武台下」駅から徒歩約20分 ・小田急線「座間」駅から徒歩約30分
概要
江戸時代末期からの端午の節句を祝う伝統行事。
13メートル四方(100畳)の大きさで、その重量は約1,000キログラム、約200人の引き手によって揚げられる。
問合せ
広報広聴人権課 広報係
TEL 046-252-8321
ホームページ
http://www.zama-kankou.jp/event/
5日 公時祭
開催場所
公時神社
アクセス
■バス ・箱根登山鉄道「箱根湯本」駅から箱根登山バス「湖尻・桃源台」行きで約28分「仙石案内所前」下車、 小田急高速バス・箱根登山バス「御殿場駅」行きに乗り換え約5分、「金時神社入口」下車、徒歩約3分 ■車 ・小田原厚木道路「箱根口I.C」から国道1号経由約30分
概要
坂田公時を祭る公時神社で子供の健康を祈願して行われる。子供ばやし、神事、子供剣道奉納、金時山登山競争、湯立獅子舞、ちゃんこ鍋サービス、子供相撲、福引、金時力餅まき、春の草花即売会などを予定。
9:30?15:00まで
問合せ
箱根町観光協会
0460-85-5700
http://www.hakone.or.jp/

清正公祭
開催場所
妙法寺
アクセス
■電車 JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩約18分 ■バス JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅バス3番乗場から「鎌30・31系統」で約10分「名越」下車徒歩約3分
概要
妙法寺では、5月5日に戦国武将加藤清正が祀られている大覚殿で読経が行われ、常勝の加藤清正にあやかり「すべての事に勝つ」という意味で、「清正公勝守」が授与される。
「勝守」は、この日だけしか置かれていない。
問合せ
妙法寺(0467-22-5813)

菖蒲祭
開催場所
鶴岡八幡宮
アクセス
■電車 JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩15分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約20分
概要
昔、武士の間で大切にされた「尚武」と言う言葉につながる菖蒲を使い、男の子が元気に健やかに育つように祈る。
舞殿で神事が行われた後、直会殿で舞楽が奉納される。
問合せ
鶴岡八幡宮(0467-22-0315)
ホームページ
http://www.hachimangu.or.jp/

寄自然休養村若葉まつり
開催場所
寄自然休養村管理センター広場
アクセス
■バス 小田急線「新松田駅」より「寄」行きバスで約20分「田代向」下車 ■車 ・東名「大井松田IC」から約15分
概要
こどもの日に開催される若葉まつりは、都市と農村の交流と、新緑を祝うお祭り。
大人気のマスのつかみ取り大会をはじめ、農産物の即売会など、さまざまな楽しいイベントが行われる。
会場には色とりどりの鯉のぼりも飾られる。
問合せ
松田町観光協会(0465-85-3130)
産業観光課(0465-83-1228)

草鹿神事
開催場所
鎌倉宮
アクセス
■電車 ・JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩約30分 ■バス ・「鎌倉」駅東口から「大塔宮」行きバスで約10分「大塔宮」下車徒歩約1分 ■車 ・横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約15分
概要
端午の節句に行われている『草鹿式』(くさじししき)。
鹿の形をした的に向かって射手が交替で矢を射ていく。
小笠原流鎌倉古式弓道保存会の協力のもと、昭和初期より行われている。
勝ち組の大将には神職より「菖蒲の花」が贈られる。(13:00より)


問合せ
・鎌倉宮社務所
0467-22-0318(受付時間09:00?16:00)
ホームページ
http://www.kamakuraguu.jp/index.html

国府祭
開催場所
六所神社、神揃山、馬場公園
アクセス
■バス JR東海道線「大磯」駅から「13番湘南大磯住宅」行き、または「14番二宮駅北口」行きのバスで約15分「東海大学大磯病院前」下車
概要
「国府祭」は、端午祭(たんごまつり)あるいは天下まつりとも呼ばれ、千余年の伝統をもつ相模国第一の大祭。

当日は、寒川神社(さむかわじんじゃ):寒川町、川匂神社(かわわじんじゃ):二宮町、比々多神社(ひひたじんじゃ):伊勢原市、前鳥神社(さきとりじんじゃ):平塚市、八幡神社:平塚市の五社の神が“神揃山(かみそろいやま)”に集まる壮大な祭りである。

また神揃山で行われる“座問答”の神事は特に有名。

※9時?17時まで馬場公園と神揃山付近は交通規制がある。
問合せ
大磯町観光協会 Tel:0463-61-3300
ホームページ
http://www.rokusho.jp/index.html

川勾神社の国府祭神輿出御
開催場所
川勾神社
アクセス
■バス JR東日本東海道本線「二宮」駅から「国府津駅」行きバスで約10分「押切坂上」下車徒歩約10分 ■車 西湘バイパス「西湘二宮IC」から約15分
概要
神揃山(かみそりやま)に、寒川神社(寒川町)、川勾神社(二宮町)、比々多神社(伊勢原市)、前鳥神社(平塚市)、八幡神社(平塚市)の5つの神社が神輿で渡御参集して、正午を期して座問答が繰り広げられる。
これは千年余前に相模の国ができたときに、一の宮を寒川神社と川勾神社で主張し合った際に、仲に立った比々多神社宮司が「いずれ明年まで」として争いを収た故事で、現在まで延々と千余年も毎年続けている。
終わって、親神の六所神社が矢場に渡御して、祝詞奏上、巫女の浦安の舞、国司代(大磯町町長)の玉串奉奠(ほうてん)などが行われる。沿道には露店が並びたくさんの人々が集まる。
問合せ
川勾神社(0463-71-0709)
5月~6月の春バラの時期 鎌倉文学館バラまつり
開催場所
鎌倉文学館
アクセス
■電車 江ノ島電鉄「由比ヶ浜」駅から徒歩約7分。 ■バス JR・江ノ島電鉄「鎌倉」駅東口1番、6番乗り場から「大仏方面行き」のバスで約10分「海岸通り」下車徒歩約3分。
概要
前田侯爵邸の時代をしのぶ文学館のバラ園が見頃をむかえると、バラまつりが行われる。
開催中はさまざまなイベントもあり。
問合せ
鎌倉文学館(0467-23-3911)
ホームページ
http://www.kamakurabungaku.com/index.html
9日 子育鬼子母神祭
開催場所
大宝寺
アクセス
■電車 JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅東口から徒歩約20分 ■バス 「鎌倉」駅バス3番乗場から「鎌30・31」系統バスで約10分「名越」下車徒歩約4分
概要
大宝寺では、毎年5月9日に荒行を終えた僧たちによって、子供たちの無事成長を祈願する「子育鬼子母神祭」が行われる。
その昔、鬼が千匹の子をもっており、その子たちに毎日人間の肉を食べさせていたという。ある日、その中の一匹がいなくなってしまい、どう探してもみつからない。実はお釈迦さまが隠しており、母鬼に「食べられた人間の家族は、みな嘆き悲しむ。これからは、ざくろの実が人間の肉の味に似ているから、それを食べさせるように。」と言ったという。それからは、鬼は子どもたちの守り神となり、人々は、ざくろの実をお供えするようになったということである。
問合せ
大宝寺(0467-22-2973)
いずれかの土日 かまくらビーチフェスタ
開催場所
由比ガ浜海浜
アクセス
■電車 ・JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩約15分 ・江ノ島電鉄「和田塚」駅から徒歩約5分 ・江ノ島電鉄「由比ケ浜」駅から徒歩約5分 ・江ノ島電鉄「長谷」駅から徒歩約5分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約15分
概要
由比ガ浜海浜の特設ステージにて、フラダンスやジャズライブなどを行う。
ウィンドサーフィンやフリンゴなど体験コーナーやビーチフットサル大会、砂像作りなどにも参加できる。
地元飲食店などの模擬店もあり。

※2011年は震災の影響により9月に開催された
問合せ
鎌倉市観光協会(0467-23-3050)
上旬 ビーチバレー常設コートオープン記念大会
開催場所
藤沢市鵠沼海岸ビーチバレーコート
アクセス
■電車 小田急江ノ島線「鵠沼海岸」駅から徒歩約10分
概要
日本でのビーチバレー発祥の地、藤沢市鵠沼海岸にビーチバレーの愛好者を一堂に会して親睦の輪を広げ、ビーチバレーの普及と底辺の拡大を図るため大会を開催。

■種目
・男子2人制
・女子2人制
・フリー4人制(性別を問わず)
・初心者4人制(性別を問わず)
問合せ
藤沢市鵠沼海岸サーフビレッジ内 (社)藤沢市観光協会
TEL:0466-30-1696
ホームページ
http://www.fujisawa-kanko.jp/index.html
上旬 岡崎鈴川鯉のぼり
開催場所
鈴川大畑橋下流両岸(平塚市岡崎地区)
アクセス
■バス JR「平塚」駅北口からふじみの経由「伊勢原駅南口」行き、または「伊勢原車庫」行きで約30分「大畑平岡幼稚園前」下車すぐ
概要
二級河川鈴川では地元の人々が草刈り、清掃を行うとともに、水質改善もすすみ、鮎もよみがえってきている。
そのような中、さらに人が集い憩う場所になるよう、地元自治会が支柱を設置し、不用となり物置に眠っている鯉のぼりを泳がせ、まつりを開催している。

鯉のぼりまつりは平成19年から開催しており、川がきれいになって子どもたちも川で遊んでいる。


問合せ
平塚市まちづくり事業部みどり公園・水辺課 水辺・海浜担当
電話:0463-23-1111(代表)0463-21-9852(直通)

武山つつじ祭り
開催場所
武山山頂
アクセス
■電車 ・JR横須賀線「横須賀」駅・京急線「横須賀中央」駅よりバス「一騎塚」下車、徒歩40分 ・京急線「津久井浜」駅より徒歩80分
概要
三浦半島の中で、最も緑豊かな自然環境に恵まれた景勝地「武山」。
4月中旬から5月初旬にかけての開花時期に、オオムラサキ、博多白、妙義山など約2,000本のツツジが山頂の展望台を中心に咲き誇り見事な花園となる。
問合せ
武山観光協会事務局 TEL.046-856-3157
横須賀市コールセンター TEL.046-822-2500
ホームページ
http://yokosuka-kanko.com/

称名寺薪能
開催場所
称名寺境内 (雨天時は金沢公会にて(2011年))
アクセス
■電車 ・シーサイドライン「海の公園南口」駅又は「海の公園柴口」駅から徒歩約10分 ・京浜急行線「金沢文庫」駅から徒歩約12分
概要
区制50周年を記念して平成10年に始まる。
金沢区にゆかりの能が、多くの方によって支えられながら行われている。
問合せ
金沢区役所
TEL 045-788-7804
ホームページ
http://www.yokohama-kanazawakanko.com/event/event012.html

あいすくりーむ記念日 馬車道マルシェ
開催場所
馬車道
アクセス
■電車 ・みなとみいらい線「馬車道」駅下車すぐ。 ・JR京浜東北線「関内」駅から徒歩約5分
概要
アイスクリーム発祥記念に併せて、馬車道通り沿いに周辺店が屋台を出店。
発祥記念日である5月9日には、「馬車道あいす」 の街頭無料配布を実施。
問合せ
馬車道商店街
TEL 045-641-4068
ホームページ
http://www.bashamichi.or.jp/

こいこいまつり ?和田の里交流祭?
開催場所
県立陣馬自然公園センター周辺
アクセス
■バス ・JR中央本線「藤野駅」から「和田」行きバス(野08系統)、終点下車、徒歩約1分。
概要
沢井川に3本のワイヤーを渡し、約200匹の鯉のぼりが群泳。
また、地域特産品販売コーナーとして、取れたての山菜や筍、手作りこんにゃく、草もち、手作り酒まんじゅう、おやきなどの販売も行なう。
そのほか、体験参加型コーナーとして竹細工体験、手もみ茶づくり体験なども行なわれる。
問合せ
和田の里みちくさの会 
TEL:042-687-5151
ホームページ
http://www.e-sagamihara.com/

クレマチスフェア
開催場所
相模原麻溝公園
アクセス
■電車 ・JR相模線「原当麻駅」から徒歩25分。 ■バス ・小田急線「相模大野駅」から「女子美術大学」行きバス(大60系統)、終点下車、徒歩1分。 ・JR横浜線「相模原駅」から「相武台前駅」行きバス(相27系統)、「総合体育館前」下車、徒歩5分。 ・JR相模線「原当麻駅」から「北里大学」行きバス(当02系統)、「県立相模原公園前」下車、徒歩10分。 ・JR相模線「原当麻駅」から「相模大野駅」行きバス(大15系統)、「県立相模原公園前」下車、徒歩10分。
概要
相模原麻溝公園は230種類、約8,000株の色鮮やかなクレマチスが咲き誇るクレマチスの名所で、その数は日本有数の規模である。クレマチスフェアーではスタンプラリー・展示会・即売など様々なイベントが催される。
問合せ
相模原市みどりの協会 
TEL:042-777-2860
ホームページ
http://www.sagamihara-green.or.jp/

相模の大凧まつり
開催場所
相模川新磯地区河川敷会場(新戸会場・勝坂会場・下磯部会場・上磯部会場)
アクセス
■電車  (新戸会場・勝坂会場)   JR相模線「相武台下駅」から徒歩約15分。  (上磯部会場)   JR相模線「下溝駅」から徒歩10分。 ■バス (新戸会場・勝坂会場)  小田急線「相武台前駅」から「磯部」行きバス(台06系統)、「相武台下駅」下車、徒歩約15分。 (下磯部会場)  JR相模線「相武台下駅」から「磯部」行きバス(台06系統)、終点下車、徒歩10分。 (上磯部会場)  JR相模線「相武台下駅」から「磯部」行きバス(台06系統)、終点下車、徒歩15分。 ※まつり期間は、JR相模線「相武台下駅」から巡回バス(無料)が20分から30分間隔で運行しています。  【巡回バスのルート】  JR相模線「相武台下駅」→大凧センター→上磯部会場→下磯部会場→勝坂新戸会場→JR相模線「相武台下駅」
概要
天保年間(1830年頃)から受け継がれてきた相模原市の伝統行事の一つ。
新磯(新戸、上磯部、下磯部、勝坂)地区で、「相模の大凧保存会」によって活動が続いている。
なかでも、新戸の八間凧は、14.5メートル四方、950kgものサイズであり、毎年揚げているものとしては日本一の大きさを誇ってる。
巨体が空に浮かぶさまは壮大そのもの。
問合せ
相模の大凧まつり実行委員会事務局(新磯まちづくりセンター内) 
TEL:046-251-0014

相模原市観光協会 
TEL:042-769-8236
ホームページ
http://www.sagami-oodako.com/
下旬 曽我の傘焼まつり
開催場所
曽我の里 城前寺
アクセス
■電車 ・JR御殿場線「下曽我」駅から徒歩約10分
概要
日本三代仇討ちの一つ、曽我物語の曽我十郎・五郎兄弟が父の仇を討つ際に、
傘を燃やして松明にしたという故事にちなみ、
十郎・五郎に扮した幼児が全国から奉納された古傘に火をつけて燃やし、兄弟の霊を慰める。
問合せ
■小田原市観光協会
 0465-22-5002

■小田原市観光課
 0465-33-1521
ホームページ
http://www.odawara-kankou.com/event/

道寸祭り「笠懸」
開催場所
油壷荒井浜海岸
アクセス
■電車 ・京急「三崎口」駅から「油壷」行バス終点下車徒歩10分 ■車 ・横浜横須賀道路衣笠ICから三浦縦貫道路林出口 国道134号経由で9.5km 約20分
概要
室町時代に滅亡した三浦一族の鎮魂祭。
特に、笠懸は鎌倉時代から室町時代にかけて流行した流鏑馬、犬追物と並ぶ三大古弓馬術の一つで、三浦一族のお家芸であった。

問合せ
三浦市商工観光課
TEL:046-888-0588
ホームページ
http://www.city.miura.kanagawa.jp/index.html

魚まつり朝市
開催場所
平塚魚市場
アクセス
■電車 JR東海道線「平塚」駅から徒歩約30分 ■バス JR東海道線「平塚」駅から「須賀港」行きバスで約10分「須賀港」下車徒歩約5分 ■車 東名高速「東名厚木IC」」から約30分
問合せ
農水産課(みなと水産担当)
〒254-0803 神奈川県平塚市千石河岸28番11号
ファクス番号:0463-21-5809
直通電話番号:0463-21-2066

湘南よさこい祭り
開催場所
湘南スターモール、見附台広場、MN北広場、紅谷町まちかど広場(前夜祭)
アクセス
■電車 JR東海道線「平塚」駅下車
概要
初夏の爽やかな空気を熱気に変え、平塚によさこいの大音響がこだまする、「湘南よさこい祭り」。
商店主、青年商工会シニア会、踊り愛好家ら市民が中心となって企画した手作りの祭り。
湘南スターモール「まちかど広場」で開会式が始まり、流し踊り会場、まちかど広場、コンテスト会場、と3会場で、タイムスケジュールによって各会場で定点踊りで行われる。
問合せ
湘南よさこい祭り事務局(0463-23-8171)
ホームページ
http://www.shonan-yosakoi.com/index.html

湘南ひらつかフラワーシティー
開催場所
ひらつか市民プラザ
アクセス
■電車  JR東海道線「平塚」駅北口下車徒歩約10分、西口下車徒歩約5分
概要
平塚特産のバラや鉢花・洋蘭・切花を展示・即売する「湘南ひらつかフラワーシティ」。
地元の花生産者の皆さんが丹精込めて育てた花、約100品種を出品。
花生産者や直売所などを紹介するほか、会場では「花のウェルカムボード」が来場者の皆さんを出迎える。
問合せ
平塚市農水産課 農政・営農担当 tel:0463-35-8102

横浜港カッターレース
開催場所
山下公園前面水域及び公園内
アクセス
■電車 ・みなとみらい線「日本大通り」駅又は「元町・中華街」駅から徒歩約5分
概要
横浜港・山下公園前の海面で行われている初夏の風物詩。
6m型カッターを漕いで山下公園に沿って360mを往復するレース。
問合せ
横浜港振興協会
TEL 045-671-7241
ホームページ
http://www.yokohamaport.org/

厚木市さつきまつり
開催場所
中央通り、厚木中央公園
アクセス
■電車 ・小田急小田原線「本厚木」駅から徒歩約5分
概要
5月下旬に、市の花「さつき」を主役に開催します。さつき盆栽の展示をはじめ、パレード、みこしショーなど多彩な催しがある。
市民さつき展では、毎年一般の市民からのさつき盆栽が競われ、市民の目を潤す。
昭和49年から開催されている。

問合せ
厚木市さつきまつり実行委員会 厚木市役所内公園緑地課
TEL: 046-225-2410
ホームページ
http://www.atsugi-kankou.jp/
下旬~6月上旬 さつき盆栽展
開催場所
三溪園
アクセス
■電車、バス ・「根岸駅」より、1番乗り場《市バス58・99・101系統》10分、「本牧」下車後、徒歩7分。 ・「桜木町駅」より、2番乗り場《市バス8・148系統》約25分、「本牧三溪園前」下車後、徒歩約5分。 ・「横浜駅」東口より、2番乗り場《市バス8・148系統》約35分、「本牧三溪園前」下車後、徒歩約5分。 ・「元町・中華街駅」4番出口より、山下町バス停《市バス8・148系統》約15分、「本牧三溪園前」下車後、徒歩約5分。 ※横浜発、横浜市営バス8系統および148系統のバスは、桜木町、山下町を経由して走行。 ※「本牧三溪園前」バス停は、みなとぶらりチケットの適用区間外のため、要注意。 ■車 ・東京銀座・羽田方面から…ベイブリッジ経由、「本牧埠頭ランプ」利用。ランプを降りたら道なり、T字路にあたったら左折し、「本牧元町入口」右折。 ※次の「三渓園ランプ」は、下り車線からは下りられないため要注意。 ・東名横浜町田方面(保土ヶ谷バイパス「狩場IC」経由)や第三京浜自動車道路から…「石川町IC」を経由し「新山下ランプ」を利用。ランプを降りたら道なり。「B突堤入口」を右折し、T字路にあたったら左折、「本牧元町入口」右折。 ・横須賀・金沢方面から…「並木IC」経由、「三渓園ランプ」を利用。ランプを降りたら道なり、「本牧元町入口」左折。
概要
樹齢数十年の見事なサツキの盆栽を展示。
整形技術大会、臨時園芸相談もあり。
問合せ
三溪園
TEL 045-621-0635
ホームページ
http://www.sankeien.or.jp/

横浜国際マリンエンターテイメントショー
開催場所
赤レンガパーク周辺特設会場
アクセス
横浜赤レンガパーク ■電車 ・JR・市営地下鉄「桜木町駅」より汽車道経由で徒歩約15分 ・JR・市営地下鉄「関内駅」より徒歩約15分 ・みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩約6分、「みなとみらい駅」より徒歩約12分 ■バス ・観光スポット周遊バス“あかいくつ”で 「赤レンガ倉庫」にて下車 【運賃】大人 100円(小人 50円) ・みなとみらい100円バスで「赤レンガ倉庫」下車(土曜・日曜・祝日のみ運行) 【運賃】大人 100円(小人 50円) ■車 ・首都高速横羽線を横浜方面へ進み、「みなとみらい」または「横浜公園」で下車 ・横浜ベイブリッジを渡る場合は、首都高速湾岸線を経由して「みなとみらい」にて下車 ■船 横浜駅東口 - みなとみらい - 赤レンガ倉庫 - 山下公園を結ぶ水上バス「シーバス」の利用が可能。1号館の海側に乗り場有。
概要
みなとみらいの赤レンガパーク周辺に、最新のボート、ヨットが大集合する。
問合せ
横浜国際マリンエンターテイメントショー運営委員会事務局
TEL 045-621-3481
ホームページ
http://www.yme.gr.jp/

横浜開港記念バザー
開催場所
横浜公園
アクセス
■電車 ・JR線・市営地下鉄線「関内」駅から徒歩約1分 ・みなとみらい線「日本大通り」駅から徒歩約3分
概要
大正9年から始まった歴史あるバザー。
植木市を始め、衣料品や食料品を売るコーナー、縁日コーナーなど
問合せ
横浜開港記念バザー実行委員会((株)横浜アーチスト内)
TEL 045-651-4547
ホームページ
http://www.kaikou-bazaar.jp/
下旬~6月中旬 星ヶ山公園さつきの郷 さつき開花
開催場所
星ケ山公園さつきの郷
アクセス
■電車 ・JR東海道本線「真鶴」駅から車で約15分 ・JR東海道本線「湯河原」駅から車で約25分 ※期間中はJR「湯河原」駅より、3番バス乗り場から臨時バス運行(有料:大人¥350、小人¥180) ■車 ・国道135号沿いに会場案内看板あり。  湯河原カンツリー倶楽部(ゴルフ場 湯河原町吉浜2020 TEL 0465-62-2551)を過ぎて道なりに約1km  カーナビを御使用の際は湯河原美化センター(ごみ処理施設 湯河原町吉浜2021-96 TEL0465-63-3471) に  設定頂き、美化センターを過ぎて道なりに約500m
概要
5万株のさつきが植栽されており、開花時期には紺碧の海とともに素晴らしい展望が広がる「星ケ山公園さつきの郷」。
「友逢(ゆうあい)の鐘」が人気。

※期間中はJR湯河原駅より臨時バス運行(有料)
問合せ
■湯河原町観光課
0465-63-2111
ホームページ
http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/
下旬の土・日曜日 秦野商工まつり
開催場所
秦野市文化会館周辺
アクセス
■電車 ・小田急線「渋沢」駅から徒歩約20分(約1.5km) ■バス ・小田急線「秦野」駅から、バス( 秦野08) 「桜土手経由渋沢駅北口行」で約15分、「文化会館前」下車すぐ  ※バス運賃170円 ・小田急線「秦野」駅から、バス( 秦野10) 「日立製作所行」で約15分、「文化会館前」下車すぐ  ※バス運賃170円  ※注意※バスの本数が少ない為、余裕をもって来場すること。 ■小田急線「秦野」駅から「文化会館」までタクシー利用の場合 ・ 約1,200円 ■車 ・東名「秦野中井IC」から約15分(約5km)
概要
秦野市の産業まつりとして、
地域にある各種業種組合によるサービスや代表的な地場産業の紹介、
工業製品の屋台骨を支える中小企業の高い工業技術水準など、
商工業を皆様に広く紹介することを目的に、
みんなで楽しめる多彩な催しが予定されている。


■■■ 商工まつりの主な行事内容 ■■■
【終日開催】
工業製品展示会
菓子の展示
特産品コーナー
秦野市観光協会推奨品展示
農産物加工品コーナー
販売コーナー
野菜果物、植木、
観光推奨品など
諏訪物産展
まんじゅうの実演販売
住宅・引越し・LPガス相談コーナー
切り花の無料配布
竹細工教室
竹製品展示販売
おたの市民抽選会
フワフワ (1回100円)
バザー
フリーマーケット(図書館前広場)
観光写真コンクール写真展示
国際交流コーナー
はだの八重桜の里アイスクリーム販売(飲食コーナー)

【土曜日のみ開催】
天装戦隊ゴセイジャー(子供ショー)午前・午後各1回の公演
※子供ショーの内容は平成23年に開催された時のものとする
フラメンコ(アマポーラ)
フラダンス(ハザマ・フラ・チーム)

【日曜日のみ開催】
海賊戦隊ゴーカイジャー(子供ショー) 午前・午後各1回の公演
※子供ショーの内容は平成23年に開催された時のものとする
秦野少女ラッパ鼓隊演奏
秦野観光和太鼓演奏
問合せ
■秦野市商工会議所
(秦野市商工まつり実行委員会)
0463-81-1355
ホームページ
http://www.hadano-cci.or.jp/scm/scm.htm

まが玉祭
開催場所
三之宮比々多神社
アクセス
■電車 ・小田急線「伊勢原」駅北口より、神奈川中央交通バス1番乗り場から「栗原行き」にて「比々多神社前」下車約2分。 ・同、 「善波・鶴巻行き」バスにて「神戸」下車約15分。 ・同、 4番乗場から「伊勢原車庫行き」バスにて「三ノ宮」下車約15分。 ■車 ・東名「厚木IC」からm約40分。
概要
約30団体が参加し伝統を継承するもので、特に土曜夜の「管絃と舞楽の夕べ」は照明とスモークの演出が見ごたえがある。
日曜には古式にのっとった富くじが行われ、多くの景品が準備される。
問合せ
■まが玉祭実行委員会(三之宮比々多神社内)
0463-95-3237
中旬 くりはま花の街フェア:春
開催場所
くりはま花の国
アクセス
■電車 ・JRまたは京急線久里浜駅より徒歩15分。 ■車 ・横浜横須賀道路佐原ICから約10分
概要
花市、観光協会ブース、ハーブ講座、アトラクション、中学校のブラスバンド演奏
よさこい踊り、カントリーダンス、和太鼓演奏、縁日コーナーなど
問合せ
久里浜観光協会
TEL:046-834-1111
メール:kua-ci@city.yokosuka.kanagawa.jp

ホームページ
http://www.kurihama.info/index.php

よこすかカレーフェスティバル
開催場所
三笠公園
アクセス
■電車 ・京急「横須賀中央駅」から徒歩15分 ・JR横須賀線「横須賀駅」からバス「大滝町」?徒歩7分
概要
すっかり“カレーの街”としておなじみとなった横須賀で、光と緑があふれる5月に開催されるカレーフェスティバル。
「全国ご当地カレー大集合」や、好みのよこすか海軍カレーが選べる「よこすか海軍カレーバイキング」、横須賀おみやげコンテスト、音楽演奏や大道芸、着ぐるみ、縁日コーナーなど、盛りだくさんの内容。
海軍ゆかりの「よこすか海軍カレー」をはじめ、自慢の各種オリジナルカレー、カレーパン、カレーのお菓子など、さまざまカレーが楽しめるチャンスとなっている。

問合せ
横須賀観光インフォメーション
TEL:046-822-8301
ホームページ
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/

秋葉三尺坊大祭
開催場所
秋葉山
アクセス
■バス JR・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から京急バス[鎌40・7番]小坪経由「逗子」駅行きで約15分「光明寺」下車徒歩1分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約20分
概要
火災、その他災害防止を祈念して行われる大祭。
総門と三門(山門)の間に、秋葉山三尺坊へ参拝に向かう人が集合し、天狗、僧侶、稚児、僧正、稚児が行列を組んで、15分ほどで秋葉山山頂へ。
山頂にある、秋葉三尺坊大権現の祠の前で、お経が唱えられる。
問合せ
光明寺(0467-22-0603)

虎御石祭り
開催場所
延台寺
アクセス
■電車 JR東海道本線「大磯」駅から徒歩約5分 ■車 ・小田原厚木道路「平塚IC」から約30分 ・西湘バイパス「大磯東出口」から約15分
概要
虎御前の生石、十郎の身代わり石ともいわれる虎御石。日本三大仇討ち物語の一つ『曽我物語』の主人公、曽我十郎の恋人である虎御前が開いた延台寺にて行われる。
虎御石が年に一度、この日にご開帳され、大願成就・厄除けなどにご利益があるといわれる御霊石に直接触れることができる。当日は多くの参拝客で大変に賑わう。

問合せ
延台寺(0463-61-0742)
ホームページ
http://www.endaiji.com/

馬門山海軍墓地墓前祭
開催場所
馬門山海軍墓地
アクセス
■電車 ・京浜急行線「北久里浜」駅から大津方向に徒歩約5分
概要
墓地は、明治15年(1882)当時の海軍省が、戦死もしくは殉職した海軍軍人の埋葬地として開設。
本市に関係のある戦没者や戦争犠牲者のめい福と恒久平和を祈る。
入場は自由。

問合せ
大津行政センター
TEL:046-836-3531
ホームページ
http://yokosuka-kanko.com/

相模原市民若葉まつり
開催場所
市役所さくら通りほか
アクセス
■電車 ・JR横浜線「相模原駅」から、徒歩15分。
概要
相模原市民まつりは、昭和49年(1974年)に市制施行20周年を記念して相模原のふるさとづくりをテーマに始められたイベント。
2012年は「70万人のふるさとづくり」「人・もの・自然、すべての共生を求めて」のコンセプトのもと、 市役所さくら通りを主会場に市民の手づくりによる催し物や市民パレード、 絵画コンテストなどが行われる

問合せ
相模原市民まつり実行委員会事務局(商業観光課内) 
TEL:042-769-8236
ホームページ
http://www.e-sagamihara.com/
最終日曜 西丹沢山開き
開催場所
西丹沢自然教室
アクセス
■バス ・小田急線「新松田」駅から「西丹沢」行きで約70分、終点「西丹沢自然教室」下車 ・JR御殿場線「谷峨」駅から「西丹沢」行きで約55分、終点「西丹沢自然教室」下車 ■車 ・東名高速「大井松田I.C」から約50分 ・東名高速「御殿場I.C」から約80分
概要
西丹沢に本格的な登山シーズンの到来を告げる西丹沢山開きは、檜洞丸の頂上付近にシロヤシオツツジ(ゴヨウツツジ)やトウゴクミツバツツジの花が満開になる頃、毎年5月の最終日曜日に多くの登山客を迎えて行われる。
東海自然歩道のコースにも指定されている犬越路は新緑が美しく、かながわの景勝50選にも選ばれている。
山開きの会場となる西丹沢自然教室前では、参加者に先着順で記念品がプレゼントされ、オリジナルの記念バッジも販売される。
問合せ
山北町観光協会 TEL 0465-75-2717
第2土・日曜 あすろーど大和まつり
開催場所
中央1号公園
アクセス
■電車 ・小田急江ノ島線・相鉄本線 「大和」駅南口から徒歩約5分
概要
フリーマーケットを始め、本場ブラジルのサンバやよさこい踊りプロ歌手による歌謡ショー、模擬店なども行われる。
問合せ
大和商工会議所大和中央支部
TEL 046-261-2713
ホームページ
http://www.yamato-kankou.com/event/

大和市民まつり
開催場所
引地台公園・大和駅プロムナード
アクセス
■電車 ・小田急江ノ島線「桜ヶ丘」駅から徒歩約15分 ・小田急江ノ島線・相鉄本線 「大和」駅南口から徒歩約20分 ■バス ・小田急江ノ島線・相鉄本線 「大和」駅南口より大和市コミュニティバス(のろっと)  「南部ルート」で「引地台公園」下車後徒歩約2分
概要
メイン会場の引地台公園では、ステージイベントや
さまざまな体験コーナーそして各種出店と多彩な催しを楽しむことができる。
大和のご当地グルメ王座を来場者の投票で決める「Y?1グランプリ」は大変人気がある。
大和駅プロムナード会場では、商店街PRコーナーやステージイベントのほか、ふるさと観光物産展が開催される。
日曜日には、大和駅南側から引地台公園までパレードが実施される。
問合せ
大和市民まつり実行委員会(市イベント観光課内)
TEL 046-260-5167
ホームページ
http://www.ysmatsuri.jp/
薪能開催日を含む前後 称名寺新緑のライトアップ
開催場所
称名寺境内
アクセス
■電車 ・シーサイドライン「海の公園南口」駅又は「海の公園柴口」駅から徒歩約10分 ・京浜急行線「金沢文庫」駅から徒歩約12分
概要
境内の橋や金堂、鐘楼、仁王門などがライトアップされ、
幽玄の世界を演出。
(18時から21時)
問合せ
金沢区役所
TEL 045-788-7804
ホームページ
http://www.yokohama-kanazawakanko.com/event/event001.html

ホテル空室検索へ

Facebookへ

ページの上部へ