かながわNOW トップページ > 観る > 年間行事・祭 > 10月

年間行事・祭:10月

*ここに掲載してあります年間の行祭事情報は、1年間に予定をされている行祭事をご紹介するページですので、日付け等は変更になることがあります。 最新の情報をお知りになりたい方は、イベントカレンダー・今月の特集のコーナーをご覧いただくか、各市町村にお問い合せの上、ご確認くださいますようお願いいたします。

10月
10日 双十節
開催場所
横浜中華街全域
アクセス
■電車 ・JR京浜東北根岸線「石川町駅」中華街口より徒歩6分 ・みなとみらい線「元町中華街駅」より徒歩5分 ■バス ・横浜駅から第8・20・58・105・125系統 ・桜木町駅から 第8・11・20・21・99・101・105・106・108・131系統 ※第8・11・20・58・125・131系統は「中華街入口」下車徒歩3分 ※第21・99・101・105・106・108系統は「吉浜橋」下車徒歩2分 ■車 ・首都高速湾岸線「新山下」出口より6分 ・首都高速横羽線「横浜公園」出口より3分
概要
中華街で行われる横浜の名物行事。
爆竹の音と共に竜踊りや獅子舞が大通りを練り歩く。
問合せ
横濱華僑各界慶祝雙十國慶大會
TEL 045-681-2114
ホームページ
http://kakyonet.com/
12~15日 お十夜
開催場所
光明寺
アクセス
■バス JR・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から京急バス[鎌40・7番]小坪経由「逗子」駅行きで約15分「光明寺」下車徒歩1分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約20分
概要
全国の浄土宗寺院で行われている「十夜法要」の始まりは、鎌倉の光明寺である。
法要は、「引声阿弥陀経」・「引声念仏」によって行われる。
「引声」(いんぜい)とは、経や念仏を曲節をつけて唱えること。
「引声念仏」の起源は、その昔、法道という僧が生きながらにして極楽浄土に行き、耳にした音曲を持ち帰ったものと伝えられている。

問合せ
光明寺(0467-22-0603)
ホームページ
http://park16.wakwak.com/~komyo-ji/index.html
16日(不定期) 山北のお峯入り
開催場所
皆瀬川・都夫良野地区
アクセス
■電車 JR「山北」駅から徒歩約3分 ■車 東名高速「大井松田IC」から約20分
概要
山北町の共和地区に古くから伝承されてきた民俗芸能で国指定重要無形民俗文化財です。古調を帯びる笛・太鼓・歌詞は記紀・万葉の時代までさかのぼると推定され、また棒踊りは原始宗教の呪法が芸能化する過程を示すとの説もあり、お峯入りの保存価値は計り知れないものがあります。

神奈川県山北町に古くから伝わる「山北のお峯入り」。

国指定重要無形民俗文化財であるこの祭りが今日行われました。

「お峯入り」とは、簡単に言えば修験者が山に入ること。

この祭りは演者が80人、費用も多くかかるため、この140年間に今回を入れてわずか18回しか行われていません。

前回開催されたのは5年前の2002年でした。

[2011年9月28日]国指定 重要無形民俗文化財   昭和56年1月21日指定
「山北のお峯入り」は、山北町の共和地区(旧共和村、現在の皆瀬川<みなせがわ>・都夫良野<つぶらの>地区)に古くから伝承されてきた民俗芸能です。起源は南北朝時代、宗良<むねよし>親王が河村城に難を逃れた時から始まったと伝わっています。

当時一帯に信奉されていた修験道の柴燈<さいとう>行事を中心とする芸能が時代を経るにつれて、各時代の風俗の影響を受けて現在の形ができ上がったとも言われています。

しかし、古調を帯びる笛・太鼓・歌詞は記紀・万葉の時代までさかのぼると推定され、また棒踊りは原始宗教の呪法が芸能化する過程を示すとの説もあり、お峯入りの保存価値は計り知れないものがあります。

天狗・獅子・おかめ・山伏・太鼓・笛など演技者だけで約80名にのぼり、すべて男性で構成されます。歌舞の役割は基本的に旧共和村の深沢・人遠<ひととお>・高杉・鍛冶屋敷<かじやしき>・市間<いちま>・八丁の各集落に割り当てられていますが、昭和に入ってからは旧都夫良野からも参加しています。

「山北のお峯入り」は基本的には高杉にある神明社で10月16日に行われますが、毎年ではなく不定期です。

参加者は旧共和小学校(もとは市間)に集まり、神庭で歌舞を披露したあと行列を組み、神明社まで登っていきます。この道行きの途中、龍集山<りゅうしゅうさん>(大野山)を仰ぐ山間路へ来ると一斉に万燈<まんとう>を振って踊ります。神明社に着くと再び歌舞を奉納します

演技はハリボテの大きな男根を背負ったおかめの「みそぎ」で始まり、「満月の夜」、「棒踊り(4種類)」、「鹿枝<かしえ>踊り」、「修行踊り」、「歌の山」、「四節<しせつ>踊り」、「五色<ごしき>踊り」など11種類あります。歌舞の所作には一片の記録もなく、すべて口伝です。

現在のお峯入りは昭和9年に40年ぶりに復活させ、古い衣装道具を見本に新しく整え伝承してきました。史料的には文久3年(1863年)8月16日にこの行事が行われた記録があります。

問合せ
山北町役場 生涯学習課生涯学習スポーツ班
電話: 0465-75-3649
17日 神嘗奉祝祭
開催場所
鶴岡八幡宮
アクセス
■電車 JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩15分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約20分
概要
神嘗祭(かんなめさい)とはその年に収穫された新穀を、日本の総氏神様である伊勢の神宮へ奉り収穫感謝を申し上げるお祭り。
年間行われる祭典の五大祭の一つに数えられ、神宮では社殿を装飾する祭器具等すべてを新調しこの日を迎える大変重要なお祭りである。
宮中においても天皇陛下御自ら水田にて稲をお作りになられ、様々な祭儀が執り行われ、豊年を祝す。
鶴岡八幡宮においても、神嘗祭当日(10月17日)に奉祝の気持ちを込めて、神嘗奉祝祭が厳かに行われる。
問合せ
鶴岡八幡宮(0467-22-0315)
ホームページ
http://www.hachimangu.or.jp/

神嘗奉祝祭
開催場所
寒川神社
アクセス
■電車 JR相模線「宮山」駅から徒歩約5分 ■車 ・圏央道「海老名IC」から約16分 ・東名高速道路「厚木IC」から約18分 ・小田原厚木道路「伊勢原IC」から約18分 ・新湘南バイパス「茅ヶ崎中央IC」から約13分
概要
神宮第一の厳儀とせられる神嘗祭が、神宮において16日夜より17日の朝にかけて行われる。
皇祖天照大御神に、新穀の大御饌をたてまつる御儀でこれに合せ寒川神社でも、神嘗奉祝祭を中祭にて斎行、神宮を遥拝する。
問合せ
寒川神社 社務所 電話0467-75-0004(代表)
ホームページ
http://samukawajinjya.jp/index.html
1日 国慶節
開催場所
中華街全域
アクセス
■電車 ・JR京浜東北根岸線「石川町駅」中華街口より徒歩6分 ・みなとみらい線「元町中華街駅」より徒歩5分 ■バス ・横浜駅から第8・20・58・105・125系統 ・桜木町駅から 第8・11・20・21・99・101・105・106・108・131系統 ※第8・11・20・58・125・131系統は「中華街入口」下車徒歩3分 ※第21・99・101・105・106・108系統は「吉浜橋」下車徒歩2分 ■車 ・首都高速湾岸線「新山下」出口より6分 ・首都高速横羽線「横浜公園」出口より3分
概要
中華人民共和国の建国の祝日。
獅子舞、龍舞による祝賀パレードが爆竹の音も高らかに、中華街いっぱいに繰り広げられる 。
問合せ
横浜華僑総会
TEL 045-641-8606
ホームページ
http://www.yokohama-chinese.gr.jp/
20日 地久祭
開催場所
鶴岡八幡宮本殿
アクセス
■電車 JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩15分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約20分
概要
本殿にて巫女さんの舞が奉納される。
問合せ
鶴岡八幡宮(0467-22-0315)
ホームページ
http://www.hachimangu.or.jp/
23日 一夜城まつり
開催場所
石垣山一夜城歴史公園
アクセス
■電車 ・JR「早川」駅から徒歩約50?60分 ・箱根登山鉄道「箱根板橋」/「入生田」駅からいずれも徒歩約40?50分 ■タクシー ・「小田原」駅より約25分 ・箱根登山鉄道「箱根板橋」駅より約15?20分 ※タクシーが常駐していない可能性有り ■車 ・西湘バイパス「箱根口IC」から国道1号経由で5km 約15分 ※まつり当日のみJR「早川」駅・箱根登山線「箱根板橋」駅からシャトルバスを運行  注意:まつり期間外は、一夜城行きの路線バスはない。
概要
恵まれた自然と歴史とが調和した石垣山一夜城歴史公園において、
邦楽演奏・野点とともに、古の情緒を味わっていただき、自然を生かし多彩なイベントを開催している。
(北條太鼓の演奏や勝鬨のパフォーマンスなど楽しい催し物が数多く行われる)

石垣山は、本来「笠懸山」と呼ばれていたが、
天正18年(1590)豊臣秀吉が小田原北条氏を水陸15万の大群を率いて包囲し、
その本陣として総石垣の城を築いたことから「石垣山」と呼ばれるようになった。

この城が、世に石垣山一夜城または太閤一夜城と呼ばれるのは、
秀吉が築城にあたり、山頂の林の中に塀や櫓の骨組みを造り、
白紙を張って白壁のように見せかけ、一夜のうちに周囲の樹木を伐採し、
それを見た小田原城中の将兵が驚き志気を失ったためと言われている。
しかし、実際にはのべ4万人が動員され、天正18年4月から6月まで約80日間が費やされた。
問合せ
小田原市観光協会
TEL 0465-22-5002
ホームページ
http://www.odawara-kankou.com/event/10/index.html
28日 白旗神社文墨祭
開催場所
鶴岡八幡宮
アクセス
■電車 JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩15分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約20分
概要
10月28日は、白旗神社の御祭神である、源実朝公が右大臣に任命された日に当たる。
実朝公は鎌倉幕府三代将軍であり、歌集「金槐和歌集」に代表されるように、歌人としても大変名高いことで知られる。鎌倉は文士の多く住むところとなり、実朝公の遺徳を偲び、昭和19年より文墨祭が始められた。当日は多くの文人が集まり、茶会などが催され、日本の風情を感じさせる。
問合せ
鶴岡八幡宮(0467-22-0315)
ホームページ
http://www.hachimangu.or.jp/
31日~11月3日 馬車道まつり
開催場所
馬車道
アクセス
■電車 ・みなとみいらい線「馬車道」駅下車すぐ。 ・JR京浜東北線「関内」駅から徒歩約5分
概要
人力車や本物の馬車、鹿鳴館時代の衣装を身にまとう人々が行き交い、
文明開化の雰囲気を楽しめる。
問合せ
馬車道商店街
TEL 045-641-4068
ホームページ
http://www.bashamichi.or.jp/
3日 開山忌
開催場所
円覚寺
アクセス
■電車 JR横須賀線「北鎌倉」駅から徒歩約1分 ■バス JR・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から江ノ電バス「大船駅」行き、「上大岡駅」行き、「本郷台駅」行きで約10分「北鎌倉駅」下車徒歩約1分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約20分
概要
円覚寺では、毎年10月3日に開山無学祖元(仏光国師)の大法要が行われる。
無学祖元は、北条時宗によって招かれ、元寇に際しては時宗の相談役になっていたという。
一山の僧侶が無学祖元の塔頭正続院の舎利殿に集まり、法会が行われる。
仏殿でも盛大な法要が営まれ、4年に一度、閏年には、開山無学祖元像を輿に乗せ境内を巡堂する。
問合せ
円覚寺(0467-22-0478)
ホームページ
http://www.engakuji.or.jp/
5日 達磨忌
開催場所
建長寺
アクセス
■電車 ・JR横須賀線「北鎌倉」駅から徒歩約15分 ・JR横須賀線「鎌倉」駅から徒歩約30分
概要
禅宗の三祖、達磨大師が入滅した日に営む年忌法要。達磨大師の徳行に深く感謝し、教えを実践し後世に伝えることを誓う。全国の禅宗系寺院で行われ、建長寺では法堂に木像を安置し、一山の僧侶が集まり供養する。
問合せ
建長寺事務所(0467-22-0981)
ホームページ
http://www.kenchoji.com/
上旬 大山火祭薪能
開催場所
大山阿夫利神社社務局
アクセス
■電車・バス ・小田急線「伊勢原」駅北口より神奈川中央交通バス4番線「大山ケーブル駅行き」で約30分 ■車 ・東名「厚木インター」および「秦野中井インター」より約30分 ・小田急厚木道路「伊勢原インター」より約20分  
概要
毎年10月上旬には、社務局にある能楽殿で、
江戸時代の伝統を引き継ぐ「火祭薪能」が演じられる。
問合せ
■阿夫利神社 社務局
(大山阿夫利神社内 火祭薪能実行委員会)
〒259-1107
神奈川県伊勢原市大山355
TEL:0463-95-2006
FAX:0463-96-6167
ホームページ
http://www.isehara-kanko.com/

アート縁日
開催場所
ポートサイド地区
アクセス
■電車 ・横浜駅から徒歩約15分
概要
約500名のアーティストが絵画や写真、陶芸作品、木工、ガラス工芸などの作品を一坪のショップに出品。
エスニックフードの屋台などもある。
問合せ
アート縁日実行委員会
TEL 045-243-2013
ホームページ
http://www.portside.ne.jp/

囲碁まつり多面打ち大会
開催場所
平塚駅北口パールロード
アクセス
■電車 JR東海道線「平塚」駅から徒歩約2分
概要
平塚に囲碁の木谷道場があったことから、木谷實九段や多くの弟子の功績を讃え、囲碁を平塚の特色ある文化として位置づけている。
市民の中に囲碁を普及させるため、様々な囲碁イベントを開催し、全国から注目される囲碁のまちを目指している。

特に「湘南ひらつか囲碁まつり」における多面打ち大会は、年々規模を拡大し、北は北海道から南は沖縄まで、全国から毎年約6500人の参加がある。
問合せ
平塚市文化財団
電話:0463-32-2237
ホームページ
http://www.hiratsukazaidana.jp/igo_event.shtml

ワールドフェスタ・ヨコハマ
開催場所
山下公園
アクセス
■電車 ・みなとみらい線「元町・中華街駅」1番出口より徒歩3分 ■バス ・JR「桜木町駅」1?3番バス乗り場より26系統   「山下公園前」下車すぐ   「中華街入口」下車 徒歩3分 ■シーバス ・JR「横浜駅」東口シーバス乗場より乗船、終点「山下公園」下船すぐ
概要
世界各国の『衣食住遊』を体験できるお祭り。
各国名物料理や音楽・舞踊の披露、民芸品の販売などもある。
問合せ
横浜商工会議所
TEL 045-671-7423
ホームページ
http://www.yokohama-cci.or.jp/

薪能神事
開催場所
鎌倉宮
アクセス
■電車 ・JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩約30分 ■バス ・「鎌倉」駅東口から「大塔宮」行きバスで約10分「大塔宮」下車徒歩約1分 ■車 ・横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約15分
概要
鎌倉薪能は中世の神事能もしくは法楽能を現代によみがえらせるべく、金春宗家の指導のもとに昭和34年より鎌倉宮(大塔宮)で奉納されている神事能。
鎌倉宮の境内は薪能に相応しい風格と環境を有しており、薪能にとっては絶好の環境と言われている。鎌倉薪能の大きな特色として現存する数多くの薪能とは一線を画し、古式を重んじることを第一としている。
法螺貝の重々しい響きが開演を告げる中、神事能では欠かすことのできない「翁」が始まる。(本式の翁のほかに、神歌(素謡)、神楽式など略式の翁が奉納される)能舞台の後方には僧兵が薙刀を手に控え、演能場の空気を中世へといざなう。
鎌倉宮御本殿にて天下泰平が祈願された後、火入れ式が行われる。神職の手により御神火が二人の巫女に手渡され、舞台上で正、副奉行へと渡り、能舞台両翼の薪木に御神火が灯る。

紅蓮の篝火となった御神火は境内を幽玄の境地へと導き、舞台の上では金春宗家をはじめ、観世流、宝生流、金剛流、喜多流、狂言の演者たちが御神前に舞を奉納する。
秋の夜の光さやかな月影のもと、地謡や囃子方から奏でられる調べが鈴虫の美しい声と巡り合い、幽玄の世界へと人々を誘う。
問合せ
・鎌倉宮社務所
0467-22-0318(受付時間09:00?16:00)
ホームページ
http://www.kamakuraguu.jp/index.html

横浜オクトーバーフェスト
開催場所
赤レンガ倉庫
アクセス
赤レンガ倉庫 ■電車 ・JR・市営地下鉄「桜木町駅」より汽車道経由で徒歩約15分 ・JR・市営地下鉄「関内駅」より徒歩約15分 ・みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩約6分、「みなとみらい駅」より徒歩約12分 ■バス ・観光スポット周遊バス“あかいくつ”で 「赤レンガ倉庫」にて下車 【運賃】大人 100円(小人 50円) ・みなとみらい100円バスで「赤レンガ倉庫」下車(土曜・日曜・祝日のみ運行) 【運賃】大人 100円(小人 50円) ■車 ・首都高速横羽線を横浜方面へ進み、「みなとみらい」または「横浜公園」で下車 ・横浜ベイブリッジを渡る場合は、首都高速湾岸線を経由して「みなとみらい」にて下車 ■船 横浜駅東口 - みなとみらい - 赤レンガ倉庫 - 山下公園を結ぶ水上バス「シーバス」の利用が可能。1号館の海側に乗り場有。
概要
横浜に縁のドイツ・ミュンヘンの収穫祭を模して、各国ビールを味わえる機会を提供。
2003年から始まった、横浜の秋のイベント。
前日の夜から前夜あり。
問合せ
横浜オクトーバーフェスト実行委員会
TEL 045-682-0129 (変更の可能性あり)
ホームページ
http://www.yokohama-akarenga.jp/

横浜フローティングヨットショー
開催場所
横浜ベイサイドマリーナ
アクセス
■電車 シーサイドライン「鳥浜」駅よりから徒歩約5分 ■車 首都高速湾岸線「杉田IC」より約5分 横浜横須賀道路「杉並IC」より約5分
概要
国内最大級のマリーナである横浜ベイサイドマリーナにて開催。
ヨット本来の姿を見て、触って、そして揺れるキャビンに座ってみることでヨットの良さを体感できるショー。
問合せ
横浜フローティングヨットショー事務局 (株式会社クレセント内)
TEL 03-3486-9678

ホームページ
http://www.current-web.co.jp/yokohama/

茅ヶ崎市畜産共進会(畜産まつり)
開催場所
県立茅ケ崎里山公園
アクセス
■バス ・JR「茅ヶ崎」駅北口から茅50系統小出二本松経由「文教大学」行きバスで約30分「芹沢入口」下車徒歩約5分 ・小田急・相鉄・横浜市営地下鉄「湘南台」駅西口から、湘17系統「文教大学」行きバスで約30分「芹沢入口」下車徒歩約5分
概要
畜産振興と市民交流を図るため、茅ヶ崎市畜産会とJAさがみの協力のもと、茅ヶ崎で育った牛や豚の品評会と飲食物の販売、堆肥とパック牛乳の無料配布を行う。
子牛などとのふれあいコーナーもあり。
問合せ
茅ヶ崎市農政課:0467-82-1111

かわさき阿波おどり
開催場所
JR川崎駅東口一帯
アクセス
■電車 ・JR線「川崎」駅から徒歩約1分
概要
JR川崎駅東口一帯にかけて盛大に開催される川崎の秋の風物詩。
銀座街、銀柳街、たちばな通りなどの阿波おどりコースを10以上の「連」(チーム)が約4時間もの長時間を踊り歩く。
問合せ
川崎阿波踊り実行委員会(川崎駅前商店街連合会事務局)
TEL 044-222-9111
ホームページ
http://kawasaki-awaodori.com/

小松コスモスまつり
開催場所
小松コスモス園
アクセス
■バス ・JR横浜線・相模線、京王線「橋本駅」から「三ヶ木」行きバス(橋01系統)、「城山総合事務所入口」下車、徒歩約15分。
概要
平成12年度からスタート。
遊休農地を活用した30万株にも及ぶコスモス畑を舞台にした祭り。
開催当日は、地元の特産物・地野菜、各種軽食などが販売され、コスモスの摘み取り(有料)も行われる。
涼やかな秋空の下、一面に咲きそろうコスモスを観ようと訪れる人々で毎年にぎわっている。
問合せ
城山観光協会(城山経済観光課内) 
TEL:042-783-8065
ホームページ
http://www.e-sagamihara.com/

相模ねぶたカーニバル
開催場所
リバティ大通り(市役所からアイワールド間)ほか
アクセス
■電車 ・JR横浜線「相模原駅」から徒歩約7分。
概要
平成5年、「子供たちの想い出・ふるさとづくり」をテーマに、銀河連邦共和国友好都市の秋田県能代市からの協力を得て、スタートした祭り。
現在は、地元の子供たちが手づくりした可愛らしい子ねぶたが登場し、光と音のファンタジーで相模原の秋の夜を彩る。
ねぶたパレードのほか、鼓笛隊や吹奏楽、よさこい踊り、和太鼓の演奏なども行われ、祭りを盛り上げる。
問合せ
相模原市観光協会 
TEL:042-769-8236
ホームページ
http://www.e-sagamihara.com/

村井弦斎まつり
開催場所
村井弦斎公園
アクセス
■電車 JR東海道線「平塚」駅南口から徒歩約5分
概要
村井弦斎は本名を村井寛(ゆたか)といい、1863年豊橋に生まれた。1904年から63歳で死去する1927年までを現在の平塚市八重咲町で過ごしている。生涯に60編を越える小説を書き、明治・大正期に「当世第一」とうたわれた超人気作家であった。また評論においても、時代を先取りした論説を展開していた。

村井弦斎まつりは、平成12年度にスタートし、平塚に暮らした戦前のベストセラー作家「村井弦斎」の遺徳を偲ぶ行事として、地元の人々を中心に実施されている。当時の弦斎邸のくらしを感じてもらえるよう、趣向を凝らした様々な催事が行われたり、「弦斎紙芝居」として、村井弦斎の人生とその功績の一つである「食育」をテーマとした紙芝居を実施することもある。
問合せ
平塚市教育委員会 社会教育課 文化財保護担当
電話0463-35-8124(直通)

藤野村歌舞伎
開催場所
大石神社
アクセス
■バス ・JR中央本線「藤野駅」から「やまなみ温泉」行きバス(野11系統)、終点乗り換え「篠原」行きバス(や02系統)、終点下車、徒歩 約3分。
概要
旧藤野町の村歌舞伎は明治初期から地芝居として、農家の人々により演じられていたと言われている。
戦後の高度経済成長期を迎えると次第に衰退して公演されなくなってきたが、昭和63年の旧藤野町のふるさと芸術村メッセージ事業をきっかけに復活させようという声が上がり、平成5年に村歌舞伎の伝承を目的とする「藤野歌舞伎保存会」が設立されてからは毎年定期公演が行われている。

問合せ
藤野歌舞伎保存会事務局 
TEL:042-787-0991

藤野まちづくりセンター 
TEL:042-687-2117
ホームページ
http://info-fujino.com/

食と匠の祭典
開催場所
海老名市役所
アクセス
■電車 小田急小田原線・相鉄線・JR相模線「海老名」駅から徒歩約10分 ■車 圏央道(さがみ縦貫道路)「海老名IC」から約10分
概要
 市内の「美味しいもの」や「優れた商品や技術」、「パフォーマー」を掘り起こし紹介することで、地元経済の活性化、商工業の発展につなげようと企画されたこのイベントは、過去33年にわたり開催してきた「産業まつり」をさらに発展させようと、商議所が立案した。
 市民にとっては、目にする機会の少ない「海老名産の再発見」をテーマにしたイベントには、平成23年には、およそ70を超える事業者、団体、個人の出展が決まり、3月27日の開催が予定されていたが、3月11日の震災による被害が「甚大なものである」と判断した商議所では17日までに開催の中止を決定。その後23年度事業として開催へ向けた調整を進めた。
 23年度事業として開催された祭典は「楽しい」「おいしい」「すごい」をコンセプトに企画を構成。工場直販品の廉価販売ブースや市内の「味」を発掘する「発掘!EbinaのEあじブース」、工業製品などを紹介する展示・販売ブース、市内のパフォーマーが集うステージイベントなどが企画された。
問合せ
海老名商工会議所(046-231-5865)
上旬~12月中旬 フォトコンテスト入賞作品展
開催場所
三溪園
アクセス
■電車、バス ・「根岸駅」より、1番乗り場《市バス58・99・101系統》10分、「本牧」下車後、徒歩7分。 ・「桜木町駅」より、2番乗り場《市バス8・148系統》約25分、「本牧三溪園前」下車後、徒歩約5分。 ・「横浜駅」東口より、2番乗り場《市バス8・148系統》約35分、「本牧三溪園前」下車後、徒歩約5分。 ・「元町・中華街駅」4番出口より、山下町バス停《市バス8・148系統》約15分、「本牧三溪園前」下車後、徒歩約5分。 ※横浜発、横浜市営バス8系統および148系統のバスは、桜木町、山下町を経由して走行。 ※「本牧三溪園前」バス停は、みなとぶらりチケットの適用区間外のため、要注意。 ■車 ・東京銀座・羽田方面から…ベイブリッジ経由、「本牧埠頭ランプ」利用。ランプを降りたら道なり、T字路にあたったら左折し、「本牧元町入口」右折。 ※次の「三渓園ランプ」は、下り車線からは下りられないため要注意。 ・東名横浜町田方面(保土ヶ谷バイパス「狩場IC」経由)や第三京浜自動車道路から…「石川町IC」を経由し「新山下ランプ」を利用。ランプを降りたら道なり。「B突堤入口」を右折し、T字路にあたったら左折、「本牧元町入口」右折。 ・横須賀・金沢方面から…「並木IC」経由、「三渓園ランプ」を利用。ランプを降りたら道なり、「本牧元町入口」左折。
概要
応募された中の入賞作品を展示。
四季それぞれに表情を変える三溪園の魅力が作品をとおして味わえる。
作品は、随時受け付け。
問合せ
三溪園
TEL 045-621-0635
ホームページ
http://www.sankeien.or.jp/
下旬 よこすかみこしパレード
開催場所
中央大通り・米海軍横須賀基地
アクセス
■電車 ・京急「横須賀中央駅」から徒歩15分
概要
みこしパレードは、市内各所から集結した多数の神輿や山車が、横須賀中央駅前から中央大通りを練り歩く、迫力満点のイベントである。
みこしは、ゲートを越えて米海軍横須賀基地内に入り、基地内のクレメント通りを通る。
威勢の良い掛け声とお囃子が、基地内に響き渡る、日本の伝統行事とアメリカの雰囲気がマッチした横須賀でしか見ることのできないお祭りを繰り広げる。

※入場は三笠公園内ゲートより
問合せ
横須賀市観光協会
TEL:046-822-8301
ホームページ
http://www.yokosuka-kanko.com./

横浜市場まつり
開催場所
横浜市中央卸売市場
アクセス
■電車 ・横浜駅から徒歩約20分 ■バス ・横浜駅東口バスターミナル16番乗り場から市営バス48系統「コットンハーバー行」中央市場前下車 ■車 ・首都高速横羽線東神奈川ランプまたは横浜駅東口ランプから国道15号線経由
概要
野菜・果物・魚などのフレッシュバザー、マグロの解体実演販売など、市場ならではのイベント。
会場では、鼓笛隊パレード、消防音楽隊の演奏などがイベントを盛り上げる。
問合せ
横浜市場まつり実行委員会
TEL 045-459-3323
ホームページ
http://www.yokohama-ichiba.com/

大野山フェスティバル
開催場所
大野山山頂
アクセス
■電車 ・JR御殿場線「山北」駅・「谷峨」駅から徒歩2時間(大野山ハイキングコース)
概要
牧歌的な情緒あふれる山頂付近で「大野山フエスティバル」が開催される。
家畜とのふれあいや搾乳の実演、国産牛肉のバーベキュー(先着順)、
地場産品の販売、アルプホルンの演奏、牛乳の無料配付(先着順)などが行われる。

広々とした放牧場は、春から秋にかけては乳牛がたくさん見られることから、
家族連れや子ども達に人気のハイキングコースとなっていて、
山頂から眺める富士山は絶景で、関東の「富士見100景」にも選ばれている。
問合せ
■神奈川県立大野山乳牛育成牧場
0465-75-0423

藤沢市民まつり湘南台ファンタジア
開催場所
湘南台駅周辺
アクセス
■電車 新宿駅→小田急線急行「藤沢・片瀬江ノ島行き」→「湘南台」駅 約50分 横浜駅→JR東海道線「戸塚」駅→横浜市営地下鉄ブルーライン「湘南台」駅 約30分 横浜駅→相鉄線急行「二俣川」駅→ 相鉄いずみ野線・湘南台行「湘南台」駅 約30分 横浜駅→市営地下鉄ブルーライン「湘南台」駅 40分
概要
■目玉企画(2011)
・第1回大学生ファンタジア@せせらぎ広場
・顔出し看板ワールドアートラリー
・10月30日 湘南台パレード サンバ3チーム夢の共演! 

「藤沢市民まつり湘南台ファンタジア」は藤沢市北部の代表的なお祭りとして、湘南台で定着している。
「観て・遊び・楽しく参加」の将来に希望が湧くようなイベント。

問合せ
藤沢市民まつり湘南台ファンタジア実行委員会

電話 0466-52-6950 FAX:0466-52-6951
本部(当日)/電話 0466-44-5202
ホームページ
http://www.shonandai-fantasia.net/fantasia

横浜国際フェスタ
開催場所
象の鼻パーク・波止場会館
アクセス
象の鼻パーク ■電車 ・みなとみらい線「日本大通り」駅から徒歩約5分 ・JR・市営地下鉄「関内」駅から徒歩約15分
概要
世界の料理や民芸品・フェアトレード品の販売、民族舞踊など、
世界の文化に触れあえ、国際協力にもつながるイベント。
問合せ
よこはま国際フェスタプロジェクト事務局
TEL 045-662-6350
ホームページ
http://yokohama-c-festa.org/

やまと世界料理の屋台村
開催場所
大和駅東側プロムナード
アクセス
■電車 ・小田急江ノ島線「大和」駅下車すぐ
概要
世界料理の屋台が出店。
世界の味の食べ比べを楽しんだり、ステージでは民族舞踊や民族音楽の演奏も。
問合せ
財団法人大和市国際化協会
TEL 046?260?5126
ホームページ
http://www.city.yamato.lg.jp/web/kokusai/yataimura.html

おりょうさんまつり
開催場所
大津町
アクセス
■電車 ・京浜急行線「大津」駅下車すぐ
概要
坂本龍馬の妻・龍子をしのぶ「おりょうさんまつり」が開催される。
信楽寺(しんぎょうじ)で「墓前祭」が行われるほか、大津コミュニティーセンターで月琴を愛したおりょうさんの人生を講談調で紹介する「月琴の演奏と語り」も開かれる。墓前祭ウオーク「おりょうさんをしのぶ史跡巡り」(事前申込)も。
問合せ
大津観光協会(大津行政センター内)
TEL:046-836-3531
ホームページ
http://yokosuka-kanko.com/

三崎港町まつり
開催場所
三崎魚市場(神奈川県三浦市三崎水産物地方卸売市場)
アクセス
■電車 ・京浜急行電鉄「三崎口駅」下車。 ■バス ・バス停(2番線)より乗車し「三崎港」で下車。 ・「三崎港」行き ・「通り矢」行き ・「城ケ島」行き ・「浜諸磯」行き
概要
例年10月後半の日曜日に開催される。
まぐろを中心とした「三崎の海の恵み」を市内外のお客様に親しんで頂くビッグイベント。
約6万人の方が「三浦半島のうまいもの即売会」や「特賞・まぐろが1匹当る大抽選会」等を通して「三崎の海の恵み」を体感する。
問合せ
三崎港町まつり実行委員会(三浦商工会議所内) 
TEL:046-881-5111
FAX:046-881-3346
E-mail info@miura-cci.com
    
ホームページ
http://www.miura-cci.com/

ディワリ・イン・ヨコハマ
開催場所
山下公園
アクセス
■電車 ・みなとみらい線「日本大通り」駅又は「元町・中華街」駅から徒歩約5分
概要
ディワリはインドのお正月。
インド料理、インド音楽、ファッションショー、インドの古典舞踊など、思い切りインドの文化を楽しめるフェスティバル。
光の祭典である「ディワリ」のフィナーレには、キャンドルライトによる「光の世界/ライトアップ」も実施。
インド舞踊、カレー、インド雑貨、そして今、世界中で一番ヒットしているインド映画であるボリウッド映画で踊られているボリウッドダンスなど横浜でインドを楽しむ2日間。
問合せ
ディワリ・イン・ヨコハマ実行委員会
TEL 045-662-1905
ホームページ
http://www.diwaliyokohama.org/

造形「さがみ風っ子展」
開催場所
淵野辺公園・女子美アートミュージアム会場
アクセス
■バス 淵野辺会場 ・JR横浜線「淵野辺駅」南口から「青葉循環」バス(淵36・37系統)、「淵野辺公園」下車、徒歩約1分。 ・小田急線「相模大野駅」北口から「相模原駅(大野台経由)」行きバス(相05系統)、「淵野辺公園」下車、徒歩約1分。 ・JR横浜線「相模原駅」南口から「相模大野駅(大野台経由)」行きバス(相05系統)、「淵野辺公園」下車、徒歩約1分。 女子美アートミュージアム会場 ・小田急線「相模大野駅」北口から「女子美術大学」行きバス(大60系統)、終点下車、徒歩約1分。 ・JR横浜線「相模原駅」南口から「相武台前駅」行きバス(相27系統)、「総合体育館前」下車、徒歩約5分。 ・JR相模線「原当麻駅」から「北里大学」行きバス(当02系統)、「県立相模原公園前」下車、徒歩約10分。 ・JR相模線「原当麻駅」から「相模大野駅」行きバス(大15系統)、「県立相模原公園前」下車、徒歩約10分。
概要
市立の全ての小・中学校、特別支援学校・公立幼稚園・県立高校の図工・美術の作品を展示する、日本一のスケールを誇る野外の大作品展。
平成15年からは、女子美術大学の美術館でもその一部を展示し、大学との交流もおこなっている。
芸術の秋にふさわしい子供たちの創造性あふれる作品が楽しめる。
問合せ
教育委員会学校教育課 
TEL:042-769-8284
ホームページ
http://www.e-sagamihara.com/

湘南ひらつかテクノフェア
開催場所
馬入ふれあい公園ひらつかアリーナ
アクセス
■バス JR「平塚」駅北口NTT前から会場行き無料シャトルバスで約10分。 ■車 東名高速「厚木IC」から約20分
概要
湘南ひらつかテクノフェアはビジネスマッチングの機会を提供する、神奈川県湘南地域発のイベント。

平塚をはじめ、湘南・湘央・西湘地域等で活躍する企業の優秀な技術や製品等を一堂に展示し、大学・専門機関等の研究成果を発表することで、産学公連携による新たな地域間連携の可能性を探るとともに、地域産業の発展と経済の活性化を図るために、平成17年より開催して以来、年々拡大傾向にある。

ものづくりの原点である様々な工業製品や卓越した技術がご覧いただけるとともに、新たなビジネスパートナーとの出会いの一助となるイベント。
問合せ
平塚商工会議所 工業支援課
電話:0463-22-2512
ホームページ
http://www.shokonet.or.jp/hiratuka/tecno/

藤野ふる里まつり
開催場所
名倉グラウンド
アクセス
■バス ・JR中央本線「藤野駅」から会場行きのシャトルバス利用。
概要
藤野地域で行なわれるメイン行事。
60以上の団体が出店する大バザールをはじめ、賑やかなステージ部門やこどもの広場・各種体験など 盛りだくさんのイベント。
大バザールは、手作りの品物や活動の紹介など様々なお店があり楽しめる。
ステージ部門では、地域で活動している団体が日頃の練習の成果を披露し、会場に花を添える。
また、ヤマトタケル伝説にちなんだ古代行列も行われる。
問合せ
藤野ふる里まつり実行委員会(藤野商工会内) 
TEL:042-687-2138
ホームページ
http://www.e-sagamihara.com/

相模大野かぼちゃまつり
開催場所
相模大野中央公園
アクセス
■電車 ・小田急線「相模大野」駅北口より徒歩5分
概要
「相模大野かぼちゃまつり」は2010年からはじまり、「さがみおおのハロウィンフェスティバル」と同日開催の体験型のお祭り。
子供から大人までの楽しい思い出づくりと、相模大野から多くの魅力を発信し、活気あるまちづくりのきっかけとすることを目的としている。
当日は、地元飲食店の美味しい屋台や仮装コンテスト、ライブ・パーフォマンス、フリーマーケット等お祭りを通して皆様に、笑顔と多くの魅力をお届け。
ぜひ、仮装してお越し下さい。
また、女子美術大学の生徒をはじめとした方々によるランタン等を使ったイルミネーションライブも行なわれる。
問合せ
相模大野かぼちゃまつり実行委員会事務局 
TEL:090-9645-7000
ホームページ
http://oono-kabocha.com/

さがみおおのハロウィンフェスティバル
開催場所
相模大野駅北口周辺
アクセス
■電車 ・小田急線「相模大野駅」北口より徒歩1分
概要
「さがみおおのハロウィンフェスティバル」は、子ども達の為に何かしたい!との思いからはじまり、20年以上の歴史を持つイベント。
当日は、相模大野駅北口より、仮装した大勢の子ども達がハロウィンマップを見ながら北口商店街のチェックポイントをまわるポイントラリー形式のイベントを開催。

問合せ
さがみおおのハロウィンフェスティバル実行委員会
澁谷さん TEL:090-8049-7973
ホームページ
http://www.sagamiono-kita.com/

あやせ商工フェア
開催場所
綾瀬市役所広場
アクセス
■バス ・小田急小田原線・相鉄本線・JR相模線「海老名」駅東口ロータリーから「早川経由 綾瀬市役所」行きバスで約26分「綾瀬市役所」下車 ・小田急小田原線・相鉄本線・JR相模線「海老名」駅東口ロータリーから「小園団地経由 綾瀬市役所」行きバスで約30分「綾瀬市役所」下車 ・小田急小田原線・相鉄本線・JR相模線「海老名」駅東口ロータリーから「釜田経由 綾瀬市役所」行きバスで約26分「綾瀬市役所」下車 ・小田急小田原線・相鉄本線・JR相模線「海老名」駅東口ロータリーから「国分寺経由 綾瀬市役所」行きバスで約26分「綾瀬市役所」下車 ) ・小田急江ノ島線「長後」駅西口バスロータリーから「落合・大法寺経由 綾瀬市役所」行きバスで約16分「綾瀬市役所」下車 ・小田急江ノ島線「長後」駅西口バスロータリーから「綾瀬市役所経由 綾瀬車庫」行きバスで約16分「綾瀬市役所」下車 ・相鉄本線「さがみ野」駅南口ロータリーから「綾瀬工業団地入口経由 吉岡工業団地」行きバスで約18分「綾瀬市役所」下車 ・相鉄本線「相模大塚」駅南口からコミュニティバス「かわせみ」2号車で約35分「綾瀬市役所」下車 ・相鉄本線「かしわ台」駅からコミュニティバス「かわせみ」1号車で約30分「綾瀬市役所」下車
概要
商工フェアは、綾瀬市のますますの発展を目指し、地元密着型の商工会が市民にもっと商工業を知ってもらおうと、開催された。
問合せ
綾瀬市商工会(0467?78?0606)
下旬~11月上旬 平塚市菊花展
開催場所
平塚市総合公園内「平塚のはらっぱ」(ふれあい動物園北側)
アクセス
■電車 JR東海道線「平塚」駅北口から徒歩約20分 ■バス ・JR東海道線「平塚」駅北口から「横内車庫」行きバスで約10分「総合公園」下車 ・JR東海道線「平塚」駅北口から「伊勢原」行きバスで約10分「共済病院前・総合公園西」下車 ・小田急線「伊勢原」駅から「平塚駅」行きバスで約20分「共済病院前・総合公園西」下車
概要
秋の風物詩である菊の花を展示するとともに、コンクールを開催し、市民をはじめ広く観光客の誘致をはかる。
問合せ
平塚市経済部商業観光課
〒254-8686 神奈川県平塚市豊原町2番14号(豊原分庁舎2号館1階)
電話:0463-23-1111 内線:3562(商業担当)、3687(観光担当)
直通:0463-35-8107  
FAX:0463-35-8125
下旬~11月下旬 菊花展
開催場所
三溪園
アクセス
■電車、バス ・「根岸駅」より、1番乗り場《市バス58・99・101系統》10分、「本牧」下車後、徒歩7分。 ・「桜木町駅」より、2番乗り場《市バス8・148系統》約25分、「本牧三溪園前」下車後、徒歩約5分。 ・「横浜駅」東口より、2番乗り場《市バス8・148系統》約35分、「本牧三溪園前」下車後、徒歩約5分。 ・「元町・中華街駅」4番出口より、山下町バス停《市バス8・148系統》約15分、「本牧三溪園前」下車後、徒歩約5分。 ※横浜発、横浜市営バス8系統および148系統のバスは、桜木町、山下町を経由して走行。 ※「本牧三溪園前」バス停は、みなとぶらりチケットの適用区間外のため、要注意。 ■車 ・東京銀座・羽田方面から…ベイブリッジ経由、「本牧埠頭ランプ」利用。ランプを降りたら道なり、T字路にあたったら左折し、「本牧元町入口」右折。 ※次の「三渓園ランプ」は、下り車線からは下りられないため要注意。 ・東名横浜町田方面(保土ヶ谷バイパス「狩場IC」経由)や第三京浜自動車道路から…「石川町IC」を経由し「新山下ランプ」を利用。ランプを降りたら道なり。「B突堤入口」を右折し、T字路にあたったら左折、「本牧元町入口」右折。 ・横須賀・金沢方面から…「並木IC」経由、「三渓園ランプ」を利用。ランプを降りたら道なり、「本牧元町入口」左折。
概要
秋の代表花である菊花を展示。
大菊、小菊盆栽、懸崖、古典菊、江戸菊など、さまざまな形・種類の菊花が楽しめる。
問合せ
三溪園
TEL 045-621-0635
ホームページ
http://www.sankeien.or.jp/
下旬~11月中旬 相模原市菊花競技会
開催場所
相模原麻溝公園
アクセス
■電車 ・JR相模線「原当麻」駅から徒歩約25分 ■バス ・小田急線「相模大野」駅から「女子美術大学」行きバス(大60系統)、終点下車、徒歩約1分。 ・JR横浜線「相模原」駅から「相武台前駅」行きバス(相27系統)、「総合体育館前」下車、徒歩約5分。 ・JR相模線「原当麻」駅から「北里大学」行きバス(当02系統)、「県立相模原公園前」下車、徒歩約10分。 ・JR相模線「原当麻」駅から「相模大野駅」行きバス(大15系統)、「県立相模原公園前」下車、徒歩約10分。
概要
相模原親菊会の会員の手で、一輪一輪、丹精込めて栽培をされた色とりどりの菊の切花、盆養、小菊盆栽などが出品される。
約500点に上る美しい菊が一同に介するこのイベントは、相模原市の秋の風物詩として親しまれている。
問合せ
相模原市観光協会 
TEL:042-769-8236
ホームページ
http://www.e-sagamihara.com/
下旬の日曜 小田原漁港魚市場まつり(旧:さかなまつり)
開催場所
小田原早川漁港 魚市場
アクセス
■電車 ・JR東海道線「早川」駅から徒歩約5?7分
概要
※※'07から 『小田原漁港魚市場まつり』 と名称が変わった※※

早川漁港の小田原漁港魚市場まつり(旧:さかなまつり)は、さかなの消費拡大目的だけでなく、
魚にもっと親しんでもらうような催しが特徴。
直に魚にさわれる浅い水槽が用意されていたり、難しいと思ってしまいがちな魚のおろしかたを、
マンツーマンで指導してくれたりする。

他にも、豪快なマグロの解体ショーや切り出しかまぼこ制作の実演と、
なかなか珍しいアトラクションが用意されているので、長く楽しめる。

なんと言っても一番人気は、おでんやカニ汁、焼き魚などの販売で列が途切れないお店も珍しくない。
主婦にはうれしい、魚の特売品コーナーも要チェック。
問合せ
■小田原市水産海浜課
0465-22-9227

■小田原魚市場 鮮魚部
0465-22-8131(代)
ホームページ
http://www.odawara-uoichiba.co.jp/

収穫・史跡ウォークINさむかわ
開催場所
寒川町全域
アクセス
■電車 JR相模線「宮山」駅下車 ※平成23年実施による
概要
■平成23年の実施要項
・JR相模線宮山駅を出発し、倉見の川端遺跡、観音堂、陣屋敷を見学。藤井農園でさつまいもの収穫体験後、十三塚から、宮山緑地、さむかわ中央公園まで約8Kmのコースを歩く。
・8:30に宮山駅に集合、12時解散予定。小雨決行、雨天の場合は延期。
・参加費は大人1000円、子ども500円(当日集金)。
・先着30人。
・軍手、タオル、飲み物、雨具などを持参。
・参加希望者は「さむかわ史跡・収穫ウォーク参加希望」、参加者全員の住所、氏名、年齢、代表者の電話番号を寒川町観光協会まで連絡。
問合せ
寒川町観光協会(0467-75-9051)
中旬 くりはま花の街フェア:秋
開催場所
くりはま花の国
アクセス
■電車 ・JRまたは京急線久里浜駅より徒歩15分。 ■車 ・横浜横須賀道路佐原ICから約10分
概要
花市、観光協会ブース、ハーブ講座、アトラクション、中学校のブラスバンド演奏
よさこい踊り、カントリーダンス、和太鼓演奏、縁日コーナーなど
問合せ
久里浜観光協会
TEL:046-834-1111
メール:kua-ci@city.yokosuka.kanagawa.jp
ホームページ
http://www.kurihama.info/index.php

南部市場まつり
開催場所
南部市場
アクセス
■電車 ・シーサイドライン「南部市場」駅下車すぐ
概要
市場のPRを目的として年1回、市場を開放して開催。
青果・魚・花など大バザーと楽しい模擬店がならぶ。
問合せ
南部市場まつり実行委員会
TEL 045-779-2003
ホームページ
http://www.s-nakaorosi.or.jp/

湘南朝市ウィンディの広場
開催場所
平塚競輪場
アクセス
■電車 JR東海道線「平塚」駅から徒歩約20分 ■バス JR東海道線「平塚」駅から「平塚競輪場」行き無料バスで約5分 ■車 東名高速道路「厚木IC」から約30分
概要
■出店
・平塚沖でとれた新鮮な魚や開き干しなど水産物加工品
・JA湘南による旬の野菜や果物の直売
・湘南ひらつか名産品の販売

■イベント
・「お買い物割引券」の先着配布
・平塚魚市場市場直送マグロの解体ショー・セリ売り
・地魚や地場の野菜を使った漁師鍋の無料配布
問合せ
平塚市 みなと水産課 整備水産担当(0463-21-2066)

全日本ライフセービング選手権大会
開催場所
片瀬海岸西浜
アクセス
●小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅から徒歩で2分
概要
ライフセーバーの技術、体力の向上とライフセービングの活動普及を目的に行われる大会で、サーフレース、ボートレース、ビーチフラッグスなど迫力のあるシーンが繰り広げられる。
問合せ
全日本ライフセービング協会事務局
TEL 03-3459-1445
ホームページ
http://www.jla.gr.jp/home.htm

江の島ドラゴンボートレース
開催場所
藤沢市片瀬海岸 境川(片瀬川)河口
アクセス
・小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩2分 ・江ノ島電鉄「江ノ島」駅から徒歩5分 ・湘南モノレール「湘南江の島」駅から徒歩7分
概要
江の島に伝わる「天女と五頭龍伝説」にちなみ龍に模した10人乗りのボートレース。
優勝賞金10万円を目指し白熱した競争が繰り広げれる。
問合せ
藤沢市観光協会
0466-22-4141
ホームページ
http://www.fujisawa-kanko.jp/index.html

川崎みなと祭り
開催場所
川崎マリエン周辺・東公園など
アクセス
■バス ・市バス:JR線「川崎」駅東口12番乗り場より「市バス川05東扇島循環」にて約30分  「川崎マリエン前」下車徒歩すぐ。 ・会場直行無料バス:JR線「川崎」駅東口、地下街アゼリア11番出口・市営バス11番乗り場より。  ※ 9:00?16:00まで約5分間隔で運行 
概要
川崎港内ミニクルーズ、マリンスポーツ体験乗船など、各種イベントを実施。
川崎港の魅力がたっぷり味わえるお祭りです。
問合せ
川崎港振興協会
TEL 044-287-6009
ホームページ
http://kawasaki-portfes.main.jp/index.html

渋谷よさこい
開催場所
高座渋谷駅周辺
アクセス
■電車 ・小田急江ノ島線「高座渋谷」駅からすぐ
概要
高知県を起源として全国に広まり親しまれている「よさこい」祭りを開催することで、
大和市南部のさらなる魅力アップにつなげようと実施されたもの。
駅周辺には、よさこいを演舞するステージとストリートを設置。
他市町村で開催された「よさこい」で受賞経験のあるチームなどが個性的な衣装で、勇壮な踊りを披露したほか、
市内の幼稚園児や中学生のチームも登場。
問合せ
渋谷よさこい実行委員会(大和市役所イベント観光課)
TEL 046-260-5167
ホームページ
http://www.yamato-kankou.com/yosakoi/

城山もみじまつり
開催場所
原宿公園
アクセス
■バス ・JR横浜線・相模線、京王線「橋本」駅から「原宿五丁目」行きバス(橋27系統)、「原宿公園西」下車、徒歩約1分。
概要
城山の原宿公園で行なわれる秋のイベント。
地元の小・中学生による吹奏楽、鼓笛演奏のほか、祭り囃子の披露、ダンス演技などで盛り上がる。
また、地域の物産コーナーや地場野菜の直売も行っている。
問合せ
城山経済観光課 
TEL:042-783-8065
ホームページ
http://www.tsukui.ne.jp/skk/

相模湖ふれあい広場
開催場所
県立相模湖公園
アクセス
■電車 ・JR中央本線相模湖駅から徒歩約10分。
概要
地域のオアシスである相模湖の環境と新たなる面を発見すると同時に、人と人との触れ合いを通して地域の活性化を図るお祭り。
音楽芸能・市民団体のステージ、フリーマーケットによるにぎわいの市、福祉バザーなど地域の人々に密着した催しが行われている他、マイ箸作りやカラオケ大会、少年野球など体験型のイベントも企画実施されている。
問合せ
相模湖ふれあい広場実行委員会事務局(相模湖商工会) 
TEL:042-684-3347
ホームページ
http://www.sagamiko.info/

さがみはら菓子まつり
開催場所
ジャスコ相模原店 
アクセス
■電車 ・JR横浜線「小淵」駅下車、徒歩約10分
概要
相模原市内で製造・販売されている銘菓を集めたイベント。
和・洋・パン菓子や芸術品でもある工芸菓子の展示、即売会や相和会によるねりきりの実演などが行われる。
例年、参加店舗数が70を超えるこのイベント会場には、甘い香りが広がり、多くの人々が訪れている。

問合せ
相模原市観光協会 
TEL:042-769-8236
ホームページ
http://www.e-sagamihara.com/

相模原市農業まつり
開催場所
淵野辺公園中央広場
アクセス
■バス ・JR横浜線「淵野辺駅」から「青葉循環」バス(淵36・37系統)、「淵野辺公園」下車、徒歩約1分。 ・小田急線「相模大野駅」から「相模原駅(大野台経由)」行きバス(相05系統)、「淵野辺公園」下車、徒歩約1分。 ・JR横浜線「相模原駅」から「相模大野駅(大野台経由)」行きバス(相05系統)、「淵野辺公園」下車、徒歩約1分。
概要
相模原産の農畜産物の良さを知ってもらい、都市の農業への理解を深めてもらうためのイベント。
当日は農畜産物、加工品(酒まんじゅう・漬物など)の直販、共進会の開催、地元の産物に慣れ親しんでもらうためのふれあいイベントなどが催される。
問合せ
相模原市農政課 
TEL:042-769-8239
ホームページ
http://www.e-sagamihara.com/

津久井やまびこ祭り
開催場所
中野中学校周辺
アクセス
■バス ・JR横浜線・相模線、京王線「橋本駅」から「三ヶ木」行きバス(橋01系統)、「津久井警察署前」下車、徒歩約3分。
概要
各個店による大バザールでふるさとの味が集結。
フリーマーケットの自由市。
ステージでは各団体による華やかな踊り。
エリア内の店舗による「やまびこうまいもの合戦」。
津久井城下ならではの「戦国コスプレ合戦」。
昔、風雪急を告げた「狼煙」も上げられる。
問合せ
津久井やまびこ祭り実行委員会事務局(津久井商工会内) 
TEL:042-784-1744

ホームページ
http://www.e-sagamihara.com/

ひまわりフェスタ
開催場所
日産自動車座間事業所
アクセス
■バス ・小田急江ノ島線「南林間」駅西口より神奈川中央交通バス「日産」「相武台前駅」「小田急相模原駅」行きにて「ひばりが丘1丁目」または「小松原」下車徒歩約7分 ・相鉄本線「さがみ野」駅北口より相鉄バス「南林間駅」行きにて「ひばりが丘1丁目」または「工機入口」下車徒歩約7分
概要
ひまわり推進協議会を中心に50万本のひまわりが咲き、写真・写生・巨大ひまわりコンテストなどが行われる。
問合せ
広報広聴人権課 広報係
TEL 046-252-8321
ホームページ
http://www.city.zama.kanagawa.jp/
中旬~11月中旬 川崎大師菊花展
開催場所
川崎大師平間寺境内
アクセス
■電車 ・京急「川崎駅」より大師線で「川崎大師駅」下車、徒歩8分。 ■バス ・JR川崎駅東口バス乗り場7番・川崎鶴見臨港バス[川23系統]大師行き。「大師バス停」下車、徒歩8分。 ■車 ※大師河原の自動車交通安全祈祷殿に併設の駐車場へのアクセス ・埼玉・千葉・東京方面から…首都高速・横羽線・川崎線、大師インターから約5分。  インター下りてすぐの「大師河原」交差点を右折。 ・横浜方面から…首都高速・横羽線・川崎線、大師インターから約5分。インター下りてすぐの信号を右折。 ・アクアライン利用の場合…東京湾アクアライン浮島経由、大師インター下りてすぐの信号を右折。
概要
丹精を込めて育て上げた見事な菊の花々が境内を彩る。
問合せ
川崎大師 平間寺
TEL 044-266-3420
ホームページ
http://www.kawasakidaishi.com/

川崎菊花大会
開催場所
稲毛公園
アクセス
■電車 ・JR線「川崎」駅から徒歩約10分 ・京浜急行線「川崎」駅から徒歩約10分
概要
昭和27年(1957)より行われている、川崎市最大の由緒ある菊花展。
年1回「関東川崎菊花会」会員が丹誠を込めて育て上げた作品の品評会が盛大に催され、
晩秋の稲毛公園に彩りを添える。
問合せ
川崎市商業観光課
TEL 044-200-2327
中旬~下旬 秋のハーブフェスティバル
開催場所
松田山ハーブガーデン(西平畑公園内)
アクセス
■電車 ・JR御殿場線「松田」駅から徒歩約20分 ・小田急線「新松田」駅から徒歩約25分 ■車 ・東名「大井松田IC」より車で約5分
概要
風光明媚な松田山の立地を生かしたハーブ園には、181種類以上のハーブが植栽されている。
青紫色の花穂が美しいラベンダー、
甘い香りのカモマイルなどが松田山の南斜面を彩る6月には「春のハーブフェスティバル」が開催され、
パイナップルセージ・メキシカンセージなどが見頃となる10月には「秋のハーブフェスティバル」も開催される。

フェスティバル開催期間中、イベント広場では各種ハーブ苗の販売、
ハーブ館2階の工房では手軽にできるクラフト作りを体験できる。

■■■ 西平畑公園とその付近 ■■■
※ハーブガーデンは西平畑公園の中にある

■ふるさと鉄道
実物の1/6スケール、5両編成の、山岳鉄道「シェイ式蒸気機関車」と小田急「ロマンスカー」があり、
乗車しようと子どもたちに大人気。
桜まつり期間中は無料で大人までたくさん乗り込んでいる。
子供200円、大人300円。土・日・祝日の運行。

■太陽のすべり台
丸太のやぐらから、松田の街並みや小田原の海を見ながら、山の斜面をすべりおりる。
やぐらの上は展望台。

他にも、自然館や、子どもの館等がある。


※開催日は決定になり次第、市町HPに掲載される。
問合せ
■松田山ハーブガーデン
0465-85-1177
ホームページ
http://mherb-garen.com/
中旬の土日 川東ひかり祭り
開催場所
JR「鴨宮」駅北口 地元商店会
アクセス
■電車 JR東海道線「鴨宮」駅北口から徒歩約1分
概要
まつりの「川東」は酒匂川東岸を、「ひかり」はこの地が新幹線の試験運転が行われた、最初に新幹線が走った事に由来している。
商店街の有志で「川東ひかり組」として活動を行ってきた経緯もある。

昼間はステージイベント、夜は迫力のねぷたパレードを行う。
他、郷土芸能、大道芸、防犯教室、園児遊技など。

恒例の「ねぷたパレード」は、
本場青森県弘前ねぷた囃子保存会を招いて行われる本格的なもの。
迫力のねぷたが秋の夜空を幻想的に彩る。
メーン会場(鴨宮駅北口商店会)を出発し、鴨宮駅周辺をパレードする。
問合せ
■川東ひかりまつり実行委員会
0465-48-5529
中旬の土曜 花と野菜のまつり
開催場所
萩園東土地改良区内
アクセス
■バス JR「茅ヶ崎」駅北口から45系統鶴嶺経由「小谷」行きまたは41系統今宿経由「小谷」行きバスで約15分「番場」下車徒歩約2分
概要
■催し
・コスモスの摘み取り(要ハサミ持参)
・季節野菜の収穫体験
・地場野菜の即売会
問合せ
経済部 農業水産課 農業担当 市役所本庁舎6階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-89-2916
中旬の日曜 えびな"彩"festa
開催場所
海老名中央公園、イオン海老名店、海老名市役所
アクセス
■電車 小田急小田原線・相鉄線・JR相模線「海老名」駅から徒歩約1分 ■車 圏央道(さがみ縦貫道路)「海老名IC」から約10分
概要
■えびな"彩"festaとは?
・祭の「サイ」と、街に活気あふれる彩(いろどり)を添えることを願って「さい」と名付けられた。「よさこい踊りが中心」のイベントで、年を重ねるごとに知名度も上がり出演チームのレベルもグングンあがってきている。
「よさこい」だけが主役ではなく、毎年大好評の市内中学校、高等学校の吹奏楽部、和太鼓部が、はちきれんばかりの若さと笑顔でこのイベントを熱く盛り上げる。

※会場は毎年変更になることもあるため要問合せ。
問合せ
えびな"彩"festa voltage10実行委員会(海老名商工会議所)
TEL:046-231-5865
ホームページ
http://www.ecci.or.jp/
中旬・下旬 オータムフェア
開催場所
相模原麻溝公園・相模原北公園
アクセス
■バス 相模原麻溝公園 ・小田急線「相模大野駅」から「女子美術大学」行きバス(大60系統)、終点下車、徒歩約1分。 ・JR横浜線「相模原駅」から「相武台前駅」行きバス(相27系統)、「総合体育館前」下車、徒歩約5分。 ・JR相模線「原当麻駅」から「北里大学」行きバス(当02系統)、「県立相模原公園前」下車、徒歩約10分。 ・JR相模線「原当麻駅」から「相模大野駅」行きバス(大15系統)、「県立相模原公園前」下車、徒歩約10分。 相模原北公園 ・JR横浜線・相模線、京王線「橋本駅」から「相模川自然の村」行きバス(橋30系統・市コミュニティバス)、「北総合体育館」下  車、徒歩約1分。 ・JR横浜線・相模線、京王線「橋本駅」から「上溝」行きバス(橋34系統)、「上中の原団地」下車、徒歩約3分。 ・JR横浜線・相模線、京王線「橋本駅」から「上大島(六地蔵経由)」行きバス(橋36系統)、「上中の原団地」下車、徒歩約3分。 ・JR横浜線・相模線、京王線「橋本駅」から「望地キャンプ場入口」行きバス(橋57系統)、「上中の原団地」下車、徒歩約3分。
概要
相模原麻溝公園と相模原北公園で開催されるイベント。
様々な分野の秋を一度に楽しむことができる。
鼓笛隊の演奏、ダンス、伝統芸能のお囃子、苗木・花鉢・お菓子などの直販売、普段の疑問を聞ける園芸コーナーなど、様々なイベントが開催される。
問合せ
相模原市みどりの協会 
TEL:042-777-2860
初亥の日 初亥祭
開催場所
江島神社
アクセス
■電車 ・新宿駅?片瀬江ノ島駅・・・約63分(小田急 特急ロマンスカー) ・新宿駅?藤沢駅 ・・・約53分(小田急 快速急行) ・東京駅?藤沢駅・・・ 約50分(JR東海道線) ・新宿駅?藤沢駅 ・・・約52分(JR湘南新宿ライン) ・大船駅?湘南江の島駅 ・・・約13分(湘南モノレール) ・藤沢駅?江ノ島駅 ・・・約10分(江ノ電) ・藤沢駅?片瀬江ノ島駅・・・ 約7分(小田急線) ※小田急線片瀬江ノ島駅、または江ノ島電鉄江ノ島駅から  徒歩約15分
概要
春の初巳祭と並ぶ、二大例祭。
1450余年前から連綿と執行しています。特殊神饌「亥の子餅」が祈祷者に振る舞われる。
ホームページ
http://www.enoshimajinja.or.jp/
初旬日曜 寄自然休養村マス釣り大会
開催場所
松田町寄自然休養村釣り場
アクセス
■バス 小田急線「新松田駅」より「寄」行きバスで約20分「田代向」下車 ■車 ・東名「大井松田IC」から約15分
概要
丹沢の自然に抱かれた寄の清流「中津川」では、毎年4月と10月の二回、「清流ヤマメ・マス釣り大会」が行われている。釣り場での大会なので、誰でも気軽に参加できる。
問合せ
寄自然休養村養魚場(0465-89-2321)
自然休養村管理センター(0465-89-2960)
毎年28日 湯立神楽
開催場所
白幡神社
アクセス
■電車 ・「藤沢」駅から小田急江ノ島線で一駅の「藤沢本町」駅下車、徒歩7分。
概要
藤沢市重要無形民俗文化財
白旗神社の神楽は神職舞が特徴。
大釜に水を満たして火を焚き、熱湯をたぎらせ湯立の結晶(湯花)を受けることで災を除き、福を招くと言われている。
問合せ
白幡神社
TEL:0466-22-9210 FAX:0466-22-9541
E-mail:info@shirahata-jinja.jp

ホームページ
http://shirahata-jinja.jp/
第1または第2日曜日 絵筆塚祭
開催場所
荏柄天神社
アクセス
■電車 JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩約20分 ■バス JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から、「大塔宮」行きバスでで約10分「大塔宮」下車徒歩約3分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約10分
概要
「かっぱ筆塚」を建立した漫画家清水崑を偲ぶ祭り。境内には、漫画家などの行灯が飾られる。

問合せ
荏柄天神社(0467-25-1772)
ホームページ
http://www1.kamakuranet.ne.jp/egara/
第1土・日曜日 伊勢原観光道灌まつり
開催場所
小田急線「伊勢原」駅周辺
アクセス
■電車 ・小田急線「伊勢原」駅下車
概要
戦国の武将・太田道灌公にちなんで名付けられたお祭りまつりが開催される。
メーンパレードの太田道灌公鷹狩り行列、北条政子日向薬師参詣行列をはじめ、
ソーレパレードやお囃子などが、伊勢原駅を中心とした歩行者天国内で行われる。
問合せ
■伊勢原観光道灌まつり実行委員会
0463-94-4711
ホームページ
http://www.city.isehara.kanagawa.jp/
第1日曜 人形供養
開催場所
本覚寺
アクセス
■電車 JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩約5分
概要
本堂でお人形の「魂を抜く」法要が執り行われたあと、境内に設けた炉に人形が入れられる。
問合せ
本覚寺(0467-22-0490)
第1日曜日 初山の獅子舞
開催場所
菅生神社
アクセス
■バス 東急田園都市線「宮前平」駅からバス「菅生中学」下車すぐ
概要
「剣獅子」「玉獅子」「巻獅子」と天狗面 を付けた「幣負い」の4人で舞われる1人立3頭形式で、
いわゆる雌獅子隠しのストーリ ーを持った舞。
問合せ
白幡八幡大神
TEL 044-977-5639
第2日曜 川勾神社例大祭
開催場所
川勾神社
アクセス
■バス JR東日本東海道本線「二宮」駅から「国府津駅」行きバスで約10分「押切坂上」下車徒歩約10分 ■車 西湘バイパス「西湘二宮IC」から約15分
概要
毎年、10月第2日曜日の例大祭は、町をあげてのお祭りで、川勾神社の神輿が町内をまわり、夕刻より海岸で浜降り祭を行う。各町内の高張提灯本社御輿が浜に立てられた二本の竹を八の字を描くように三周まわった後、先導御輿が加わり宮入まで勇壮に渡御する。
問合せ
川勾神社(0463-71-0709)
第3日曜 水鳥の祭り(大師河原慶安の酒合戦)
開催場所
若宮八幡宮
アクセス
■電車 ・京浜急行大師線「川崎大師」駅下車徒歩約1分
概要
三日三晩、酒飲みの強さを競ったという実史にのっとった豪快な酒合戦の物語を、
実際にお酒を飲みながら競った様を再現した祭り。
歌舞伎役者顔負けの派手な衣装をまとった参加者や、飛び入りの助っ人達が、
大杯で日本酒をぐいぐいと飲み干すようすは、迫力満点。
お互いに大声での「口上合戦」も見物の一つ。
問合せ
若宮八幡宮
TEL 044-222-3206
ホームページ
http://tomuraya.co.jp/wakamiya.htm
第3火曜日【海の状況で日程変更あり】 さかなの市
開催場所
茅ヶ崎漁港荷さばき所
アクセス
■バス ・JR東海道線「茅ヶ崎」駅南口から「」行きバスで約10分「西浜」下車徒歩約2分 ・JR東海道線「茅ヶ崎」駅南口からコミュニティバスで約11分「サザンビーチ入口」下車徒歩約3分 ■車 東名高速「厚木IC」から約30分
概要
主に相模湾でとれた新鮮な旬の魚を販売。
毎回約30分で売り切れてしまう人気のイベント。

高級魚からおなじみの魚までいろいろ販売し、生しらすが販売されることもある。
販売品目や価格は、季節や当日の天候等により異なる。

9時より売り切れまで。
問合せ
茅ヶ崎市漁業協同組合 電話0467?82?3025
第一日曜日 崇敬社大祭
開催場所
鶴岡八幡宮
アクセス
■電車 JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩15分 ■車 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から約20分
概要
崇敬者大祭は、「槐の会」が目指す健全で明るい社会が築かれるよう、八幡大神様の御神威の益々の発揚を願い、毎年10月初旬に齋行される祭事。
この大祭に併せて、鶴岡八幡宮が継承して来た精神文化を象徴する「流鏑馬」を9月の例大祭に準じて執り行う。この流鏑馬に際しては、会員のみならず一般参拝者にも拝観の機会を提供し、また「槐の会」の国際交流活動の一端として「国際交流席」を設置して、在日各国公館を始めとする在留外国人の皆様にも日本文化をよりよく知って戴く機会としている。
問合せ
鶴岡八幡宮(0467-22-0315)
ホームページ
http://www.hachimangu.or.jp/

ホテル空室検索へ

Facebookへ

ページの上部へ