かながわNOW トップページ > 観る > バリアフリー施設 > 横浜・川崎エリア > 横浜市 > 横浜市開港記念会館

横浜市開港記念会館   website

[博物館・資料館]

横浜市開港記念会館は、横浜開港50周年を記念し、市民の寄付金により1917年に「開港記念横浜会館」として建設されて以来、横浜の代表的建造物の1つとして多くの市民に親しまれてきました。

 1959年からは「横浜市開港記念会館」の名称で、公会堂として利用され、また1989年に重要文化財として国の指定を受けています。

 講堂及び各会議室以外の通路・ロビー・資料コーナー等の共通部分については、誰でも見物できる施設となっています。館内には、宇野澤組ステンドグラス製作所の作によるステンドグラスがあり、大正12(1923)年、関東大震災により焼失しましたが、1927年、当初のものを尊重して復旧されました。これらの作品は、日本のステンドグラスの歴史上、非常に価値の高い作品として貴重なものです。

 また横浜市開港記念会館のシンボルである、高さ約36mの時計塔は、「ジャック」の愛称で呼ばれ、神奈川県庁本庁舎の「キング」、横浜税関の「クイーン」と並び、「横浜三塔」として親しまれています。

施設情報

営業時間/営業期間
9:00~22:00(見学は10:00~16:00)
定休日:毎月第4月曜日(祝日・休日のときは翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)
料金等
見学無料、貸出部屋の料金はWebサイトなどでご確認ください。

所在地

神奈川県横浜市中区本町1-6

バリアフリー情報

車椅子使用者用トイレ 貸車椅子サービス 車いす使用者用エレベーター オストメイト専用トイレ 温水洗浄機能付き便座

アイコンの説明

◆野外通路
段差(2cm以上) あり
車椅子走行 可能
通路 舗装済

◆施設内
出入口段差(2cm以上) あり
出入口手すり あり
出入口スロープ なし
通路段差(2cm以上) 一部あり
通路スロープ なし
車椅子走行 可能
階段手すり あり
点字ブロック なし
車椅子で利用できるエレベーター あり

◆トイレ
トイレ あり
トイレのタイプ 洋式と和式
多目的トイレ あり
多目的トイレまたは車椅子用トイレの入口幅 80~90cm
多目的トイレまたは車椅子用トイレの洗面台の高さ 76~79cm
多目的トイレまたは車椅子用トイレの便座の高さ 38cm以上
緊急呼び出し用ボタン 一部のみ設置済

◆サービス
有人の受付 あり
車椅子の貸出 あり(1台)

アクセス

駐車場
無し 

お問い合わせ

045-201-0708

前のページに戻る

ホテル空室検索へ

Facebookへ

ページの上部へ