観光なんでも情報

原鉄道模型博物館×横浜ウォーカー×崎陽軒 掛け紙おえかき弁当

原鉄道模型博物館×横浜ウォーカー×崎陽軒 掛け紙おえかき弁当

内容

株式会社 崎陽軒(本社:横浜市西区)、原鉄道模型博物館(所在地:横浜市西区)、株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区)は、2018年6月23日(土)から7月8日(日)までの期間限定にて、「原鉄道模型博物館×横浜ウォーカー×崎陽軒 掛け紙おえかき弁当」(税込950円)を販売します。

これは、同期間中、原鉄道模型博物館の入る横浜三井ビルディングの1階で開催される「原鉄道模型博物館×横浜ウォーカー×崎陽軒 神奈川の駅弁 掛け紙展」(入場無料)にあわせ、創業110周年・シウマイ誕生90周年を迎える崎陽軒と、原鉄道模型博物館が「横浜ウォーカー2018 初夏号」(2018年5月19日発売)、「崎陽軒Walker」(2018年3月30日発売)誌面上のコラボレーション企画として発売する商品です。

駅弁のパッケージである「掛け紙」のデザインにぬりえ・おえかきをしてオリジナルの掛け紙をつくることができるお弁当の中には、炒飯や鶏唐揚げなど子供から大人まで楽しめる人気のメニューを詰め合わせました。さらに期間中このお弁当の掛け紙をもとにおえかきでつくった掛け紙を、横浜ウォーカーの公式Twitterをフォローの上、投稿いただくか、原鉄道模型博物館にお持ちいただくことで参加できる「掛け紙おえかきコンテスト」も実施します。

日本独自の文化である「駅弁」およびその「掛け紙」をより身近に感じていただきながら、あなただけのオリジナルの掛け紙をつくってみてはいかがでしょうか。

価格:税込950円
販売期間:2018年6月23日(土)より7月8日(日)予定 (各日なくなり次第終了)
販売数量:期間合計1,500食 予定
取扱店舗:横浜駅周辺崎陽軒直営15店舗および※横浜三井ビルディング1階催事店舗 予定
※6月23日(土)、28日(木)、30日(土)、7月5日(木)限定
「原鉄道模型博物館×横浜ウォーカー×崎陽軒 神奈川の駅弁 掛け紙展」内催事店舗出店予定

内容
・炒飯(トッピング:海老、グリンピース)
昔ながらのヤキメシの面影が残る懐かしい風味と、パラッとした食感が人気の炒飯。
・シウマイまん2個
シウマイのあんを中華まんの生地で包み込んだ、一口サイズのおまんじゅう。
天面には汽車とひょうちゃんの焼き印が押されます。
・昔ながらのシウマイ2個
誕生90周年を迎えた横浜名物シウマイ。
・その他:鶏唐揚げ2個、ナポリタン、筍煮、フルーツミックス


■「原鉄道模型博物館×横浜ウォーカー×崎陽軒
神奈川県内で販売された駅弁の掛け紙を、横浜三井ビルディング1階に展示します。
明治、大正、昭和時代の歴史ある掛け紙デザインをご覧いただけるほか、原鉄道模型博物館内(入館料必要)では貴重な掛け紙現物も展示予定です。

開催期間:2018年6月23日(土)~7月8日(日)
開放時間:6:00~24:00
開催場所:横浜三井ビルディング1階
入場料 :無料

■原鉄道模型博物館について
所在地:横浜市西区高島1-1-2
    横浜三井ビルディング2階
開館時間:10:00~17:00(最終入場16:30)
定休日:火曜日(祝日の場合は翌営業日)
入館料:大人/\1,000 中学・高校生/\700
    小人(4歳以上)/\500(税込)
TEL:045-640-6699

※現在「ノルウェーの鉄道映像展」も同時開催中(~7月9日)。
博物館創設者・原信太郎がノルウェー訪問の度に記録した貴重な映像や写真を初公開中!

■「掛け紙おえかきコンテスト」実施
期間中、オリジナルの掛け紙の写真をTwitterにて「#掛け紙おえかき」で投稿いただくか、原本を原鉄道模型博物館(エントランススタッフにお渡し下さい)にお持ちいただき、応募いただくと「掛け紙おえかきコンテスト」に参加できます。各賞の受賞作品は「横浜ウォーカー2018 秋号」(2018年9月20日前後発売予定)の誌面、原鉄道模型博物館ホームページ、崎陽軒WEB特設ページで発表させていただくほか、素敵な賞品もご用意しています。

開催日

2018年6月23日(土)~2018年7月8日(日)

場所

横浜駅周辺崎陽軒直営15店舗および※横浜三井ビルディング1階催事店舗 予定

URL

URL:http://www.kiyoken.com
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。