【平塚美術館:特集展】所蔵品展「鳥海青児とその時代 半世紀ぶりの公開《瀬戸の山》」 (平塚市)

【平塚美術館:特集展】所蔵品展「鳥海青児とその時代 半世紀ぶりの公開《瀬戸の山》」

イベント内容

写真:上部 鳥海青児《沖縄風景》1940(2)
   下部 鳥海青児《瀬戸の山》1941(1)

鳥海青児(ちょうかいせいじ)は平塚を代表する油彩画家です。開館以来、鳥海の顕彰に努めてきた平塚市美術館ではタブローやデッサン等を合わせると160点を超える作品を有し、その画業を間断なく追うことができます。今般、戦前の作である《瀬戸の山 1941年》が新たに収蔵され、1971年に開催された鳥海生前の最後の自選展以来、48年ぶりとなる作品の公開を記念して鳥海青児の画業を振り返りつつ、交友のあった画家たちの作品を紹介します。

開催日

2019年6月29日(土)~2019年9月23日(月)
9時30分から17時まで(最終入場は16時30分まで)
※8月3日(土)~8月18日(日)は開館時間を18時まで延長
 (入場は17時30分まで)

場所

平塚市美術館

交通アクセス

・JR東海道線平塚駅(東口改札)北口、または西口から徒歩約20分

お問い合わせ

平塚市美術館

電話番号

0463-35-2111

URL

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

【平塚美術館:特集展】所蔵品展「鳥海青児とその時代 半世紀ぶりの公開《瀬戸の山》」

平塚市のおトク情報

>>平塚市で楽しめるグルメの情報はこちら