みさき食の神フェスティバル (三浦市)

みさき食の神フェスティバル

イベント内容

磐鹿六雁命(食の神)は、人皇12代影行天皇が日本武尊東征の後を三浦半島から安房・上総へ巡行されたとき、天皇の料理賄方を司った神として食に関わる人々から根強い信仰を集めています。

海山の物産に恵まれたこの三浦では、この食の神様を千葉県千倉町の高家神社から分社、お迎えし、自然の恵みに感謝を捧げ、食文化の向上を願い、食の神フェスティバルを行っております。

13時 包丁塚移設記念式典
包丁供養祭(相州海南高家神社社殿前)

14時 四条古流家元・倉橋柏山氏の「包丁式」

14時30分 面神楽(海南神社神楽師会)

14時45分 中国雑技

15時15分 キャベツの無料配布

地元菓子組合による和菓子販売
茶道協会によるお茶の振舞い

開催日

2018年4月22日(日)
午後1時~午後3時30分

場所

海南神社

交通アクセス

1.京浜急行線「三崎口駅」下車 2.三崎口駅バス2番乗り場、京急バス「三崎港行」「城ヶ島行」「通り矢行」乗車、「三崎港バス停」下車、徒歩5分

お問い合わせ

一般社団法人三浦市観光協会

電話番号

046-888-0588

URL

http://miura-info.ne.jp/untitled_000.htmlmisaki.html
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

みさき食の神フェスティバル

三浦市のおトク情報

>>三浦市で楽しめるグルメの情報はこちら